このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. サーバ >
  4. その課題、情くんにおまかせ! - マンガで解決、ITあるある - >
  5. この物語について >
  6. 第4話 : 「データ激増!テープバックアップはもう限界!どうしよう??」を解決せよ!

第4話 : 「データ激増!テープバックアップはもう限界!どうしよう??」を解決せよ!

門田先輩情くんは(株)まるさんかくばつシステムズのシステム営業マン。お客様システムの課題解決のため、コンビで東奔西走しています。新人の情くんは課題の読みが甘くて、システム営業10年目の門田先輩にどやされっぱなしの日々。

さて、今日の訪問先は証券会社様。増え続けるバックアップデータとその管理にシステム担当者様はてんてこまい。2人が駆けつけるとテープが山のように保管されていて…?

掲載日: 2012年6月8日

お客様

証券会社様

現行
システム

バックアップをテープで行っている

お悩み

  • テープバックアップ運用が大変!
  • テープメディアが増加して保管場所もない!
  • 遠隔地へのデータ保護のコストも膨らむ

マンガ : お客様のITあるある課題のヒアリング

富士通IDをお持ちの方に壁紙&LINEで使えるスタンプ画像をプレゼント!

門田先輩の「まずはお客様の課題の整理からはじめるわよ!」

情報爆発!データ量は増えていくばかり 「重複排除」でいいことずくめ! テープと重複排除技術搭載ディスク、どちらがお得?導入は?

情報爆発!データ量は増えていくばかり

お客様

見てください、このテープの山!
しかも、今後も法令への対応のために保存しておかなければならないデータが増える見込みなんです。

門田先輩

今は「情報爆発」とも形容されるほどデータ量が増大しているんです。
その増加率は年平均で47.4%になると予測されています。

図 : 「情報爆発」のイメージ

情くん

5年後には7倍!?
ということは10年後には、えーっと。。

門田先輩

規模や業種に関わらず、バックアップは企業の重大な課題になってきていると言えます。

お客様

どうしよう!そんな勢いでデータが増えたら、今のバックアップのやり方じゃあとてもやっていけないです~~~!
今やってる災害対策のための遠隔地へのデータ保護も輸送費や倉庫代などのコストもさらに膨らみそうだ。

「重複排除」でいいことずくめ!

情くん

情報爆発にどうやって対応したらいいんでしょう?

門田先輩

その方法のひとつが先程言った「重複排除」よ。「デデュープ」または「デデュプリケーション」とも言われるわ。同一の内容のデータを格納せず、差分データだけを格納することでディスクのデータ容量を削減する技術なの!
詳しくはこちら : 重複排除とは

図 : 「重複排除」の仕組みのイメージ

情くん

デ、デ、デ、デデュプリケーション???

門田先輩

「デ」が多い!
ビジネスで使われているデータは、とても重複部分が多いんです。
例えばお客様、作りかけの資料って、修正するたびにコピーして別名で保存したりしませんか?

お客様

あー、そうそう。前のバージョンに戻れるようにすぐコピーしちゃうんですよね~。でも実際は、ほとんど差分がなかったりするんですよね。

門田先輩

ですよね~。版数管理するとデータってどんどん増えちゃうんですよね。
あとメールの添付ファイル!これも宛先の数だけデータのコピーが増えちゃうんです。

図 : データのコピーが増えていくイメージ

情くん

ビジネスで使うデータって重複してるものが多いですね~
…あっっ、だから「重複排除」なのか!!

門田先輩

そのとおり!バックアップ方法には、大まかにいって下記の3種類があるわ。情くん、この中でお客様に最適な方法はどれだと思う?

図 :お客様に最適なバックアップ方法

情くん

えっと~~、この流れでいくと、答えは見えて。。。まずお客様の悩みを整理すると、バックアップ運用が大変!テープメディアが増加して保管場所もない!だよなぁ。となると運用管理負荷を軽くできるディスク!ディスクは容量単価がテープより高くつくけど、重複排除技術によりバックアップ容量が削減できるから…
ここはパターン3、重複排除をファイナルアンサーでお願いしますっ!!

門田先輩

正解よ!
ディスクバックアップで運用の負担を軽減しつつデータ容量削減を実現できる、重複排除技術搭載ストレージ製品が今回は最適です。
製品は 富士通のストレージシステム FUJITSU Storage ETERNUS CS800 S6 デデュープアプライアンス をオススメします!
ETERNUS CS800 S6 デデュープアプライアンスなら、データの重複を排除したあと更に圧縮してデータを保存するので、バックアップデータを90%以上削減(注1)でき、ディスク容量も大幅に節約できます!
(注1) 一般的な企業データを毎週フルバックアップ、毎日差分バックアップした場合の削減率

ETERNUS CS800 S5 デデュープアプライアンス
シュナウBarのマスターも注目!

なるほど、重複排除とはよく考えられた技術ですなぁ。
ETERNUS CS800 S6 デデュープアプライアンス 製品詳細はこちら

マスター
お客様

90%も!?
それはすごい!「デデュープ」ってすごいですね~、いいことずくめだ!

