このページの本文へ移動

パッケージや製品形態、ライセンスなどに関する質問の回答

~Windows Server 2003 / 2008 / 2008 R2のよくあるご質問(FAQ)~

パッケージ・製品形態

Q Windows Server 2008 / 2008 R2のStandard、Enterprise、Detacenterの違いを教えてください。 Win2008
Win2008 R2

A

Standardは小~中規模システム向け、Enterpriseはすべてのビジネスシステム向け、Datacenterは大規模企業向けの製品です。
各製品に関する概要はマイクロソフトのサイトを参照してください。

参考: マイクロソフトサイト「Windows Server 2008 R2 のエディション
参考: マイクロソフトサイト「Windows Server 2008 R2 エディションの違い
Q Windows Server 2003とWindows Server 2008の違い(新機能)を教えてください。 Win2003
Win2008

A

Windows Server 2008は、仮想化プラットフォームを提供するHyper-Vテクノロジや、サーバ管理工数を軽減するServer Manager、Server Core、Windows Power Shellなどの新機能を搭載しています。そしてPC検疫テクノロジを提供するネットワークアクセス保護機能(Network Access Protection、通称NAP)やActive Directoryなど既存機能においても機能が強化されています。
概要についてはマイクロソフト社ページとWindows Server 2008の移行・導入・運用の豆情報を参照してください。

参考: マイクロソフトサイト「Windows Server の新機能
参考: Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2008 R2 SP1 Beta版 移行・導入・運用の豆情報
Q Windows Server 2008とWindows Server 2008 R2の違い(新機能)を教えてください。 Win2008
Win2008 R2

A

Windows Server 2008 R2では、仮想化テクノロジーの強化(Hyper-V、VDI)やWindows 7との連携機能(DirectAccess)など、多くの機能追加・拡張が行われています。詳細は以下のサイトを参照してください。なお、Windows Server 2008 R2では64-bitのみの提供となります。
概要についてはマイクロソフト社ページとWindows Server 2008 R2の移行・導入・運用の豆情報を参照してください。

参考: マイクロソフトサイト「Windows Server の新機能
参考: Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2008 R2 SP1 Beta版 移行・導入・運用の豆情報
Q Windows Server 2008 / 2008 R2のメディアの種類を教えてください。 Win2008
Win2008 R2

A

Windows Server 2008には32-bit、64-bitのDVDがそれぞれ同梱されています。インストール時にどちらかを選択し、インストールできます。
Windows Server 2008 R2には32-bitが存在しないため、64-bitのDVDのみ提供されます。

Q Windows Server 2008 / 2008 R2のHyper-V機能はどのような形態で提供されますか? Win2008
Win2008 R2

A

Windows Server 2008にはベータ版のHyper-Vが実装されています。正式版のHyper-VはマイクロソフトのWebサイトよりダウンロードできます。
Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2008 R2では、正式版のHyper-Vが製品に含まれているため、ダウンロードする必要はありません。
PRIMERGYにおけるHyper-Vの対応状況はサーバ本体動作確認状況を参照してください。

参考: PRIMERGY サーバ本体動作確認状況(Windows Server 2008 Hyper-V機能)
参考: PRIMERGY サーバ本体動作確認状況(Windows Server 2008 SP2)
参考: PRIMERGY サーバ本体動作確認状況(Windows Server 2008 R2 & Hyper-V 2.0)
参考: PRIMERGY サーバ本体動作確認状況(Windows Server 2008 R2 SP1 & Hyper-V 2.0)

PRIMEQUEST 2000シリーズはWindows Server 2008 R2のHyper-V機能をサポートしています。
また、PRIMEQUEST 1000シリーズはWindows Server 2008 / 2008 R2のHyper-V機能をサポートしています。留意事項は以下を確認してください。
なお、PRIMEQUEST 500Aシリーズ以前はHyper-V機能をサポートしていません。

参考: PRIMEQUEST 2000シリーズ Windows Server サポート情報
参考: PRIMEQUEST 1000シリーズ Windows Server サポート情報
Q Windows Server 2008 / 2008 R2の各エディション毎に定義されている最大CPU数はコア数ですか?それともソケット数ですか? Win2008
Win2008 R2

