このページの本文へ移動

[重要]Windows Updateで公開されたMS15-058:セキュリティ更新プログラム(3065718)について

2015年7月15日
富士通株式会社

平素は、富士通製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
7月15日にWindows Updateにてマイクロソフト社から公開された「MS15-058:セキュリティ更新プログラム、『SQL Server の脆弱性により、リモートでコードが実行される(3065718)』を適用後に、PCサーバPRIMERGYの添付ソフトServerView Operations Manager、及びServerView Virtual-IO Managerのサービスが停止している場合があります。
「MS15-058:セキュリティ更新プログラム(3065718)」を適用される際は、事前に以下の詳細をご確認いただき、記載の手順にて適用していただけますようお願いします。

現象

「MS15-058:セキュリティ更新プログラム(3065718)」を適用後、ServerView Operations Manager、及びServerView Virtual-IO Managerのサービスが停止します。
サービスが停止する際に、エラーメッセージ等は表示されません。

「MS15-058:セキュリティ更新プログラム(3065718)」の詳細は、以下のマイクロソフトのサイトでご確認ください。

SQL Server の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3065718)

対象ソフトウェア・バージョン

  • ServerView Operations Manager(Windows)V4.91以降のバージョン
  • ServerView Virtual-IO Manager(Windows)全てのバージョン

発生条件

ServerView Operations Manager、またはServerView Virtual-IO Managerの上記対象バージョンであり且つ、これらが使用するデータベース(注1)として、MS15-058:セキュリティ更新プログラム(3065718)の適用対象のSQL Serverを使用している場合に発生します。
MS15-058:セキュリティ更新プログラム(3065718)の適用対象のSQL Serverは、以下のマイクロソフトのサイトでご確認ください。

SQL Server の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3065718)

更新プログラムの適用対象のSQL Serverを使用していない場合には、本事象は発生しません。

注1 ServerView Operations Manager、またはServerView Virtual-IO Managerが使用しているデータベースは以下の方法で確認することができます。
尚、ServerView Operations Managerがデフォルトでインストールするデータベースのバージョンは、本ページの「(参考)ServerView Operations Managerがインストールするデータベース」の項を参照してください。ServerView Virtual-IO ManagerはServerView Operations Managerが使用しているデータベースを使用します。
お客様でインストールしたSQL Serverを使用している場合にも対象となります。

(1)メモ帳で、%WINDIR%\ServerViewDB.ini を開きます。

(2)「DbServerVersion」で始まる行を探します。
この行の「=」の右側の文字列が、使用しているデータベースのバージョンです。
例)
%WINDIR%\ServerViewDB.iniの記載が以下のようになっていた場合、使用しているデータベースのバージョンはSQL Server 2008です。
    DbServerVersion=Microsoft SQL Server 2008

(3)「DbServerEdition」で始まる行を探します。
この行の「=」の右側の文字列が、使用しているデータベースのエディションです。
例)
%WINDIR%\ServerViewDB.iniの記載が以下のようになっていた場合、使用しているデータベースのエディションはExpress Editionです。
    DbServerEdition=Express Edition

回避方法

該当の更新プログラムを適用する際には、以下の手順で行ってください。

ServerView Operations Manager のバージョンが V4.92 以前の場合

(1) [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「services.msc」と入力して [OK] をクリックします。

(2) 以下の順でOperations Manager、ServerView Virtual-IO Manager のサービスを停止します。

  1. 「ServerView Virtual IO DB Backup Service」 (バージョンによっては存在しません。[スタートアップの種類]が「手動」または「無効」で停止している場合は対象外となります)
  2. 「ServerView Virtual IO Manager Service」
  3. 「ServerView Download Service」 (バージョンによっては存在しません)
  4. 「ServerView Services」
  5. 「Apache2_SV」 (インストール時の設定によって存在しない場合があります)

(3) 該当のマイクロソフトの更新プログラムを適用します。

(4) 以下の順で、Operations Manager、ServerView Virtual-IO Manager のサービスを開始します。

  1. 「Apache2_SV」 (インストール時の設定によって存在しない場合があります)
  2. 「ServerView Services」
  3. 「ServerView Download Service」 (バージョンによっては存在しません)
  4. 「ServerView Virtual IO Manager Service」
  5. 「ServerView Virtual IO DB Backup Service」 ((2)で開始されていた場合のみ開始します)

ServerView Operations Manager のバージョンが V5.00 以降の場合

(1) [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「services.msc」と入力して [OK] をクリックします。