情くん

やだなぁお客様、「デジュープ」ですよ「デジュープ」。
あれ、「デリュープ」でしたっけ??

門田先輩

いや、どっちも違うから。。ムリしないで日本語にしなさい。「重複排除」に。。

テープと重複排除技術搭載ディスク、どちらがお得?導入は?

情くん

重複排除、たしかにスゴいんですけど、なんか高そうな製品ですね~。

お客様

確かに…。。実は、このままテープバックアップを続けるとしたら、そろそろテープメディアの新しい保管場所を確保しなければならないんですよ。でも場所にも当然費用がかかるし、運用にも相変わらず時間をとられ続けるだろうし…
このままテープ運用を続けるのとディスクを導入するのとどっちがおトクなんでしょう?

門田先輩

こちらをご覧ください!テープ運用を続けた場合と、重複排除技術搭載ディスクを導入した場合、それぞれ5年後の積算費用の比較です!
重複排除技術搭載ディスクの初期導入費用はかかりますが、導入後は運用費用が抑えられるし、しかも保管場所にかかる費用はまるまる無くなるわけですから、トータルでみればかなりのコスト削減が期待できますよ!
もちろん費用だけでなくお客様の運用作業の負担も減りますから、その分他の業務に注力していただけます。

図 : 5年後の積算費用の比較イメージ

お客様

なるほど~。テープって思っている以上に運用にコストも手間もかかっていたんですね。
あと導入はどうなんでしょう?テープからディスクに変わるんで、色々手間がかかるんじゃないですか?

門田先輩

ご安心ください!導入が簡単なのも ETERNUS CS800 S6 デデュープアプライアンス の特長のひとつです。
既存テープライブラリを ETERNUS CS800 S6 デデュープアプライアンス に入れ替えるだけOKで、接続・設定の際に手間のかかる作業はありません!

お客様

バックアップ方式まで変更しなくていいとは!
まさに求めていた製品です!さっそく見積もりお願いします!

門田先輩

デデュープ」、やっとちゃんと言えるようになったみたいね。。

すごいところ1

ディスクバックアップでテープメディア管理から脱却!運用の負担を軽減します。

すごいところ2

データ重複排除でバックアップデータを90%以上削減!ディスク容量を大幅に節約し、バックアップ時間も短縮。

すごいところ3

運用費用が抑えられるためコスト削減が期待できます。しかも既存テープライブラリを置き換えるだけの簡単導入。

すごいところ+α

本編では紹介できませんでしたが、CS800 S5は遠隔地レプリケーション機能も備えています。 転送データ量を大幅に削減できるため低コスト回線(100Mbit/s)が利用可能です。

詳しく見る

導入後

マンガ : 課題解決後

情くんのチャレンジは続きます。次回をお楽しみに!

富士通IDをお持ちの方に壁紙&LINEで使えるスタンプ画像をプレゼント!

コンテンツ監修者=富士通のエキスパートをご紹介!

ストレージシステム事業本部 ストレージインテグレーション統括部 大関 禎之 顔写真

ストレージシステム事業本部    ストレージインテグレーション統括部
大関 禎之

私は、ETERNUSのプロモーションを担当させて貰っています。 今回ご紹介させていただきました「重複排除ソリューション」はストレージ管理者の方の「バックアップやデータ保護」といった課題解決に、シンプルかつ最適なソリューションとして、間違いなくお客様業務にお役立ていただけるものと思っています。
また、お客様に本装置の操作性や効果をご実感いただけるよう貸出し機やデモ環境をご用意しています。是非、弊社営業までお気軽にお声掛けいただければと思います。

これまでの連載一覧

【番外編】情くんのユウウツアフター5は仕事塾!

サーバについてはちょっと詳しくなったけど、ストレージはちんぷんかんぷんだった情くん。
先輩の巧みな提案を思い出しつつ、今日も情くんは夜の街でヤケラーメン中なのであった。

情くん

しかも「デデュープ」言い間違えてたし…。。。ボクも早くお客様から

お客様

まさに求めていた製品です!さっそく見積もりお願いします!

なんてに言われてみたいな~! ハァ…。今日もマスターに話を聞いてもらおう…。

マンガ : マスターと情くんの会話

最近はいつも「本質博士の仕事術」を持ち歩いている情くん。見覚えのあるページを探して本をひらいてみると…。

情くん

えーと、これだな!第4回「データ・情報・知識・知恵」。
『「ナレッジ」とは個人や組織が持っている「データ」「情報」「知識」さらには「知恵」と言った「知的資産」の総称である。ナレッジは下図の循環を経て進化し活用される。』

図:「データ・情報・知識・知恵」

う~~~ん、4つの要素は具体的にどう違うんだろう?それにボクはどこまで到達できてるのかなぁ? 今回もマンガで読むぞ~!!

詳しく見る

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)