このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. サーバ >
  4. その課題、情くんにおまかせ! - マンガで解決、ITあるある - >
  5. この物語について >
  6. 第10話 : 在庫管理の改善に売上アップ、保守点検の効率化… ぜ~んぶまとめてARで解決!

第10話 : 在庫管理の改善に売上アップ、保守点検の効率化… ぜ~んぶまとめてARで解決!

門田先輩情くんは(株)まるさんかくばつシステムズのシステム営業マン。お客様システムの課題解決のため、コンビで東奔西走しています。新人の情くんは課題の読みが甘くて、システム営業10年目の門田先輩にどやされっぱなしの日々。

今日は三社のヒアリング予定が詰まっていて大忙し!三社三様のリクエスト内容に対して、門田先輩は「AR」という解決策を思いついて…?

掲載日: 2013年10月25日

お客様

調剤薬局様
カラオケチェーン様
製造業様

お悩み

  • 調剤薬局様 … 薬の在庫管理を改善したい
  • カラオケチェーン様 … フードの売上を上げたい
  • 製造業様 … 保守点検を効率化したい

マンガ : お客様のITあるある課題のヒアリング

富士通IDをお持ちの方に壁紙&LINEで使えるスタンプ画像をプレゼント!

門田先輩の「富士通のショールームnetCommunityでARを勉強しよう」

ARってなに?どんなシーンで使えるの? ARはミドルウェアで実現!待望のデモ、お見せします 一週間後!情くんのデモ、評判はいかに?

ARってなに?どんなシーンで使えるの?

「AR」が何なのかよく知らない情くんを教育しつつ、最新の動向を探るために門田先輩と情くんがやってきたのは、富士通のショールームnetCommunity
そこではnetCommunityの館長・副館長に加え、製品プロモーション部門のエキスパートが二人を待っていた…!

イラスト : 富士通のショールームnetCommunityエントランスの東條館長、嶋本副館長、門田先輩、情くん
門田先輩

はじめまして、まるさんかくばつシステムズの門田です!
富士通のnetCommunity、前から一度来てみたかったんです。

東條館長

今日はようこそお越しくださいました!
netCommunity館長の東條です。副館長の嶋本から、netCommunityについてかんたんにご紹介しますね!

嶋本副館長

netCommunityでは、豊かで活力のある将来社会の姿や、その実現のために必要な、新たな社会のしくみやICTの利活用についてご紹介しているんですよ。
これからぜひ利用してくださいね!

門田先輩

はい、ありがとうございます!
ところで宇佐美マネージャーは…?

宇佐美マネージャー

門田さん、今日はようこそ!
さっそくARに目をつけるとはさすがだね。

門田先輩

宇佐美マネージャー、お久しぶりです!
今日は話題のARを勉強しに参りました。部下ともどもビシバシよろしくお願いします!

イラスト : 製品プロモーション部門の宇佐美マネージャーと土屋さん
宇佐美マネージャー

ARのことなら任せてくれ!
今日は敏腕デモンストレーターの土屋さんにも来てもらっているんだ。

土屋さん

土屋です、よろしくお願いします!
デモンストレーションはのちほどお見せする予定ですので楽しみにしていてくださいね。

門田先輩

わー、楽しみ!よろしくお願いします~。

情くん

はじめまして!まるさんかくばつシステムズの情です~。
さっそくなんですけど…、今日は「現場業務の変革にARがいい」ってどういうことなのかお聞きしたいんです。
この前、一日に三社もヒアリングにまわった日があって、お昼なんか時間がなくて立ち食いそばで済ませたんですけど~、、

門田先輩

その情報、いらないわよね。

情くん

そそそ、そうですよねっ!!
つっ、続きなんですが、その三社様からそれぞれこんなリクエストを受けたんです。

  • 調剤薬局様…薬の在庫管理を改善したい
  • カラオケチェーン様…購買意欲を高める仕掛けをして、フードの売上を上げたい
  • 製造業様…保守点検を効率化したい

千差万別でしょう?
だから僕としては解決方法はそれぞれ異なるんじゃないかと思うんですけど、門田先輩は「現場の業務を変革したいという共通点があるからARがいいかも!」って言うんです。…どういうことでしょうか?