(2) 以下の順で ServerView Operations Manager、ServerView Virtual-IO Manager のサービスを停止します。

  1. 「ServerView Virtual IO DB Backup Service」 (バージョンによっては存在しません。[スタートアップの種類]が「手動」または「無効」で停止している場合は対象外となります)
  2. 「ServerView Virtual IO Manager Service」
  3. 「ServerView Download Service」
  4. 「ServerView Services」
  5. 「ServerView JBoss Application Server 5.1」または「ServerView JBoss Application Server 7」

(3) 該当のマイクロソフトの更新プログラムを適用します。

(4) 以下の順で、ServerView Operations Manager、ServerView Virtual-IO Manager のサービスを開始します。

  1. 「ServerView JBoss Application Server 5.1」または「ServerView JBoss Application Server 7」
  2. 「ServerView Services」
  3. 「ServerView Download Service」
  4. 「ServerView Virtual IO Manager Service」
  5. 「ServerView Virtual IO DB Backup Service」((2)で開始されていた場合のみ開始します)

問題発生後の復旧方法

上記回避方法を行わずに、該当の更新プログラムを実行した場合、以下を行ってください。

ServerView Operations Manager のバージョンが V4.92 以前の場合

(1) [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「services.msc」と入力して [OK] をクリックします。

(2) 以下の1)~5)のサービスのうちいずれか1つでも停止していた場合、1)~5)の順に停止します。既に停止されているサービスは、そのまま停止しておきます。
以下のサービスのうち、存在するものがすべて開始されていた場合は、対処の必要はありません。

  1. 「ServerView Virtual IO DB Backup Service」 (バージョンによっては存在しません。[スタートアップの種類]が「手動」または「無効」で停止している場合は対象外となります)
  2. 「ServerView Virtual IO Manager Service」
  3. 「ServerView Download Service」 (バージョンによっては存在しません)
  4. 「ServerView Services」
  5. 「Apache2_SV」 (インストール時の設定によって存在しない場合があります)

(3) 以下の順で、サービスを開始します。

  1. 「Apache2_SV」 (インストール時の設定によって存在しない場合があります)
  2. 「ServerView Services」
  3. 「ServerView Download Service」 (バージョンによっては存在しません)
  4. 「ServerView Virtual IO Manager Service」
  5. 「ServerView Virtual IO DB Backup Service」 ((2)で開始されていた場合、または、[スタートアップの種類]が「自動」で停止していた場合のみ開始します)

ServerView Operations Manager のバージョンが V5.00 以降の場合

(1) [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「services.msc」と入力して [OK] をクリックします。

(2) 以下の1)~5)のサービスのうちいずれか1つでも停止していた場合、1)~5)の順に停止します。既に停止されているサービスは、そのまま停止しておきます。
以下のサービスのうち、存在するものがすべて開始されていた場合は、対処の必要はありません。

  1. 「ServerView Virtual IO DB Backup Service」 (バージョンによっては存在しません。[スタートアップの種類]が「手動」または「無効」で停止している場合は対象外となります)
  2. 「ServerView Virtual IO Manager Service」
  3. 「ServerView Download Service」
  4. 「ServerView Services」
  5. 「ServerView JBoss Application Server 5.1」または「ServerView JBoss Application Server 7」

(3) 以下の順で、サービスを開始します。

  1. 「ServerView JBoss Application Server 5.1」または「ServerView JBoss Application Server 7」
  2. 「ServerView Services」
  3. 「ServerView Download Service」
  4. 「ServerView Virtual IO Manager Service」
  5. 「ServerView Virtual IO DB Backup Service」 ((2)で開始されていた場合、または、[スタートアップの種類]が「自動」で停止していた場合のみ開始します)

(参考)ServerView Operations Managerがインストールするデータベース

ServerView Operations Managerをインストールする際に、これらがサポートするバージョンのSQL Serverがインストールされていなかった場合、これらのインストーラに同梱されたSQL Serverが自動的にインストールされます。
以下は、インストールされるSQL Serverのバージョンです。
同梱のSQL Serverを使用している場合、V6.11以降をWindows 2012/R2にインストールした環境が対象となります。

名称 バージョン インストール先OS
Windows 2008/R2 Windows 2012/R2
ServerView Operations Manager V4.91

V5.01
SQL Server 2005
Express SP3
未サポート
V5.10

V6.10
SQL Server 2005
Express SP4
V6.11

V7.02
SQL Server 2008 R2
Express SP2

注 同梱のSQL Serverを使用せずにインストールした場合、Windows Server 2003/R2も対象となります。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)