効率的なアプリケーション開発やサービスリリースを実現
「コンテナアプリ開発・保守基盤利用サービス」

コンテナ基盤の構築・運用・保守を富士通が担う、OpenShiftを活用したコンテナ管理サービスです。

「コンテナアプリ開発・保守基盤利用サービス」を使ってできること

  • コンテナの複数起動やオートスケールが可能
  • インフラ管理者の管理負担軽減による、効率的なアプリケーション開発やサービスリリースが可能

特長

  • コンテナ基盤の設計・構築・運用を支援

    OpenShiftの環境に対し、コントロールノードおよびアプリケーションノードの生存監視、ならびにメンテナンス(OS、OpenShiftへの重要なセキュリティアップデート、重大なバグ修正に伴うアップデートの適用等)を当社の専門部隊が実施します。

  • 構築済コンテナ実行環境の提供

    ご利用環境の提供後、ハードウェア/OpenShiftの調達、ハードウェア設置と構築、Openshiftの導入と設定は一切不要で、すぐに開発やサービスリリースを実施いただけます。

  • エンタープライズ利用に対応する業務継続性

    OpenShiftのコントロールノードの冗長化や、東日本/西日本のデータセンター間の災害対策構成(注1)により、万が一のトラブル、災害発生時にもお客様のサービスが止まることなく稼働可能です。

    • (注1)
      今後提供予定

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloudに関するお問い合わせ・ご相談

このページの先頭へ