宇佐美マネージャー

なるほど、さすが門田さんだね!
ARが活かせそうなシーンばかりじゃないか。

情くん

えーっ、そうなんですか?

宇佐美マネージャー

では順番に説明するとしよう。
そもそもARとはどんなものか知っているかい?

情くん

ハイッ、もちろん勉強してきました!

ARとは
Augmented Realityの略で、日本語では拡張現実という意味。
人間の感覚(五感)で得られる情報(現実)に、ICTを用いて得られるデジタル情報を重ね合わせて人間の感覚を拡張・強化する技術。

図 : ARとは

宇佐美マネージャー

そのとおり!ARはいろんなシーンでの活躍が期待されているんだよ。
既にBtoCの分野ではだいぶ多くの事例があるんだ。自分の画像に服を重ねて表示することで擬似的に試着を体験できるものや、部屋の画像に家具を重ねて、サイズ感やレイアウトを確認したりね。
こうしてARが普及してきた背景には、スマートフォンやタブレットPCなどのスマートデバイスやカメラ、GPSなどの技術が進展してきたことがあるんだ。

土屋さん

ARを実現するにはいろんなアプローチ方法があるのだけど、代表的な3つの認識方法を紹介しますね。

図 : AR 代表的な3つの認識方法

情くん

試着体験ができるやつはネットのニュースで見たことあります!
じゃあ、BtoBの分野ではどんな状況なんでしょうか?

宇佐美マネージャー

それこそが門田さんが言った「現場業務の変革」だよ!
ARはBtoBの分野では、「現場業務をスピードアップし、ワークスタイルを変革する」という価値を生み出すことができるんだ!

情くん

な、なんかすごそう…!
具体的に教えてくださいっ!

宇佐美マネージャー

よーし、ここからが本番だ!
そうだな、例えば情くんがヒアリングに行ったという製造業のお客様を例にとって考えてみようか。確か「保守点検業務を効率化したい」という相談だったよね。それならARを使ってこんなふうに解決するのはどうだろう?

図 : 利用シーン例 工場の保守点検業務

情くん

ハ、ハイテク…!
こんな解決方法があるなんてびっくりです!

土屋さん

調剤薬局のお客様の 「在庫管理を改善したい」という課題なら、こんなふうに解決できるんじゃないかしら。

図 : 利用シーン例 薬の在庫管理

門田先輩

うちの会社にお客様先でシステム保守をするCEがたくさんいるんですけど、機器のマニュアルが重くて持ち歩くのが大変みたいなんですよ。それも、点検対象の機器にタブレットをかざすとマニュアルが表示されるようにしたら解決できないかしら?

宇佐美マネージャー

目のつけどころがいいねぇ、門田さん!
さて、情くんはどうかな?ARは特に、今までICTの利用があまり進んでいなかった分野での活用も期待されているんだよ。

情くん

ハイハーイ!ボクも思いついちゃいました!
「フードの売上を上げたい」って言ってたカラオケチェーン様には、メニューにスマホをかざすと料理が3D表示される仕組みはどうでしょう?カラオケって大人数で行くことが多いからフードの量が重要だと思うんですけど、紙のメニューじゃ意外に分からないんですよね。

門田先輩

あら、いいじゃない!そういうお客様目線の発想が大事よ。

情くん

いや~、ラーメンも「大盛り」「中盛り」が店によってけっこう差があるんで、注文する前に量が分かるといいなーって前から思ってたんですよ~。

門田先輩

ラーメン基準だとよく頭が回るみたいね…

ARはミドルウェアで実現!待望のデモ、お見せします

情くん

すごいな~、AR!
いったいどうやって実装するんですか?どんな仕組みなのか見当もつかないよ~。

宇佐美マネージャー

ゴホン、それではお教えしよう。
ここまでであげてきたような現場業務の変革を実現するのが、富士通のミドルウェア AR統合製品 FUJITSU Software Interstage AR Processing Server(インターステージ エーアール プロセッシングサーバ) だ!
このInterstage AR Processing Serverのポイントは、業務システムやその中のデータと連携できるということなんだ。AR専用のコンテンツや情報を用意するのではなく、既存のデータを取得し、現場で得られるデータをその場ですぐ追加することで、現場の業務プロセスそのものを変革していく…
これが、富士通のInterstage AR Processing Serverの特長なんだ!

