このページの本文へ移動

Linux サポート版数一覧表

FUJITSU Server PRIMERGYでLinuxをご使用になる際に必要となる、機種毎の対応カーネル版数一覧表です。

PRIMERGYにLinuxOSをインストールする場合、またはカーネル版数を上げたい場合は本表を参照いただき、対応する版数のカーネルをご使用いただきますようお願いいたします。注釈
カーネルをアップデートする場合には、ドライバ類の置換が必要な場合もあります。

注釈 対応カーネル以外を使用しトラブルが発生した場合、Q&Aやトラブル対応等のサポートをお受けできない場合がありますのでご注意ください。

トピックス [2016年8月9日更新]

SUSE Linux Enterprise Server サポート開始

国内での需要の高まりを受けて、PCサーバPRIMERGYにおいて、「SLES」のサポートを開始いたします。

サポート版数一覧表の記載内容について

  • サポート版数一覧表に記載されているカーネル版数は、整合性検証済みです。
  • 同一モデルでも発表時期が異なると対応カーネル版数が異なる場合があります。
    発表時期と型名の対応は、「製品情報ナビ」で確認ください。
  • Red Hat Enteprise Linux 4.5、5.0以降、Update の表記がMinor Releaseの表記に変更されました。
    例) Red Hat Enterprise Linux 4.x : RHEL4.x (xはMinor Release)
  • Red Hat Enterprise Linux AS/ES (v.2.1 for x86)(「企業向け最新機能」含む)の部材入手には、SupportDesk契約が必要です。
サポート版数一覧表の標記
標記 説明
対応 サポートする(使用できる)カーネル版数
未サポート サポートしない(使用できない)カーネル版数
検証なし ハード保守期間終了に伴い、対象PRIMERGYとの検証が実施されないカーネル版数
二重丸 Linuxインストール代行サービスバンドルタイプのカーネル版数
(Errata kernel) Update または Minor Release の後にでた修正カーネル
(GA *) Update 1までにでた修正カーネル(Errata kernel)
(Update *) 該当Updateから次のUpdateまでにでた修正カーネル(Errata kernel)
(RHEL x.x *) 該当Minor Releaseから次のMinor Releaseまでにでた修正カーネル(Errata kernel)
(SP *) 該当SPから次のSPまでにでた修正カーネル(Errata kernel)
(注 ばつ 使用できない機能などの注意事項

対象機種

該当する機種名をクリックするとPDFにて表示されます。

Red Hat Enterprise Linux

索引 PRIMERGYモデル一覧
B

B125 / B225 / BX2560 M1 / BX2560 M2 / BX2580 M1 / BX2580 M2 / BX300 / BX600 / BX620 S2 / BX620 S3 / BX620 S4 / BX620 S5 / BX620 S6 / BX660 / BX920 S1 / BX920 S2 / BX920 S3 / BX920 S4 / BX922 S2 / BX924 S2 / BX924 S3 / BX924 S4 / BX960 S1

C

C150 / C150E / C200 / CX122 S1 / CX1640 M1 / CX250 S1 / CX250 S2 / CX2550 M1 / CX2550 M2 / CX2570 M1 / CX2570 M2 / CX270 S1 / CX270 S2

E

ECONEL 30 / ECONEL 40 / ECONEL 100 / ECONEL 100 S2 / ES200 / ES210 / ES280 / ES320

F

F200 / F250

H

H200 / H250 / H450

L

L100 / L100E / L200 / L250

M

MS380 / MS610

N

N400 / N4000 / N800

P

P200 / P250

R

R450 / RX100 / RX100 S2 / RX100 S3 / RX100W S3 / RX100 S4 / RX100 S5 / RX100 S6 / RX100 S7 / RX100 S8 / RX1330 M1 / RX1330 M2 / RX1330 M3 / RX200 / RX200 S2 / RX200 S3 / RX200 S4 / RX200 S5 / RX200 S6 / RX200 S7 / RX200 S8 / RX2520 M1 / RX2530 M1 / RX2530 M2 / RX2530 M4 / RX2540 M1 / RX2540 M2 / RX2540 M4 / RX2560 M1 / RX2560 M2 / RX300 / RX300 S2 / RX300 S3 / RX300 S4 / RX300 S5 / RX300 S6 / RX300 S7 / RX300 S8 / RX350 S7 / RX350 S8 / RX4770 M1 / RX4770 M2 / RX4770 M3 / RX4770 M4 / RX500 S7 / RX600 S2 / RX600 S3(SCSI) / RX600 S3(SAS) / RX600 S4 / RX600 S5 / RX600 S6 / RX800 / RXI300 / RXI600

T

T850 / TS120 / TS125 / TS220 / TS225 / TX100 S1 / TX100 S2 / TX100 S3 / TX120 / TX120W / TX120 S2 / TX120 S3 / TX1310 M1 / TX1310 M3 / TX1320 M1 / TX1320 M2 / TX1320 M3 / TX1330 M1 / TX1330 M2 / TX1330 M3 / TX140 S1 / TX140 S2 / TX150 / TX150 S2 / TX150 S4 / TX150W S4 / TX150 S5 / TX150W S5 / TX150 S6 / TX150 S7 / TX150 S8 / TX200 / TX200 S2 / TX200W S2 / TX200 S3 / TX200 S5 / TX200 S6 / TX200 S7 / TX2540 M1 / TX2560 M1 / TX2560 M2 / TX300 S4 / TX300 S5 / TX300 S6 / TX300 S7 / TX300 S8 / TX600

SUSE Linux Enterprise Server

索引 PRIMERGYモデル一覧
B

BX2560 M1 / BX2560 M2 / BX2580 M1 / BX2580 M2

C

CX1640 M1 / CX2550 M2 / CX2570 M2

R

RX1330 M2 / RX1330 M3 / RX2520 M1 / RX2530 M2 / RX2530 M4 / RX2540 M2 / RX2540 M4 / RX2560 M2 / RX4770 M3 / RX4770 M4

T

TX1310 M1 / TX1310 M3 / TX1320 M2 / TX1320 M3 / TX1330 M2 / TX1330 M3 / TX2540 M1 / TX2560 M2

ご注意ください

Red Hat Enterprise Linux 5向けのアップデートキットについて

Red Hat Enterprise Linux 5.5より、SupportDesk未契約のお客様向けのアップデートキットは廃止となりました。今後、該当Minor Releaseにアップデートするためのツールをご利用いただくには、SupportDeskのご契約が必要になります。
ただし、アップデートキットに含まれていたドライバキットは、今後もPRIMERGYダウンロード検索より入手できます。

なお、Red Hat Enterprise Linux 4 および 5.4以前に対してはアップデートキットが継続提供されます。

ServerView Operations Managerをご利用の場合(ServerViewから名称変更)

(2009年3月までに発表されたモデルは、ServerViewが添付されます。)

カーネル版数アップの際にServerView Operations Managerが目的のカーネル版数に対応しているかご確認ください。

  • PRIMERGYに添付されている「ServerView Linuxエージェント ユーザーズガイド」にカーネルアップデートの際の手順が掲載されています。ご確認ください。お手元に無い場合は、マニュアルのページに各機種ごとのマニュアルが公開されています。
  • ServerView Operations Managerについては、ダウンロード検索より入手してください。
ダウンロード検索

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)