このページの本文へ移動

FUJITSU ビジネスアプリケーション FAX配信サービス

FAX配信サービスはお客様のあらゆるビジネスシーンを支援します。

SCM(サプライチェーンマネジメント)(注1)EC(エレクトロニック・コマース)(注2)が普及すればするほど、その活動を補完するメディアとして、身近なFAXの戦略的な利用が求められるようになっており、本サービスはFAX配信するためのサーバ設備及び仕組みをお客様が用意すること無くアウトソーシングして頂くためのサービスです。これによりお客様は、初期投資を極力抑えてFAX配信機能を利用することができます。

サービス構成図:FAX配信サービス

特長

お客様基幹システムからの電子データを相手先へ手軽にFAX配信いたします。

相手先企業がEDI端末を設置することが困難でもFAXだから容易に展開できます。

相手先企業の既存FAXを使って提案できるから初期設備投資、オペレーション、設置スペースなどの問題を気にすること無くお客様は展開提案が可能です。

お客様基幹システムで作成したEDIデータをセンターへ送信するだけでFAX送信します。

お客様は基幹システム上で作成したEDIデータを使い、相手先FAX番号などを付加するだけで国内はもちろん、海外でもFAX送信します。

アウトソーシングだからFAX配信するためのシステム運用等から開放されます。

お客様InBの中にFAX配信をするためのシステムを構築することなくアウトソーシングできるから日々の運用が楽で、基幹システム側の運用にSE要員を集中できます。

サービス内容詳細はこちら

用語解説

[注1] SCM(サプライチェーンマネジメント)
企業活動の管理手法の一つ。取引先との間の受発注、資材の調達から在庫管理、製品の配送まで、いわば事業活動の川上から川下までをコンピュータを使って総合的に管理すること。
[注2] EC(エレクトロニック・コマース)
インターネットなどのネットワークを利用して、契約や決済などを行なう取引形態。