このページの本文へ移動

FUJITSU Server PRIMERGY
国内向け製品による英語OSのサポート

英語OSで検証されたアプリケーションを、FUJITSU Server PRIMERGYの国内向け製品で運用することを目的に、PRIMERGYの国内向け製品による、国内での英語OS利用をサポートします。

対象モデル

  • サーバ本体
    2011年6月発表以降のPRIMERGY製品(PY型名機種)全モデル
  • 対象オプション・周辺機器、管理ツール
    サーバ本体のシステム構成図に準じます。

対象OS

Windows Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2
Linux Red Hat Enterprise Linux 5 / 6

英語OS利用の概要

  • カスタムメイドのWindows OSオプション(PYB型名)製品(OEM製品と呼びます)の基本部は、言語共通となっており言語(日本語 / 英語)を選択することで利用できます。Linuxは従来製品より言語共通であり、言語選択により利用できます。
  • PRIMERGYにおいて、英語OS運用のために、提供する製品はありません。OSオプション、SVS-DVDのソフトウェア、ドライバなどは、日本語と共通製品です。したがって、ダウンロードによるデータ提供も共通となります。
  • 運用・保守サービス「SupportDesk」も日本語と同型名のOSとハードウェアの両契約が必要です。また、問合せ、障害コールなどやWEB情報などはすべて日本語対応とさせていただきます。

マニュアル

インストール方法や言語切替、および留意事項などを記載しています。

PDF PCサーバ PRIMERGY 国内向け製品での英語OSご利用の手引き(1.11MB)[2015年6月10日]

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)