このページの本文へ移動

Windows展開サービス(WDS)による大量展開ソリューション

~Windows Server 2008 Beta版 移行・導入・運用の豆情報~

大量展開とは?

企業におけるクライアントコンピュータのキッティング作業、教育現場におけるコンピュータ実習環境の構築などでは、多数のコンピュータを同じ構成で何回もインストールする必要があります。こうした場面で、1台1台、手作業で対応していたのでは、膨大な時間がかかる上に、設定ミスの可能性もあり非効率です。

そんなシチュエーションで救世主となってくれるのが、大量展開ソリューションです。大量展開ソリューションは、雛形とするコンピュータを元にマスタイメージを作成し、それをネットワーク経由で展開することで、展開作業のコスト削減を実現するものです。

図1 大量展開ソリューションによる展開作業の変化

大量展開の課題に対する、マイクロソフト社の提供する「答え」とは

Windows OSの一機能として提供されるWindows展開サービス (WDS) が、マイクロソフト社が提供する大量展開ソリューションです。
本機能はWindows Server 2003 SP2で実装され、さらに改良を加えてWindows Server 2008に実装されています。この機能の前身はWindows 2000時代からRIS (Remote Installation Services) の名称で知られているものです。

富士通では、大量展開ソリューションとしてSystemcastWizardを提供していることもあり、Windows Server 2008先行評価の取組みの中でも、早くから本機能に注目してきました。以下、弊社での先行評価で見えてきた3つのポイントについて記載します。

Windows Server 2008 WDSを斬る! ~3つのポイント

ポイント1 導入のし易さ

WDSの魅力は、なんといっても追加ソフト購入をしなくて済むということでしょう。WDSでは、Windows Server 2008、Windows Vistaといった最新OSの展開が可能です。Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000といったレガシーOSについても手間は多少かかりますが、以前の展開イメージ(RISイメージ)を、WDSでサポートするイメージ形式(WIM形式)に変換することで展開が可能です。

ポイント2 構築のし易さ

WDSサーバの構築そのものは、ウィザードに従って設定するだけの、極めて簡単なものです。ただし、WDSの動作要件としてActive Directory、DNS、DHCPが必要となります。 元々Active Directory環境が整っているお客様環境ではWDSの導入は容易と言えますが、Active Directory環境がないところでは多少敷居が高くなります。

ポイント3 使い易さ

大量展開の運用性を語る上で、『いかに展開時に人手を煩わせないか』が重要なポイントです。
WDSでは、応答ファイルを利用することで無人インストールの実現が可能です。応答ファイルの作成には、専門知識が必要ですが、これに対し、マイクロソフトは応答ファイルの作成支援ツールとしてWindows System Image Manager (注1) を無償ダウンロード提供します。このツールを使えば、一から応答ファイルを作成するといった手間が削減できます。ただ、インストール区画サイズを変更するなど、細かなカスタマイズを行うには、やはり専門の知識が必要となります。
また、WDSで展開を行う場合、クライアントの電源投入やBIOS、RAIDの構成といったハードウェア設定は手動で行う必要があります。
なお、WDSでは、展開するOSイメージを作成する際にsysprepというツールで端末固有の情報をリセットする必要があります。したがって、バックアップ・リストア用途には使用できません。

注1)Windows自動インストールキット (Windows AIK) で提供

まとめ

WDSはOS標準機能であるため、追加のソフトウェア購入なしでクライアント / サーバの大量展開が実現できる点が最大のメリットと言えます。ただし、電源投入などで人手を介する必要があるため、物理的に離れた拠点への展開や、大規模な展開には不向きです。各受講者がコンピュータ端末を使用するセミナ環境の構築など、同一拠点での小規模な展開で、そのメリットを生かすことができると考えられます。

富士通の大量展開ソリューションSystemcastWizard (注2) のご紹介

最後に富士通がご提供する、SystemcastWizardによる大量展開ソリューションをご紹介します。

電源制御、ハードウェア設定まで含めた自動展開が可能なSystemcastWizard

SystemcastWizardは、展開時に電源を自動的に投入し、ハードウェア設定、OSイメージ展開を経て、自動的に電源を落とす、といった完全自動化が可能です。また、当社ブレードサーバとの親和性も高く、リモートからマネジメントブレード経由でのハードウェア設定が可能なため、サーバルームに赴くことなく展開作業が遂行できるなど、高い運用性を実現します。なお、ここではサーバへの展開を例として挙げましたが、もちろんクライアントコンピュータの自動展開も可能です。

バックアップ・リストア用途にも使えるSystemcastWizard

SystemcastWizardでは、大量展開ソリューションで利用するイメージング技術を、バックアップ・リストア用途にも活用できます。コンピュータの情報をまるごとイメージとして取得しておくことで、万一の障害時の迅速な復旧に一役買います。

(注2) 本コンテンツではSystemcastWizard Professional V4.0L11をベースに記載しています。

【ご注意】
動作確認したWindows Server 2008は開発段階にあるため仕様変更の可能性があります。

PCサーバ PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)