A

ソケット数です。

参考: マイクロソフトサイト「Windows Server 2008 システム要件
参考: マイクロソフトサイト「Windows Server 2008 Service Pack 2 のインストール
Q ボリュームライセンスを使ってWindows Server 2003 / 2008 / 2008 R2のイメージの大量展開を行いました。展開後にプロダクトキーを設定する方法を教えてください。 Win2003
Win2008
Win2008 R2

A

Windows Server 2003の場合、大量展開イメージにボリュームライセンス プロダクトキーが 登録されていれば、展開後にプロダクトキーを入力する必要がありません。展開後のライセンス認証は不要です。 Windows Server 2008 / 2008 R2の場合は以下のとおりです。

【KMSの場合】
大量展開イメージにKMS クライアント セットアップ キーが登録されていれば、展開後にプロダクト キーを入力する必要はありません。
KMS クライアント セットアップ キーは、ボリューム アクティベーションを利用するボリューム ライセンス製品に、あらかじめインストールされています。

【MAKの場合】
大量展開イメージにボリュームライセンス プロダクトキーが登録されていれば、展開後にプロダクトキーを入力する必要はありません。
ボリュームライセンス プロダクトキーは、ボリュームライセンスサービスセンターまたはマイクロソフト ライセンス認証専用窓口で確認できます。

なお、KMSとMAK のどちらも展開後にライセンス認証が必要です。
それぞれのライセンス認証の詳細は以下のマイクロソフト社のサイトを参照してください。

参考: マイクロソフトサイト「製品のライセンス認証およびキーに関する情報
Q OEMから提供されたWindows Server 2008 / 2008 R2をKMSホストとして使用できますか? Win2008
Win2008 R2

A

使用できません。
KMSホストとして使用できるのは、ボリュームライセンスメディアでインストールしたWindows Server 2008 / 2008 R2です。

ライセンス

Q 富士通で取り扱っているWindows Server 2008 / 2008 R2 CALの製品を教えてください。 Win2008
Win2008 R2

A

富士通ではサーバと同時に手配するOSオプション(Windows Server 2008 / 2008 R2)にCALが添付されています。OSオプションの詳細はシステム構成図を参照ください。

なお、CAL単体では取り扱っていません。CAL単体での購入を検討されている方は、Windows Server 2012のCAL製品を購入ください。Windows Server 2012 CALでWindows Server 2008 / 2008 R2ヘアクセスできます。

Q ServerCoreやRODCなど、Windows Server 2008 / 2008 R2の一部機能のみ利用する場合、ライセンス料は安くなりますか? Win2008
Win2008 R2

A

ライセンス料は安くなりません。また、一部機能のみ利用できる安価ライセンスもありません。これらの機能はインストール時、またはインストール後に選択するオプションであり、製品としては同じものです。

Q Windows Deployment Services(WDS)でOSイメージを展開する場合に特別なCALは必要ですか? Win2003
Win2008
Win2008 R2

A

特別なライセンスは必要ありません。イメージ展開するクライアントマシンからWDSへアクセスするためのCALと、展開対象マシン分のOSライセンスを購入してください。

Q Windows Rights Management Server(RMS)が標準機能になりましたが、CALは必要ありませんか? Win2008
Win2008 R2

A

必要です。Windows Server 2008 / 2008 R2ではRMSの機能が標準で入りますが、利用する際は別途Windows Server 2008 CALとWindows Rights Management Services 2008 CALの購入が必要です。

Q 仮想化環境のサーバを利用するにあたって、どのようにCALを購入すればよいですか? Win2008
Win2008 R2

A

Windows Server 2008 / 2008 R2において、仮想OS環境の管理だけを行う管理OS(Hyper-V Server含む)へアクセスする場合、CALは不要です。しかし、仮想環境のゲストOSにアクセスするためには、ゲストOS用のCALが必要です。ゲストOSにアクセスするのに必要なCAL数を購入してください。

