このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. PRIMERGY >
  6. 技術情報 >
  7. EM64T対応サーバと32ビット / 64ビットOSの動作概要

EM64T対応サーバと32ビット / 64ビットOSの動作概要

EM64T対応のプロセッサを採用したサーバ(以下、EM64Tサーバ)と32ビット / 64ビットOSの関係を説明します。

  • EM64T対応サーバは既存の32ビットOSと新しい64ビットOSどちらでも動作可能です。
    (1) 既存32ビットOSで既存32ビットのアプリケーションが動作します。
    (2) 64ビットOSで32ビット / 64ビットのアプリケーションが同時に動作します。
    (3) 64ビットのOSで64ビットのアプリケーションが動作します。
EM64T対応製品のサポートOS概要
  • EM64T対応サーバをサポートする新しい64ビットOS
    1. Windows Server® 2003 x64 Editions
    2. Red Hat Enterprise Linux (v.4 for EM64T)を予定
  • 64ビットOSを動作させるには、OSに対応した64ビットのドライバが必要となります。
  • 64ビットOSで32ビットのアプリケーションは動作しますが検証が必要です。