このページの本文へ移動

System Center Virtual Machine Manager 2008 R2ご紹介

System Center Virtual Machine Manager 2008 R2

System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 (以降、SCVMM 2008 R2)は、サーバ仮想化環境における運用管理基盤を提供するソフトウェアです。
Hyper-V機能をご利用する場合は、SCVMM 2008 R2を利用し仮想システムの管理・監視をすることをお勧めします。


System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 の特徴・機能

1. 仮想システムの一元管理・監視

  • 複数の仮想サーバを扱えます。
  • ホストマシンや仮想マシンの状態が判ります。
    死活監視、CPU使用率 など

2. 簡単操作

  • コンソールによるウィザード形式の操作

3. 容易な導入・展開・運用

  • 物理サーバから仮想マシンへの移動 (P2V:Physical to Virtual )
  • VMwareの仮想マシンからHyper-Vの仮想マシンへの移動 (V2V:Virtual to Virtual)
  • テンプレートによる仮想マシンの作成

System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 の構成

PRIMERGYのWindows Server 2008 R2タイプをHyper-Vでのご利用を目的としてご購入される際、基本Windows OS変換機構によりSCVMM 2008 R2 を同時にご購入することができます。Hyper-Vを利用する仮想サーバ毎に当ソフトウェアが必要となります。

構成コンポーネント

  1. VMM サーバ
    仮想システムの一元管理・監視・操作をするサーバで物理サーバにインストールすることが望ましいです。
  2. VMM 管理者コンソール
    監視した結果の表示ビユーと操作画面です。ホストサーバのリソース空き状況を確認して余裕のある、ホストサーバに仮想マシンを展開するなどの操作ができます。
  3. VMM セルフサービスポータル
    仮想化環境を運用管理するためのWebサイトで、システム管理者以外のユーザが仮想マシンの作成や操作を行うことができます。
  4. VMM エージェント
    ホストサーバとVMMサーバとの通信で使用されます。

管理対象の仮想化環境

Windows Server 2008 Hyper-V、Windows Server 2008 R2 Hyper-V(注意事項)、Virtual Server 2005 R2 SP1、およびVMware Infrastructure3のVMware ESX/ESXiの仮想化環境を対象としています。

注意事項 SCVMM 2008 R2 を用いて、Windows Server 2008 R2 SP1 Hyper-Vを管理することはサポートされておりません。SCVMM で Windows Server2008 R2 SP1 Hyper-Vを管理する場合は、SCVMM 2008 R2 SP1 が必要です。

構成例

SCVMM 2008 R2 による、仮想管理構成例は下記になります。



図1 : System Center Virtual Machine Manager 2008 R2を含めたサーバ仮想化環境の構成

注釈1テンプレートとは
仮想マシンを作成するのに必要な情報や構成ファイルをテンプレートと呼びます。テンプレートには、仮想マシンのハードウェア設定や、ゲストOSイメージを入れ込んだ仮想ハードディスクファイル、展開先のホストの条件などが含まれています。

技術情報

PDF知ってみよう!System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 SP1 (3.88MB)
PDFSCVMM 2008 R2 / R2 SP1 留意事項一覧 (2.05MB)

PCサーバ PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)