Q 仮想化環境のサーバライセンスはどのように購入すればよいですか? Win2008
Win2008 R2

A

Windows Server 2008 / 2008 R2にはインスタンスと呼ばれる、OSをインストールし実行できる権利(物理OS用 / ゲストOS用両方)が含まれています。
仮想環境にて仮想インスタンスを実行する場合、実行可能な数以内であればサーバライセンスを購入する必要はありません。実行可能な数を超える場合、別途サーバライセンスの購入が必要です。
なお、仮想インスタンスを最大まで使用した場合、物理インスタンスはゲストOSの管理用にしか使用することはできません。
下の表のように、製品に含まれる仮想インスタンスの数は製品によって異なります。

製品
一つのライセンスで実行可能なインスタンス数
物理インスタンス 仮想インスタンス
Windows Server 2008 / 2008 R2 standard 1 1
Windows Server 2008 / 2008 R2 Enterprise 1 4
Windows Server 2008 / 2008 R2 Datacenter 1 無制限
Windows Server 2008 / 2008 R2 for Itanium-Based System 1 無制限
Windows Web Server 2008 / 2008 R2 1(どちらか一方)

(注)Foundationは仮想化環境のゲストOSとして利用することができません。

Q Windows Server 2008 / 2008 R2のボリュームライセンス認証方法を教えてください。 Win2008
Win2008 R2

A

「ボリュームアクティベーション」により、ライセンス認証されます。詳細は、マイクロソフト社のサイトを参照してください。

参考: マイクロソフトサイト「製品のライセンス認証およびキーに関する情報
Q Windows Server 2008でKMS ホストを既に構築している環境で、Windows Server 2008 R2をライセンス認証できますか? Win2008
Win2008 R2

A

既存のWindows Server 2008のKMSホストにWindows Server 2008 R2のKMSキーを再登録してください。
これにより、Windows Server 2008 R2および、Windows 7もこのKMSホストでライセンス認証できます。

Q KMSホストを構築するには、追加モジュールの導入が必要ですか? Win2003
Win2008
Win2008 R2

A

Windows Server 2003で構築する場合のみ、追加のモジュールが必要となります。Windows Server 2008の認証が必要な場合はKMS1.1以上、Windows Server 2008 R2の認証が必要な場合はKMS1.2をKMSホストにインストールする必要があります。
Windows Vista、Windows7、Windows Server 2008 / 2008 R2にKMSホストを構築する場合には追加モジュールは必要ありません。

Q ライセンス認証済みのWindows Server 2008 / 2008 R2において、再度ライセンス認証を要求されるようになりました。理由を教えてください。 Win2008
Win2008 R2

A

ハードウェアの構成を大幅に変更した場合、再度ライセンス認証が発生する場合があります。(具体的な条件はマイクロソフトより公表されておりません。)

なお、ライセンス認証が発生した場合、以下の猶予期間内に再度ライセンス認証を行う事で、引き続きWindows Server 2008 / 2008 R2をご利用頂けます(Windows Server 2008 / 2008 R2のライセンスの種類や認証方法により猶予期間が異なります)。期間内にライセンス認証を行わないと、「通知モード」に切り替わります。

  • 【ボリュームライセンスの場合】

    • KMSライセンス認証
      30日間
    • MAKライセンス認証
      3日間
  • 【パッケージ版の場合】

    3日間

Q Windows Server 2003 / 2008 / 2008 R2は、どのバージョンのCALを利用してアクセスできますか? Win2003
Win2008
Win2008 R2

A

サーバにアクセスするために必要なCALは以下の表を参照してください。

CAL種別
アクセスするサーバ
Windows Server 2003 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2
Windows Server 2003 CAL まる ばつ ばつ
Windows Server 2008 CAL まる まる まる
Windows Server 2012 CAL まる まる まる
Windows Server 2003 ターミナルサービスCAL まる ばつ ばつ
Windows Server 2008 ターミナルサービスCAL まる まる まる
Windows Server 2008 リモートデスクトップサービスCAL まる まる まる
Windows Server 2012 リモートデスクトップサービスCAL まる まる まる