図 : 現場の業務プロセスそのものを変革するInterstage AR Processing Server

土屋さん

Interstage AR Processing Serverには3つの特長があるんです。

特長1 ARマーカーにスマートデバイスをかざすだけ!

  • 作業内容・手順など、状況に応じたコンテンツを取得。
  • 同じARマーカーでも、作業内容や利用者に応じて表示するコンテンツを切り替え可能。
  • 作業現場がオフライン環境でも必要な情報を表示可能。

あらゆる業務・ユーザ・環境に対応!

特長2 現場に強い!ARマーカー

  • ARマーカーを認識することで、モノや位置を特定。
  • 業務利用に最適なマーカー認識型を採用。(マーカーレス認識型より読み取りやすく、位置認識型より位置の精度が高い)
  • 業務での使用に耐えうる高い認識精度・速度を実現する富士通独自のARマーカー(特許出願済)

暗所や屋外など過酷な現場でも利用可能!

特長3 直感的な操作でかんたんにデータを登録

  • 現場での ノウハウ、気づきといった情報を、テキスト・手書きメモ・図・写真などで登録可能。
  • スマートデバイスならではの直感的な操作で、誰でも簡単にデータを登録可能。

ノウハウや気づきを現場全体で共有!

門田先輩

業務システムとの連携、現場業務の変革、富士通独自…!
お客様への大きなアピールポイントになりますね。

情くん

Interstage AR Processing Serverはマーカー認識型を採用しているんですね。
暗所や屋外でも利用可能…。そっか、特に点検業務なんかに使う場合は、必ずしも明るい場所にマーカーを設置できるとは限らないですもんね。

宇佐美マネージャー

そのとおり。
どんな現場でも使えるよう、富士通のARマーカーにはこんな工夫がされているんだよ。

arマーカー

(特許出願中)

  • 照度・距離・手ブレに強い!
  • 任意の素材に印刷可能!
  • 誤り補正機能搭載!
  • マーカーの最小サイズは2~2.5cm四方から!
土屋さん

富士通では、沼津工場の保守点検業務にARを導入して実践しているんです。
その結果、こんな効果が得られたんですよ!

図 : 富士通沼津工場 保守点検業務へのAR導入効果

情くん

すごい効果が出てるんですね!
先輩、これ製造業のお客様の要件にぴったりですよね!

門田先輩

そうね!
ではそろそろデモンストレーションを見せていただきたいな~なんて…

宇佐美マネージャー

了解!では土屋さんの出番ですね。

情くん

待ってました~っ!

土屋さん

大変長らくお待たせいたしました!
それではこちらへどうぞ~!

門田先輩

とっても面白いデモンストレーションでした!
いろんな活用方法が考えられそうです。ありがとうございました!

情くん

宇佐美マネージャー、ARってたくさんの可能性があるんですね。

宇佐美マネージャー

そのとおり!応用範囲は無限大だよ。
そして、AR導入の効果を得るには、それぞれの利用シーンに合った設計が必要なんだ。現場業務を変革するために「何を」「どのように」表示・入力させるか、個別にデザインしていくんだね。富士通ではもちろん、そのプロセスもサポートするよ!

情くん

あんなシーンにもこんなシーンにも使えそうだなぁ…。
今日は本当にありがとうございました。明日からさっそく提案の準備に取りかかります!

一週間後!情くんのデモ、評判はいかに?

宇佐美マネージャーと土屋さんからARとInterstage AR Processing Serverについて直伝を受けた情くん。
早速お客様をnetCommunityにご招待し、提案とデモンストレーションをすることになりました!

