富士通

Sun Fire E6900

S series(Sシリーズ)本体装置は、(2008年12月に)販売終息いたしました。
なお、本製品の後継製品は、SPARC Enterpriseとなります。

各モデルの詳細につきましては、「今までに発表した製品」をご参照ください。

最大24CPUまで拡張可能なハイアベイラビリティサーバ

Sun Fire E6900は、64bitプロセッサ「UltraSPARC IV+」を24個搭載可能なハイエンド・クラスのサーバです。
大容量のデータベースやサーバ統合のための設置面積を削減するとともに、ミッションクリティカルなアプリケーションに求められる高次の柔軟性と可用性を提供します。
また、動的物理分割機能(Dynamic Domains)による多重化された障害回避機能により、今までとは全く違った次元で資源を最適化しIT投資を保護します。

UltraSPARC IV+は、CMT(Chip Multithreading Technology)アーキテクチャ(注1)を採用したUltraSPARC IVプロセッサを大幅に機能拡張しています。2次キャッシュメモリのオンチップ化、大容量3次キャッシュメモリの搭載、RAS機能の強化などにより、さらに優れたアプリケーション性能を提供いたします。

Sun Fire E6900は、同一システム内でUltraSPARC IV+, UltraSPARC IVとUltraSPARC III Cuプロセッサを混在して各々の周波数で動作させることが可能であり、かつてないIT投資保護に寄与します。

Sun Fire E6900は、ミッションクリティカルなアプリケーションに要求される高可用性を備えた、新世代のミッドフレーム・サーバです。

Sun Fire E6900の機能

  • UltraSPARC IV+を最大24個搭載可能、同時に最大48の演算スレッドを実行
  • Sun Fire 4800, E4900, 6800, E6900, 12K, 15K, E20K, E25Kで共通に利用できるホットスワップ対応CPU/メモリボードが、無駄のないIT投資を実現
  • ハードウェアの完全冗長化、エラーを回避する動的物理分割機能(Dynamic Domains)、動的再構成(DR:DynamicReconfiguration)などによる、高可用性の提供
Sun Fire E6900 仕様一覧
CPUプロセッサ(注2) UltraSPARC IV+
クロック 1.8GHz, 1.95GHz
CPU数4~24CPU
実行スレッド数 8~48(1プロセッサあたり2)
キャッシュメモリ 1次(内蔵):128KB(命令)+128KB(データ)
2次(内蔵):2MB
3次(外部):32MB
メインメモリ1.8GHzタイプ:最大384GB
1.95GHzタイプ:最大192GB
I/Oスロット最大32(PCI/PCI-X)
外形寸法
(突起物含まず)
幅×奥行き×高さ:610mm×1346mm×1905mm
質量544.3kg
最大消費電力/皮相電力9120W/9600VA
最大発熱量32833kJ/h
エネルギー消費効率
(注3)
1.8GHzタイプ:省エネ法対象外装置
1.95GHzタイプ:省エネ法対象外装置

注1)CMT(Chip Multithreading):1つのCPU内に複数の実行スレッドを装備することで、同時に実行出来る処理を増やし、システムのスループットを向上させるアーキテクチャ。
注2)UltraSPARC IV+とUltraSPARC IVとUltraSPARC III Cuを混在可能。
注3)エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。