このページの本文へ移動

Server CoreでのActive Directory構築の工夫

~Windows Server 2008 Beta版 移行・導入・運用の豆情報~

Server Coreとは?

Server Coreとは、Windows Server 2008で新規に追加された、最小構成のサーバ環境をインストールすることができるインストールオプションで、Standard、Enterprise、Datacenter Edition上で利用することができます。

必要最小限のコンポーネントで構成されるServer Coreは、よりセキュアで安定した環境を提供し、OSのセキュリティパッチ等の適用回数を減らすことにもつながります。

さらに、これまでWindowsインターフェースといえばGUI(グラフィカルユーザインターフェース)が基本でしたが、Server Core はCUI(キャラクタユーザインターフェース)が基本となり、操作面で大きな違いがあります。

以下にServer Coreで利用可能な役割・機能を紹介します。

図1 Server Coreの役割・機能

ここがポイント!

  • Server Coreは機能が限定されているため、インストール前に、利用する役割・機能を確認しておくことが大切です。
  • Server Coreでインストールした環境を完全インストール環境にアップグレードすることはできません。完全インストール環境にするには再インストールが必要です。

Active Directoryドメインコントローラを構築してみよう!

Server Coreでの一般的な構築方法

Active Directoryドメインコントローラを構築する場合、Server Coreではdcpromoコマンドのインストールウィザードを起動することができません。代わりに、dcpromoコマン ドでひとつひとつオプションを記述し設定を指定するか、もしくは図2のような無人セットアップファイル(以降、unattendファイル)を用意しておき、dcpromoで指定することとなります。

dcpromo /unattend:<unattendfile>

(注)<unattendfile>は dcpromo.exe 用のunattendファイル名です。

図2 unattendファイルの記述例

ここで構築のひと工夫!

もし、Server Coreとは別に、完全インストールのWindows Server 2008を用意できるのであれば、そのサーバ上で、dcpromoのウィザードを起動し、結果をファイルに出力することができます。そして、Server Coreにそのファイルをコピーし、dcpromoのunattendファイルとして指定すれば、簡単にServer Coreのドメインコントローラができあがります。

図3 dcpromoウィザードによるunattendファイル出力

dcpromoのウィザードでunattendファイルを出力するには図3のウィザード画面で「設定のエクスポート」ボタンを押します。出力されたファイルの中のSafeModeAdminPasswordの部分に、パスワードを記述すればunattendファイルとしてそのまま利用できます。

このようなちょっとした工夫で、Server Coreでのドメインコントローラ構築が簡単にできるとともに、設定間違いを防止することができます。

【ご注意】
動作確認したWindows Server 2008は開発段階にあるため仕様変更の可能性があります。

PCサーバ PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)