このページの本文へ移動

[重要]PCサーバ「PRIMERGY」の一部モデルでのメモリエラー発生時の不具合に関する重要なお知らせ

2012年8月
富士通株式会社

PCサーバ「PRIMERGY」の出荷済の一部モデル(「TX120 S3」「 TX140 S1」「RX100 S7」)において、不適切なメモリエラー処理により、正しくエラー通知されない可能性があることが判明しました。
つきましては、不具合の発生内容のご報告と、その対処方法について以下の通りご報告させていただきます。内容ご確認いただき、対処方法の実施についてご協力くださいますようお願い申し上げます。
本不具合により、お客様にご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

対象モデルについて

ご案内させていただく不具合は、一部モデルと特定の版数のBIOSの組合せの場合のみ発生する可能性があります。対象となるモデルとBIOS版数は以下の通りです。

モデル名 不具合のあるBIOS版数
(2012年2月~3月末出荷)
修正後のBIOS版数
(2012年4月以降出荷)
1 PRIMERGY TX120 S3 1.20.0 1.21.0以降
2 PRIMERGY TX140 S1 1.20.0 1.21.0以降
3 PRIMERGY RX100 S7 1.20.0 1.21.0以降

対象モデルにおいて上記組合せとなるのは、「2012年2月~3月末」当社工場出荷分、および2012年1月以前出荷分で「BIOS 1.20.0」への更新(アップデート)作業を実施されている場合となります。(注
4月以降の工場出荷分につきましては、本不具合の対象外となります。

注 BIOS1.21.0以降への更新(アップデート)作業を実施されている場合は対象外となります。

不具合内容について

上記の対象モデルと特定BIOS版数の組合せでご使用いただいている場合、不適切なメモリエラー処理により、メモリエラーの異常通知やシステムハングアップ等、予期せぬ動作が発生する可能性があります。また、極めて稀ですが、データ格納処理中に今回の不具合が発生した場合、処理中のデータ異常に繋がる可能性があります。
本不具合については、対象となる上記3モデル及び特定のBIOS版数でのみ発生することを確認しております。そのため、その他のモデルで発生する可能性はありません。

対象モデルをご使用中のお客様へのお願いについて

今回の不具合は、一部モデルと特定の版数のBIOSの組合せの場合のみ発生する可能性があります。 対象となるモデルにおいて、不具合の可能性のあるBIOSとの組合せでご利用いただいているお客様につきましては、当社専門保守員(CE)がサーバ機器設置場所に訪問させていただき、BIOSの更新作業を「無償」で実施させていただきます。
尚、今回ご案内させていただきます不具合内容のご報告と対応作業の実施につきましては、当社有償保守サービスのご契約状況により、以下の通り当社からの連絡方法が異なる場合がありますので、予めご了承ください。

  1. 不具合の可能性のあるBIOS版数で当社工場出荷・納品となっているお客様について(2012年2月~3月末出荷分)
    • 〔有償保守サポートサービス(SupportDesk Standard)をご契約いただいているお客様〕
      お客様担当の当社保守員(CE)より、内容の報告及び対応方法についてご報告させていただき、対応作業の実施について、ご相談させていただきます。
    • 〔有償保守サポートサービス(SupportDesk Standard)を未契約のお客様〕
      サーバ搭載のBIOS版数について、以下の手順に沿ってご確認いただき、対象BIOS版数にてお使いいただいている場合、誠にお手数ですが当社担当営業、販売パートナー様、または本件のお問合せ窓口(専用窓口)までご連絡願います。
  2. 納品後に不具合の可能性のあるBIOS版数へ更新作業を実施されたお客様について(2012年1月以前出荷分)
    • 〔有償保守サポートサービス(SupportDesk Standard)をご契約いただいているお客様〕
      ご使用いただいているBIOS版数について、以下の手順に沿ってご確認いただき、不具合の可能性のあるBIOS版数の場合、お客様担当の当社保守員(CE)までご連絡願います。
    • 〔有償保守サポートサービス(SupportDesk Standard)を未契約のお客様〕
      ご使用いただいているBIOS版数について、以下の手順に沿ってご確認いただき、不具合の可能性のあるBIOS版数の場合、本件のお問合せ窓口(専用窓口)までご連絡願います。

注 当社保守員(CE)によるBIOS更新作業を実施させていただく際は、サーバ設置場所への立入や更新作業実施時におけるサーバの停止・再起動についてお客様にご協力いただく必要があり、その点につきまして予めご了解くださいますようお願いいたします。
セキュリティ上の理由等から、保守員による更新作業の実施ができない場合は、お客様ご自身による更新作業の実施方法についてご紹介させていただきますので、BIOSの更新作業を実施下さいますよう願いいたします。

不具合対象となるBIOS版数のご確認方法について

今回対象となるモデルと不具合の発生する可能性のあるBIOS(1.20.0)を搭載している本体装置の確認 方法は以下の通りとなります。以下の手順で搭載されているBIOS版数をご確認いただき、搭載BIOSが「1.20.0」の場合は、BIOSの更新作業を実施する必要があります。