まる:アクセス可能 ばつ:アクセス不可

サーバCAL、リモートデスクトップサービス(ターミナルサービス)CALは旧WindowsサーバOSにダウングレードして利用できます。

なお、Windows Server 2003 CALはWindows Server 2008 / 2012 CALへアップグレードできないため、新規にCALを購入する必要があります。

Q PRIMERGYのWindows Server 2008ダウングレードサービス付きバンドルタイプにWindows Server 2008とWindows Server 2003 R2のインストールメディアが添付されていました。これらインストールメディアを使用して、Hyper-VのゲストOSにWindows Server 2003 R2をインストールできますか? Win2003
Win2008

A

使用するメディアが以下の場合のみインストールできます。

メディア 媒体図番
Microsoft Windows Server 2003 R2, Standard Edition CA41534-2582
Microsoft Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition CA41534-2583
Microsoft Windows Server 2003 R2, Standard x64 Edition CA41534-2584
Microsoft Windows Server 2003 R2, Enterprise x64 Edition CA41534-2585

ゲストOSのインストール完了後にプロダクトキーを使用してライセンス認証を行う必要があります。 既に購入済みのPRIMERGY Windows Server 2003 R2プレインストール/バンドルタイプのCOAラベルに記載されているWindows Server 2003 R2用のプロダクトキーを使用してマイクロソフトへライセンス認証の手続きを行ってください。

[注意]
Windows Server 2008ダウングレードモデルに添付されているプロダクトキーはWindows Server 2003 R2用のプロダクトキーとして使用できません。
また、PRIMERGYに添付されているメディアを使ってインストールした場合、ボリュームライセンスやパッケージのプロダクトキーは使用できません。

詳細は以下を参照してください。

参考: PDF Windows Server 2008での注意事項
参考: PDF Windows Server 2008 R2での注意事項
Q PRIMERGYのWindows Server 2008 R2ダウングレードサービス付きバンドルタイプにWindows Server 2008 R2とWindows Server 2003 R2のインストールメディアが添付されていました。これらインストールメディアを使用して、Hyper-VのゲストOSにWindows Server 2003 R2をインストールできますか? Win2003
Win2008 R2

A

インストールできます。
ゲストOSインストール後にライセンス認証を行う必要はありません。
詳細は以下を参照してください。

参考: PDF Windows Server 2008での注意事項
参考: PDF Windows Server 2008 R2での注意事項
Q インターネットによるMAKライセンス認証を行う場合に何番のポートを利用可能にしたらいいですか? Win2008
Win2008 R2

A

HTTPのポート(既定では80番)または、PROXYサーバの待ち受けポート(一般的には8080番)を利用可能にしてください。

Q KMSによるライセンス認証を行っています。一部のKMSクライアントのハードウェア故障によって、KMSライセンス認証に必要な台数を満たさなくなりました。この場合、稼働している他のKMSクライアントは継続してライセンス認証されますか? Win2008
Win2008 R2

A

認証されなくなります。ただし、すぐに認証されなくなるわけではありません。KMSクライアントは一定期間が過ぎると、各クライアントが最後に認証されたタイミングによって順次認証されなくなり、最終的に通知モード(または機能制限モード)へ移行します。詳細は以下URLを参照してください。

参考: マイクロソフトサイト
ボリューム アクティベーション 2.0 計画ガイド-キー管理サービス(KMS)」

KMSライセンス認証に必要な台数を満たさない場合は、MAKによるライセンス認証に移行してください。

参考: マイクロソフトサイト
ボリューム アクティベーション 2.0 展開ガイド-KMSクライアントをMAKライセンス認証に移行する」
Q VMwareやXenの仮想環境上のOSにおいても、Hyper-Vと同様にKMSによるライセンス認証が可能ですか? Win2003
Win2008
Win2008 R2

A

ライセンス認証可能です。
なお、Hyper-Vの仮想環境と同様にKMSホストのOSバージョンによって、仮想環境のKMSクライアントのカウントに留意があります。

  • KMSホストがWindows Server 2003 / Windows Server 2008 / Windows Vista / Windows Vista SP1の場合

