このページの本文へ移動

PCサーバ解説

PCサーバ PRIMERGYのシステム構築や管理に係わっている方を対象に、PCサーバ PRIMERGYの概要を理解いただくことを目的として解説しています。
PCサーバ PRIMERGYのモデル固有の条件や細部説明を大幅に割愛しており、特定モデルには該当しない内容もありますので、詳細は対象サーバの仕様を確認してください。

目次

構成ユニット

  • プロセッサ (CPU)
    64ビット、デュアル・クアッド性能、選択指針
  • メモリ
    • DDR2
      FSBアーキテクチャーのプロセッサに使用されるメモリ プロセッサのFSBにチップセットが接続され、そのチップセットにメモリが接続されたアーキテクチャー形態で、DDR2メモリが使われます。
    • DDR3
      Intel製プロセッサでNehalemマイクロアーキテクチャ以降のQuickPath インターコネクト アーキテクチャーで使われるメモリ
      PRIMERGYでは、2009年4月以降の製品で、RX200 S5などのS5シリーズからのサーバが対象となります。プロセッサにメモリコントローラが内蔵され、プロセッサに直接メモリが接続されたアーキテクチャー形態で、DDR3メモリが使われます。
    • DDR4
      DDR3 SDRAMの後継
      PRIMERGYでは、2014年9月発表製品、RX2540 M1から採用を開始しました。
  • ストレージドライブ
    HDD / SSD の仕様・選択
  • ストレージ構築ガイド
    アレイコントローラ機能、設定、留意事項

  • 拡張バス
    PCI/PCI-X/PCI Express規格、スロット コネクタ、カードサイズ
  • ネットワーク (LAN)
    性能、冗長化(二重化)、セキュリティ

システム構築

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)