このページの本文へ移動

DaaS(仮想デスクトップサービス)

仮想デスクトップ(シンクライアント)環境の導入から運用までをサービスとしてご提供します。

富士通データセンターに設置されたお客様のオフィス環境をいつでも、どこでも、どんなデバイスからでもご利用いただくことができます。

クライアント環境にはOSやアプリケーションを搭載せず、ネットワーク経由でクラウド基盤上の仮想デスクトップ環境を利用することによって、オフィスだけではなく、外出先や自宅でもオフィスと同様の業務環境を実現します。

富士通クラウドは、DaaS基盤で仮想デスクトップ環境にオフィスや外出先、自宅等から利用できる環境を実現。パソコンにデータを持たないため高セキュリティであり、どの端末からアクセスしても同じ業務環境のため生産性向上を実現。IT管理者は一元管理を行い、運用管理工数を削減。クラウドサービスのためスピード導入、月額サービス化が可能。

業務データは一切パソコン上に持たないため、持ち出しパソコンやUSBデータの持ち出し等の情報漏えいリスクを大幅に軽減します。

またクラウド型で提供することにより、シンクライアント環境の運用管理(トラブル対応、監視、利用者追加等)も富士通で実施するため、IT管理部門の運用工数を削減します。

仮想デスクトップサービスのメリット

仮想デスクトップサービスには、主に以下のようなメリットがあります。

(1)仮想デスクトップだから・・・

  • 場所を選ばず業務を行えるパソコン環境を用意することができ、生産性が向上
  • 情報漏えいリスクの低減・不正アクセスやウイルス対策が可能となり、セキュリティ対策を強化

(2)クラウド型だから・・・

  • あらかじめ用意されたシンクライアント基盤を利用することにより、スピード導入を実現
  • 導入コストを含めた月額化で、コストの平準化・初期費を抑制
  • IT部門の運用管理工数を削減

ワークプレイス -LCMサービス(注)

富士通では、仮想デスクトップサービスを「ワークプレイス -LCMサービス」で提供しています。
仮想デスクトップだけでなく、パソコンや複合機など、エンドユーザのIT環境をライフサイクル(調達、展開から運用、撤去、廃棄まで)について、メーカー、機種を問わずグローバルレベルでトータルサポートします。

パソコンなどのインフラ提供や、サービスデスク、メールなどのコラボレーションサービスなどを組み合わせて、お客様に最適なサービスをワンストップで提供できる、IT機器の運用経験が豊富な富士通ならではのトータルサポートサービスです。

  • (注) LCM:ライフサイクルマネジメント

導入事例

「キク子とトク夫の聞けば得するIT話-キクトク情報室」第3回「『ナイ』に魅力アリ!話題のシンクライアント」詳しくはこちら

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)