    KMSホストは仮想OSをKMSクライアント数に含めません。最低限必要な台数以上の物理マシンが必要となります。

  • KMSホストがWindows Server 2008 SP2 / Windows Server 2008 R2 / Windows Vista SP2 / Windows 7の場合

    KMSホストは仮想OSもKMSクライアント数に含めます。仮想OSと物理マシン(OS)合わせて最低限必要な台数以上必要です。

Q 仮想環境にOEMメディアを使用してゲストOSをインストールした場合、どのプロダクトキーを使用してライセンス認証を行えばよいですか? Win2003
Win2008
Win2008 R2

A

【Windows Server 2008/2008R2をゲストOSにインストールした場合】
ゲストOSのインストールに使用したOEMメディア添付元のPRIMERGYに貼付されているCOAラベルの仮想環境用のプロダクトキー(Virtual Key)を使用してライセンス認証を行ってください。

【Windows Server 2003をゲストOSにインストールした場合】
ゲストOSのインストールに使用したOEMメディア添付元のPRIMERGYに貼付されているCOAラベルに記載されているプロダクトキーを使用してライセンス認証を行ってください。
ただし、ホストOSにPRIMERGYのWindows Server 2008 R2ダウングレードサービス付きバンドルタイプを利用している場合には、ゲストOSのライセンス認証を行う必要はありません。

参考: PDF Windows Server 2008での注意事項
参考: PDF Windows Server 2008 R2での注意事項
参考: PRIMERGYのWindows Server 2008 R2ダウングレードサービス付きバンドルタイプにWindows Server 2003 R2のインストールメディアが添付されていました。このインストールメディアを使用して、Hyper-VのゲストOSにWindows Server 2003 R2をインストールできますか?
Q 富士通で取り扱っているWindows Server 2008 R2の製品を教えてください。 Win2008 R2

A

富士通ではPCサーバPRIMERGYおよび、IAサーバ PRIMEQUESTと一緒に購入するOEM製品を取り扱っています。用意しているエディションは以下のとおりです。

  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Foundation
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Datacenter
Q Windows Server 2008 R2 Datacenterによる仮想環境の運用を検討しています。プロセッサライセンスモデルであるDatacenterは2CPU以上を持つサーバでなければ利用できませんが、PRIMERGY RX200 S6の1CPU構成のサーバは、Datacenter による仮想環境に利用できますか? Win2008 R2

A

OEMライセンスであれば利用できます。
ただし、1CPU搭載サーバの場合であっても、Windows Server 2008 R2 Datacenter 2CPUライセンスからの購入となります。
ボリュームライセンスの場合は、物理的に2CPU以上の搭載したサーバに対してのみの購入となります。

Q Windows ServerへWindows CALを登録する方法を教えてください。 Win2003
Win2008
Win2008 R2

A

【Windows Server 2003の場合】
管理ツールの[サービス]から「License Logging」サービスを開始します。その後、管理ツールの[ライセンス]から、登録するWindows CALの数を設定します。
ただし、以下のKBにあるとおり、License LoggingサービスはWindows CALの総数を正確に表示できないという情報があります。

参考: マイクロソフトサイト
Windowsサーバーオペレーティングシステムのライセンスログサービスについて

【Windows Server 2008 / 2008 R2の場合】
Windows Server 2003のようにWindows CALを管理・登録するツールがないため、登録や設定などの手続きの必要はありません。お客様自身でWindows CALを管理してください。

Q Windows Server 2008/2008 R2のOEMメディアを使用してOSをインストールした場合のライセンス認証方法を教えてください。 Win2008
Win2008 R2

A

PRIMERGYのWindowsインストール/バンドルタイプもしくはPRIMERGY/PRIMEQUESTと同時にWindowsを手配した場合に、同梱されていたメディアを使用して物理環境にOSをインストールする場合、ライセンス認証は必要ありません。
仮想環境にOSをインストールする場合は、ライセンス認証が必要になります。PRIMERGY/PRIMEQUESTに添付されているプロダクトキー(Virtual Product Key)を入力する必要があります。
詳細は以下の公開情報を参照してください。