尚、ご利用になられているソフトウェア(OSや管理ソフトウェア)のインストール状況により、BIOS版数の確認方法が異なります。ご利用中のシステム環境に合わせて、以下の手順に従ってBIOS版数をご確認下さいますようお願いいたします。

【BIOS版数確認方法】

「ServerView Operation Manager」がインストールされている場合

  1. 「ServerView Operation Manager」を起動します。
  2. 「サーバリスト」から該当するサーバを選択し、右クリックし「サーバ画面を開く」を選択します。
  3. メニューより[システム]-[システム情報]を選択し「BIOSバージョン」(赤線部)を確認します。
    注 青線部は、装置により異なります)

    システム システム情報
    BIOSバージョン:V4.6.4.1 R.1.20.0 for D3034-A1X

ServerView Operation Manager BIOS版数確認画面

注 ServerView Operations Managerの使い方の詳細は、マニュアル「PRIMERGY ServerView Suite Operations Manager」をご参照ください。

「ServerView Operation Manager」がインストールされていない場合

[Windowsをご使用の場合]

  1. [スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[システム情報]を選択します。
  2. [システム情報]-[システム概要]-[BIOSバージョン/日付]でBIOS版数(赤線部)を確認下さい。
    注 青線部は、装置により異なります)

Windows システム情報 BIOS版数確認画面

[Linuxをご使用の場合]

  1. rootでログインして、以下のコマンドを実行してください。
    # dmidecode
  2. 出力情報よりBIOS版数(赤線部)を確認下さい。
    注 青線部は、装置により異なります)
    # dmidecode 2.11
    SMBIOS 2.7 present.
    64 structures occupying 2641 bytes.
    Table at 0xBF49F018.

    Handle 0x0000, DMI type 0, 24 bytes
    BIOS Information
     Vendor: FUJITSU // American Megatrends Inc.
     Version: V4.6.4.1 R1.20.0 for D3049-A1x

[その他 (BIOSメニューより版数を確認する方法)]

  1. BIOS Setupを起動します。
    装置起動時(POST中の画面)に「<F2> Setup - <F12> Boot Menu」のメッセージが表示されている間に【F2】キーを押してBIOS setupを起動します。
    (メッセージではなく、富士通のロゴが表示される場合があります。その場合は、ロゴが表示されている間に【F2】キーを押します)。
  2. BIOS版数を確認します。
    BIOS setupのメニューから、[Main] - [System Information]の画面にて確認して下さい。
    Board & Firmware Details
      BIOS Revision R1.20.0
      Build Date and Time XX/XX/XXXX
    ・・・

お客様ご自身で更新作業を実施される場合について

今回のBIOS更新作業につきましては、有償サポート契約の有無に関わらず、当社保守員(CE)がお客様先(対象モデル設置先)に訪問させていただき、BIOSの更新作業を「無償」で実施させていただきます。
しかしながら、セキュリティ上の理由等により、保守員(CE)によるBIOS更新作業が実施できない場合は下記のとおり、「お客様ご自身によるBIOS更新作業方法」をご参照いただき、BIOS更新作業を実施下さいますようお願いいたします。

【お客様ご自身によるBIOS更新作業方法】

以下の当社公開Webページから、不具合の発生する可能性のないBIOSをダウンロードいただき、BIOSの更新(アップデート)作業の実施をお願いします。

注 本不具合の発生は極めて稀ですが、お客様システムの安定稼働のために修正版BIOSの適用をお願いします。また、本不具合はBIOS 1.21以降にて修正されています。上記版数より新しい版数が公開されている場合は、最新版数のBIOS適用をお願いします。

本件に関する「お問合せ窓口」(専用窓口)について

今般ご案内させていただきます不具合の内容、及び対処方法に関するお問合せにつきましては、以下のお問合せ窓口にて対応させていただきます。お問合せの内容を以下の宛先まで、メールまたはお電話にてご連絡下さいますようお願い致します。別途、当社担当者より、お問合せ内容についてご回答させていただきます。

尚、工場出荷時に対象モデルに対して、不具合の発生する可能性のあるBIOS(1.20.0)を搭載し、出荷した本体についてお問い合わせされる際には、誠にお手数ですが、以下の必要情報をご連絡くださいますようお願いいたします。

〔必要情報〕

  1. 本体の型名(例:PYxxxxxxxx)
  2. 製造番号(例:SERIAL MAxx xxxxxx)

注 上記情報を確認いただく際には、サーバ本体の型名記載箇所をご覧ください。

注 尚、お問合せいただきました内容によっては、ご回答までに時間を要する場合がありますので、予めご了承願います。

【「お問合せ窓口」(専用窓口)の連絡先】

 E-mail: iaqa-bios120@ml.css.fujitsu.com
 電話番号: 044-433-5497 (直通) 【2013年3月27日まで】
044-874-0673 (直通) 【2013年3月28日以降】
受付時間: 9時~12時、13時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)