調剤薬局のお客様

調剤薬局様の反応は…

こんな解決方法があるなんて!
在庫管理の悩みを解決できそうです。

カラオケチェーンのお客様

カラオケチェーン様の反応は…

AR、面白いですね!
ゆくゆくはカラオケ機にも取り入れられないかなぁ。

製造業のお客様

製造業様の反応は…

いやぁ、デモンストレーションがすごく良かったですよ。
ウチの機械の保守点検業務にピッタリだ!

門田先輩

おつかれさま。
三社とも好感触だったわ!よくがんばったわね。

情くん

いえいえ、システム営業としてトーゼンですっ!
じゃ、これからラーメン屋行ってきま~す!

門田先輩

ちょっと、昼休みもう終わってるわよ!

情くん

違いますって、ARの営業に行くんですよ~。
カラオケチェーン様に提案したのと同じ仕組みを行きつけのラーメン屋さんに売り込もうと思うんですよ!これで盛りの大きさが確認できるでしょ?
さ・ら・に!アプリを操作してトッピングを選ぶと3D映像の上に卵やもやしが追加されて"盛り感"を確認できるという画期的な…(以下略)

門田先輩

あっそ、勝手にがんばってくれば…。。
…いや、意外にイケるかも!?
ちょっと、私も行くから待ってってば!!

すごいところ1

ARマーカーにスマートデバイスをかざすだけ!状況に応じたコンテンツを取得。

すごいところ2

富士通独自のARマーカー。現場で使える認識精度・速度を実現。

すごいところ3

直感的な操作でかんたんにデータを登録。

詳しく見る

情くんのチャレンジは続きます。次回をお楽しみに!

富士通IDをお持ちの方に壁紙&LINEで使えるスタンプ画像をプレゼント!

コンテンツ監修者=富士通のエキスパートをご紹介!

富士通株式会社 統合商品戦略本部 ソフトウェアビジネス推進統括部 ミドルウェアプロモーション部 マネージャー 宇佐美 和紀

富士通株式会社
統合商品戦略本部 ソフトウェアビジネス推進統括部 ミドルウェアプロモーション部
マネージャー 宇佐美 和紀

スマートデバイスで"現場"の業務を変革する新たなワークスタイルを、「FUJITSU Software Interstage AR Processing Server」が実現します。
情くんと門田先輩がお客様に提案しようとしているのは、実現できることの一例に過ぎません。富士通は最先端の技術で、お客様の現場業務変革をお手伝いします。ARで実現するさまざまな可能性に、ぜひご期待ください。

富士通株式会社 統合商品戦略本部 ソフトウェアビジネス推進統括部 ミドルウェアプロモーション部 土屋 佳織

富士通株式会社
統合商品戦略本部 ソフトウェアビジネス推進統括部 ミドルウェアプロモーション部
土屋 佳織

ARのデモは、実際にnetCommunityでもご覧いただくことができますが、情くんがタブレットを持って全国のお客様の元へ馳せ参じる日も近いかもしれませんね。
「現場でこのデータが活用できたらいいのに・・・」という声を聞いたら、ARを思い出してください。見えない情報を見える化してお客様の業務を効率化するご提案がきっと見つかるはずです。

これまでの連載一覧

【番外編】情くんのユウウツ改めウキウキアフター5は仕事塾!

宇佐美マネージャー、土屋さん、東條館長、嶋本副館長のおかげで、ARをよ~く理解し、お客様に提案できた情くん。
今回も自分にごほうびで、トッピング全部乗せラーメンをすするのであった。

情くん

最近は絶好調だな~。ラーメン屋さんの提案もうまくいくといいけど。
そうだ、マスターにも何か提案できないかな~?ヒアリングしに行ってみよう!

マンガ : マスターと情くんの会話

帰り道、情くんは「本質博士の仕事術」のページをひらくのだった…。

情くん

これこれ、第10回「ソリューションアプローチ」。
「経営者やビジネスマンが「顧客の要件」に正面から向かい合い、オールインワン・ワンストップで対応する「ソリューションアプローチ」の方法を説明します。」か。
これって門田先輩はいつもやってることだよな。ボクも知らない間にできるようになってたなんて…。
よーし、もっときちんと身につくようにマンガで復習しておこう!

詳しく見る

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)