Fujitsu

K5 Playground

K5 Playground × CF Webハンズオン

ハンズオン教材
K5「CF」管理者機能 ※30日間トライアルおよび有償契約のお客様向け

  • 前へ
  • 8. K5「CF」管理者機能 ※30日間トライアルおよび有償契約のお客様向け
  • 次へ

8.1. CF利用開始時のサービス利用設定

本ハンズオンでご利用いただいた実行環境は、前もってご用意させていただいた実行環境をご利用いただいております。
30日間トライアルおよび有償契約のお客様には、事前に管理者用のポータル画面より、「サービス利用設定」を実施していただく必要がございますので、本教材を参照の上「サービス利用設定」を実施してください。

1. K5ポータルへログイン

K5ポータルへアクセスしてください。
https://s-portal.cloud.global.fujitsu.com

「Login」をクリックしてください。

「契約番号」・「管理者権限のあるユーザー名」・「パスワード」を入力して、「ログイン」をクリックしてください。

指定したユーザーでログインできていることを確認してください。

2. 実行環境の割り当て

「サービス」から「アプリケーション開発/実行基盤」をクリックしてください。

実行環境を割り当てるリージョンを選択してください。

下へスクロールし、サービスメニューのCFをクリックしてください。

割り当てるビルドパックの「サービス利用設定」をクリックしてください。

実行環境を割り当てるスペースを選択してください。

  • 新規スペースに割り当てる場合
  • 新規スペース作成にチェックを入れてください。

    任意のスペース名を入力してください。
    本教材では、「cf-test」と入力しています。

  • 既存のスペースに割り当てる場合
  • 既存のスペース選択にチェックをいれてください。

    既存のスペースを選択してください。

料金プランを選択して下さい。

「利用開始」をクリックしてください。
「利用開始」をクリックすると、実行環境の割り当ては完了です。

「利用開始」をクリックすると、以下の画面へ遷移します。

3. 実行環境の確認

「CFグループ」の「>」をクリックしてください。
本教材では、「jp-east-2」に割り当てを行ったため、「CFグループ(jp-east-2)」の「>」をクリックします。

表示されたサブサービスグループを選択してください。

サービス名称の「CF」をクリックしてください。

割り当てを行ったスペース名をクリックしてください。

利用設定を行った「ビルドパック」が用意されていることを確認してください。

以上で、「K5「CF」管理者機能 ※30日間トライアルおよび有償契約のお客様向け」は終了です。

  • 前へ
  • 8. K5「CF」管理者機能 ※30日間トライアルおよび有償契約のお客様向け
  • 次へ

Japan

国・地域を変更

ページの先頭へ