このページの本文へ移動

セットアップ支援ツール
ServerView Installation Manager

簡単・短時間でのセットアップ作業

セットアップを簡単・確実に実施

ServerView Installation Manager画面 ServerView Installation Manager(以降 SVIMと表記します)は、PRIMERGYの初期導入や再構築時に、OSインストールを含んだセットアップ作業を簡単・容易にするソフトウェアです。SVIMはスタートアップディスクやServerView Suiteに収録されます。
SVIMを利用することで、HDDのRAID構築やドライバの選択などの手順が改善され、専門的な知識を持たない人でも短時間で簡単・確実にセットアップが実施できます。
SVIMを利用したセットアップは、運用開始時の早期安定稼働を実現します。

PDF ServerView Installation Manager ご紹介 (2.09MB) [2015年3月10日]

SVIMの特長

簡単・短時間でのセットアップ作業

OSインストールに必要なパラメータの入力とOSやアプリケーションCD/DVDの交換操作だけでセットアップが実現できます。
セットアップ作業の流れと操作内容を下図に記します。最小限の入力と操作の改善でセットアップ時間を大幅に短縮できます。

ServerView Installation Managerインストールの流れ

運用後のトラブルを減少させるSVIMの機能

  • HDDのRAID構築を自動化
    一般的なHDDのRAID構築は、OSをインストールするサーバ電源投入時に、RAID構築ツール(webBIOS)を起動して設定します。
    SVIMを利用するとRAIDの種類、HDDの組み合わせ、スペアなどの簡単な入力で、RAID構築ツールの操作方法を知らなくても、簡単にRAID構築が出来ます。また区画/パーティションの容量も設定できます。
  • 最適ドライバをインストール
    同じハードウェアにも係わらず、汎用ドライバやモデル固有のドライバなどが存在します。SVIMはモデルに最適のドライバを選択しインストールしますので稼働後にトラブルを発生させません。
  • 運用に有効な添付ソフトウェアをガイド
    インストールが必須のハードウェア監視ツール(ServerView)やRAID管理・監視ツール(ServerView RAID)などの高信頼ツールのインストールを支援します。ソフトウェア群から選ぶと、自動的にCD/DVDからインストールします。
  • ホットフィックスの適用
    OSの“緊急”レベルのホットフィックスを適用します。これにより既知の障害発生を防止し安定稼働を図ります。

動作モード

SVIMには、クイックモード, ガイドモードの2つのモードがあります。 目的に応じて、モードを選択します。また、リモートインストールを行うこともできます。

モード 機能概要 目的
クイックモード
二重丸 推奨
必要最小限の設定を行うだけで、富士通推奨の状態でOSをインストールできます。 設定する項目が少ないため、素早く簡単にOSをセットアップする場合に使用します。
ガイドモード ディスクの構成やインストールOSの設定、インストールする高信頼ツールの選択ができます。 詳細な設定が行えます。
パーティションを複数作成する場合、RAIDやOSの設定を詳細に行いたい場合に使用します。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)