参考: PDF Windows Server 2008での注意事項
参考: PDF Windows Server 2008 R2での注意事項
Q Windows Server 2008/2008 R2のボリュームライセンスメディアを使用してOSをインストールした場合のライセンス認証方法を教えてください。 Win2008
Win2008 R2

A

MAKまたはKMSによる認証になります。初期起動からWindows Server 2008は60日以内、Windows Server 2008 R2は30日以内に認証する必要があります。詳細は以下の公開情報を参照してください。

参考: マイクロソフトサイト
Windows Server 2008 R2早わかりライセンス ガイド ボリューム アクティべーション 2.0
Q インターネット経由でWindows Server 2008/2008 R2のライセンス認証が行えない場合、ライセンス認証する方法はありますか? Win2008
Win2008 R2

A

電話による認証が可能です。パッケージ製品メディアまたはボリュームライセンスメディアを使用してWindows Server 2008/2008 R2をインストールした場合、電話でマイクロソフトライセンス認証窓口(0120-801-734(年中無休 24 時間))に連絡し、各サーバのライセンス認証を行えます。
詳細は以下の公開情報を参照してください。

参考: マイクロソフトサイト「マイクロソフト ライセンス認証専用窓口の電話番号
Q Windows Server 2003 32-bit版からWindows Server 2008 R2(64-bitのみ提供)へインプレースアップグレードできますか? Win2008
Win2008 R2

A

できません。32-bitから64-bitへのインプレースアップグレードはサポートしていません。新規にWindows Server 2008 R2をインストールしてください。Windows Server 2008 / 2008 R2へアップグレード可能な組み合わせについては以下を参照してください。

参考: マイクロソフトサイト
Windows Server 2008 R2へのアップグレードパス
参考: マイクロソフトサイト
Windows Server 2003 から Windows Server 2008 にアップグレードするためのパスのサポート

なお、旧バージョンからWindows Server 2008 / 2008 R2をインプレースアップグレードすることができますが、アップグレードするため十分な検討と検証が必要です。また、アップグレード時に継続できない機能もあるため富士通では、新規インストールをおすすめしています。

Windows Server 2003 CALを購入している場合は、アップグレードにあたり、Windows Server 2008 / 2008 R2用のCALを新規購入する必要もあります。
また、ソフトウェアアシュアランス(SA)を契約している場合は、ライセンスを購入し直すことなく、アップグレードが可能です。
詳細は以下を参照してください。

参考: マイクロソフトサイト「ソフトウェアアシュアランス
Q Windows Server 2008 /2008 R2のダウングレード権を使用して旧バージョンのWindows Server OSをインストールします。ライセンス認証に必要なプロダクトキーは何ですか? Win2008
Win2008 R2

A

ダウングレード権を使用して旧バージョンのWindows Server OSをインストールする場合、インストールメディアによってライセンス認証に必要なプロダクトキーが異なります。必要なプロダクトキーについては以下を参照してください。

参考: PDF Windows Server 2008での注意事項
参考: PDF Windows Server 2008 R2での注意事項
Q VMware を用いてサーバ統合基盤を構築します。ゲストOSは全てWindows Server です。Windows Server 2008 R2 Datacenter のライセンスを持っていれば、仮想インスタンスの実行権利は無制限ですか? Win2008 R2

A

物理環境において、Windows Server 2008 R2 Datacenter のプロセッサライセンスの使用条件を満たしていればゲストOSに対しては無制限です。DatacenterはゲストOS用の仮想インスタンスを実行する権利(ライセンス)を無制限に含みます。そのため、ライセンス上は何個でも、Windows ServerのゲストOSをインストールできます。なお、ゲストOSにDatacneterとは異なるエディションのOSをインストールする場合には、メディアに加えて、同じ購入経路のプロダクトキーを用意してください。

Q VMware を用いてサーバ統合基盤を構築します。ゲストOSは全てWindows Server です。Windows Server 2008 Datacenter のライセンスを持っていれば、仮想インスタンスの実行権利は無制限ですか? Win2008

