PRIMESERVER

 WORLD
TITLE

本製品は販売を終了しております。現在販売している製品については、製品ラインアップをご覧ください。


S-7/ClusterPDB


【主な特長】


FUJITSUS-7/ClusterPDBシリーズは、UltraSPARCを搭載した2ノードクラスタのパラレルデータベース(PDB)サーバです。 システムが二重化されているため各ノードの性能を越えた処理性能を提供し、また、万が一の障害の時も障害を修復検知、 分離/修復機能により個々の障害を修復することが可能です。 ディスクには25MB/sの転送能力を持つファーバチャネルで接続されたディスクアレイ装置を使用しており、ディスク障害によるデータ損失 からお客様の大切なデータを守ります。ノード間接続は新たに採用されたクラスタチャネルで接続されています。 FUJITSU S-7/ClusterPDBシリーズはS-7/7000Uのモデル300、400、500、600をベースにした4タイプを提供致します。 データウェアハウス、オンライントランザクションプロセッシング(OLTP)や意志決定支援システム(DSS)などに最適なシステムをお客様のニーズに合わせてご構築頂けます。
■FUJITSU S-7/ClusterPDBの構成品
・167MHz/250MHz UltraSPARCチップ
・256MB〜26GBメモリ
・CPU/メモリボード
・SBusI/Oボード ・ディスクボード
・パワー/クーリングモジュール
・クラスタチャネル
・ファイバーチャネル
・ターミナルコンセントレータ
・コンソール
・ディスクアレイ装置
・CD-ROM装置
・Solaris2.5.1
・PDBソフトウェアパッケージ
・データサービスモジュール等
構成はモデルにより異なる。
■オプション
・1/4CMT装置(圧縮時平均2.5GB)
・8mmテープ装置(圧縮時平均14GB)
・8mmテープライブラリ(圧縮時平均2.5GB)
・DAT装置(圧縮時平均4〜8GB)
・DATオートローダ(圧縮時平均16〜32GB)
・DLT装置(圧縮時平均20〜40GB)
・DLTオートローダ(圧縮時平均140〜280GB)
・増設SCSI/バッファドEthernetボード*
・FastEthernetアダプタ*等
*Sbusスロットを使用

[戻る]