このページの本文へ移動

FUJITSU Server PRIMERGY RX4770 M6 : 特長

タイプ一覧・価格、特長 タイプ一覧・価格 特長

大規模な仮想化、インメモリデータベースに最適な高いパフォーマンスと十分な拡張性、信頼性を備え、
変化するビジネスニーズに適応する4WAYラック型サーバ

システム構成図(価格表)
RX4770 M6 カタログ
RX4770 M6 仕様
オプション・周辺機器
適用CPU
適用メモリ
適用ストレージ
PRIMERGYにおける留意事項
サーバ選択はこちらから 製品ラインナップ
運用・保守サービス「SupportDesk(サポートデスク)」
消費電力/質量計算ツール
PRIMERGY 性能情報(ベンチマーク/パフォーマンス)
  • 第3世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー 最大4個搭載
  • 最新インテル® Optane™ パーシステント・メモリー 搭載可能
  • Platform Firmware Resilienceタイプをラインナップし、セキュリティ向上

RX4770 M6 最小構成 2,137,900円(税別)~

PRIMERGY 構成相談ナビ「コンフィグレータについてのお問い合せは今すぐこちらへ!Excel出力した構成のご相談も承ります。」お電話でのお問い合わせは富士通コンタクトライン 0120-933-200[受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く])

大規模な仮想化、インメモリデータベースに最適な高いパフォーマンスと十分な拡張性、信頼性を備え、変化するビジネスニーズに適応する4WAYラック型サーバ「RX4770 M6」

インテル社最新CPU「第3世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー」を採用

3Uの筐体にインテル社最新の第3世代 インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを4個搭載可能で、TDP250WまでのCPUに対応し、最大112コアの拡張性。お客様は、14種類の中から用途に応じて選択していただけます。

インテル社最新の不揮発性メモリ「インテル® Optane™ パーシステント・メモリー」を採用し、最大15TBまで搭載可能

サーバのメモリスロットに搭載可能な形状で、サーバの電源がオフになってもデータを保持できる最新テクノロジーに対応。大容量メモリとしても、高速なデータ処理性能を持つストレージとしても利用でき、高性能が求められるデータベースや仮想化システムに最適です。メモリ動作クロックは従来の2933MHzから3200MHzへ高速化。

柔軟なストレージ構成を実現

内蔵ストレージベイ数は24ベイへ増加し拡張性アップ。大容量(15.3TB)SAS SSDに対応することで、最大容量367.2TBと高い拡張性を実現。また、高信頼で耐障害性の高いSAS HDD、読み出し性能、低消費電力に優れたSSD、高速転送に優れたPCIe SSDを採用。用途に応じて選択していただけます。

OSブート専用モジュールの採用

システムボード上の専用スロットに挿入するOSブート専用製品「M.2 Flashモジュール」を選択可能。システム領域とすることで、内蔵ストレージベイに搭載されるストレージを全てデータ領域として使用することが可能です。

多様なOSラインナップ

Windows Server 2016を基盤に、4つの主要テーマ(ハイブリッド、セキュリティ、アプリケーションプラットフォーム、HCI)で強化したマイクロソフト社最新OS Windows Server 2019をサポート。また、Linux OSは、RedHat Enterprise Linux7/8およびSUSE Linux Enterprise Server 15をサポート。VMwareもサポートしており、お客様の運用に合わせて、様々な選択が可能です。

Platform Firmware Resilienceタイプをラインナップ

「内蔵ストレージかける16モデル」にはPlatform Firmware Resilienceタイプをラインナップし、サーバ内ファームウェアに対する攻撃リスクを低減しセキュリティ向上を図ります。

サーバ管理機能の拡充

「リモートマネジメントコントローラ」を標準搭載。 システムボード上に搭載されている専用ハードウェアで本体の電源/OSの状態に依存しない、サーバ監視、電源制御が可能です。管理LAN経由での監視/制御を実現しており、モバイル端末からの操作も可能。HTTPS接続で利便性、セキュリティも向上しています。また、追加オプション「リモートマネジメントコントローラアップグレード」により、サーバ設定画面をそのまま遠隔地の端末に転送し操作する、アドバンストビデオリダイレクション他の機能が有効になります。

80PLUS® Platinum 認証の電源ユニットを採用

80PLUS® プログラムが推進する電気機器の省電力プログラムにおいて、80PLUS® Platinum認証電源を採用し、電源冗長化にも対応。効率よくサーバに電力を供給し、省エネ化を推進します。

先進の技術で省電力化を実現

使用環境の周囲温度5℃~45℃(オプション適用時)での動作をサポート(従来10℃~35℃)し、サーバ設置環境のさらなる省電力化を促進します。オプションで、使用環境の周囲温度の拡張が可能です。これによりデータセンターや企業において、空調などのファシリティ設備全体を含めて大幅な省電力化が可能となります。

視認性や操作性などのユーザビリティ向上を実現したデザインを採用

稼働状況を目視するフロントパネルでは、アイコン自体を点灯させ、視認性向上を実現します。また、ドライブカバーやHDDベゼルなどを直感的に操作可能なデザインで高ユーザビリティを実現します。さらに、フロントパネルやHDDベゼルのデザインを共通化する事により、異なる機種の運用性の統一を実現し、お客様の負担を軽減します。

システム管理・監視で安定稼働を支援

簡易セットアップツール「ServerView Installation Manager」による、最適ドライバの自動選択やGUIガイダンスなどで確実インストール、稼動後の安定運用が図れます。

また、稼動後のハードウェアの故障やエラーを見逃さない監視ソフトウェア「ServerView Operations Manager / Agents」による詳細エラーから修復部品の識別ができ早期修復ができます。

富士通品質、Made in Japan 注釈

  • 厳格な設計品質と厳格な出荷テストで鍛え上げられた高品質な製品を提供します。
  • お客様の希望に応じた柔軟なコンフィグレーションで工場で組み立てて、お届けします。
  • 全国約850箇所のサービス拠点、約8000名のサービスエンジニアが24時間365日、日々お客様の安定稼働を支えています。

注釈 PRIMERGY本体の生産「部品受入検査・CPU組込み・装置組込み・最終組立て・出荷試験(品質管理)」を国内で実施しています。

すべては、お客様のビジネスのためにズームイン! 富士通 PRIMERGY
富士通 PRIMERGYのテクノロジーや、お客様に役立つ、PRIMERGYの「よーく見るととってもすごい」をご紹介します。


FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)