このページの本文へ移動

[重要]2014年1月14日公開のJava 7 Update 51 適用時のご注意について(お知らせ)

05版 2014年8月
富士通株式会社

お客様各位
平素は、富士通製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

オラクル・コーポレーション社が米国時間の2014年1月14日より提供しているJava 7 Update 51により、Java AppletおよびJava Web StartのJavaプログラムが正常に動作しなくなる事象が生じる場合があります。
つきましては、PRIMERGY関連のJavaプログラムを実行するウェブブラウザ環境に対し、Java 7 Update51の適用を実施する際は、お客様ご利用のJavaプログラムについてJava7 Update51対応版にあらかじめアップデートいただくか、後述する回避策を実施いただけますようお願いいたします。

概要

オラクル・コーポレーション社の公開情報によると、Java 7 Update 51より、セキュリティ要件が変更され、"公的機関の署名付JAR" 及び "Permissions"アトリビュートが、Java AppletおよびJava Web StartのJavaプログラムの必須要件に変更されています。
その結果、当該要件を満たしていないJavaプログラムは、ウェブブラウザ上で実行できなくなっています。
詳細は、オラクル・コーポレーション社の公開情報を参照ください。

影響を受ける可能性のあるPRIMERGY対象製品

ウェブブラウザ上で動作するJava AppletおよびJava Web StartのJavaプログラムについて、プログラムが起動できない等の不具合が発生する可能性があります。

PDF Java 7 Update51の影響を受ける可能性のあるJavaプログラムを含む PRIMERGY製品一覧 (287KB)[2014年8月19日]

お願いとお知らせ

Java 7 Update 51により影響を受ける可能性のあるJavaプログラムを実行するウェブブラウザ環境(PRIMERGY本体やクライアントPC)への当版数の適用を実施する際は、ご利用プログラムについてJava 7 Update51対応版にあらかじめアップデートいただくか、下記の回避策を実施いただきますようお願いいたします。

<回避策>

Java 7 Update 51以降にて実装された、「例外サイト・リスト」に、ご利用プログラムのURLを指定してください。「例外サイト・リスト」は、Javaコントロール・パネルの「セキュリティ」タブから設定することができます。
注意: URLは"http://"または"https://"で始める必要があります。
  (例 : https://www.example.com/someApplication/)

詳細は、オラクル・コーポレーション社の公開情報を参照ください。


FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)