A

物理環境において、Windows Server 2008 Datacenter のプロセッサライセンスの使用条件を満たしていればゲストOSに対しては無制限です。DatacenterはゲストOS用の仮想インスタンスを実行する権利(ライセンス)を無制限に含みます。そのため、ライセンス上は何個でも、Windows ServerのゲストOSをインストールできます。なお、ゲストOSにDatacneterとは異なるエディションのOSをインストールする場合には、メディアに加えて、同じ購入経路のプロダクトキーを用意してください。

Q PRIMERGYにWindows Server 2008 / 2008 R2 DatacenterをホストOSとしたHyper-V環境を構築します。Hyper-VのゲストOSをインストールする際、他のPRIMERGYに導入済みのWindows Server Standardのメディアを使用してインストールすることはライセンス上問題がありますか? Win2008
Win2008 R2

A

問題ありません。
構築する環境でゲストOS用のライセンスを適切に所持しているのであれば、お客様が保有する他のPRIMERGYに導入済のメディアを使用してインストールすることができます。
構築するPRIMERGYのホストOSがDatacenterの場合、DatacenterはゲストOS用の仮想インスタンスを実行する権利(ライセンス)を無制限に含みます。そのため、ライセンス上は何個でも、お客様が保有するPRIMERGY添付のメディアを使ってゲストOSをインストールすることが可能です。
なお、構築するPRIMERGYのホストOSがEnterpriseの場合はゲストOS用の仮想インスタンスを実行する権利(ライセンス)を4個、Standardの場合は1個含んでいます。この範囲であれば、お客様が保有するPRIMERGY添付のメディアを使ってゲストOSをインストールしても問題ありません。これを超えた数のゲストOSをインストールする場合は、追加でサーバライセンスが必要になります。

インストール

Q Windows Server 2008 / 2008 R2のインストール形態にServer Coreと完全インストールがありますが、違いは何ですか? Win2008
Win2008 R2

A

Server Coreは、GUIがなく、必要なサーバ機能のみを選択して実装するインストール方法です。完全インストールは全ての機能を実装した従来のインストール方法です。
なお、PRIMEQUESTサーバではServer Coreを利用できません。

参考: Server Core導入・運用時におけるsconfigの使い方
参考: Server CoreでのActive Directory構築の工夫
参考: マイクロソフトサイト「Server Core インストール オプション
参考: PDF Windows Server 2008 / 2008 R2 Server Core ガイド
Q PRIMERGYやPRIMEQUESTサーバでサポートするWindows OSは何ですか? Win2003
Win2008
Win2008 R2

A

サポートするOSは、サーバやモデルによって異なります。カタログおよびマニュアル等からモデル毎のサポートOSを確認してください。

参考: PRIMERGY カタログ・資料
参考: PRIMERGY マニュアル
参考: PRIMERGY サポート情報(Windows OS動作確認情報)
参考: PRIMEQUEST 2000シリーズ システム構成図
参考: PRIMEQUEST 1000シリーズ システム構成図
Q 2TB以上の領域にOSをインストールできますか? Win2008
Win2008 R2

A

UEFIモードを使用すればできます。BIOSモードではできません。

PCサーバ PRIMERGYのUEFIモードサポート状況は以下の留意事項より「UEFI対応情報」を参照してください。

参考: FUJITSU Server PRIMERGYにおける留意事項

IAサーバ PRIMEQUEST 2000シリーズのUEFIモードサポート状況は以下を参照してください。

参考: FUJITSU Server PRIMEQUEST 2000シリーズ 構成設計ガイド
Q インターネット接続できない環境において、.NET Framework 3.5をインストールする方法を教えて下さい。 Win2008
Win2008 R2

A

インターネットに接続できない環境では、インストール媒体を使用して下さい。
サーバーマネージャーの[役割と機能の追加]ウィザードにて.NET Framework 3.5 Featuresを指定する際に、代替ソースパスの指定で、インストール媒体の"¥sources¥sxs"を指定下さい。
ただし、PRIMERGYにバンドルのインストール媒体(Operating System - Recovery DVD)を使用してインストールすることはできません。
このような場合は、マイクロソフトから評価版をダウンロードして下さい。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)