PERFORMANCE

富士通テレワークPCの高性能パフォーマンス

Web会議中の投影資料編集などのマルチタスクやデータ分析などの高負荷作業の機会が増えています。富士通が提供するテレワークPCは、省電力性能が高く、より少ない電力でも高い処理性能を持ち、素早い起動や応答性、長時間バッテリー駆動等、ビジネスシーンにおける作業効率化が期待できます。


快適な作業を提供する最新の第12世代インテル® プロセッサーを搭載

高性能第12世代インテルプロセッサー搭載でPシリーズ及びUシリーズは第11世代と比べて約20%のパフォーマンス向上。​負荷の高い複雑な作業も快適に処理できます。

Intel vPro® with 12th Gen Intel® Core™ i7 processor

搭載可能なCPU一覧  
CPUシリーズ CPU型番 LIFEBOOK CELSIUS
U6
シリーズ
U7
シリーズ
U9
シリーズ
U9X
シリーズ
H5
シリーズ
13.3型 13.3型 14.0型 15.6型 13.3型 13.3型 15.6型
12世代
Pシリーズ
Core™ i7-1270P - - - - - -
Core™ i5-1250P - - - -
12世代
Uシリーズ
Core™ i7-1265U - - - - -
Core™ i5-1245U - - - -
Core™ i5-1235U - - - -
Core™ i3-1215U - -
12世代
Celeron
Celeron 7305 - - - - - -
11世代 Core™ i7-1185/1165G7 - - - - - -
Core™ i5-1145/1135G7 - - - - - -

Pシリーズ:高性能スリムノートPC向け(パフォーマンス重視)
Uシリーズ:超薄型・軽量ノートPC向け(消費電力重視)

第 12 世代 CPU は、Pコア(Performance-cores) と Eコア(Efficient-cores ) の 2 種類のコアを 1 つのダイに統合しています。

Pコア(Performance-cores)

物理的に大きなハイパフォーマンス・コアは、効率性を維持しつつ高速化を実現します。
低レイテンシーのシングルスレッド・パフォーマンスと AI ワークロードに最適化されています。

Eコア(Efficient-cores)

物理的に小さく、P-core 1 個分の物理スペースに複数の E-cores が収まっています。
ワット当たりのマルチコア・パフォーマンスに最適化されており、スケーラブルなマルチスレッド性能とバックグラウンド・タスクの効率的なオフロードを実現します。

12世代Pシリーズ(vs 11世代Gシリーズ)性能:Crossmark比較

12世代Pシリーズが
搭載可能なモデル

  i5-1250P i7-1270P
U7312
U7412 -
U7512 -

注)測定条件:Intel vPro® Processor at 28W
表示されているすべてのスコアは、誤差が±5%の推定値(富士通調べ:2022年4月29日)。
ワークロードと構成条件は以下参照。スコアの結果は測定条件によって変化。

ワークロード

・Crossmark : https://bapco.com/products/crossmark/
測定結果を基にした予測値のスコア。予測値:±5%の誤差。
Crossmark :実際のアプリでの測定値(12世代)。

CPU構成

CPUのスぺックはark.intel.comを参照。

プラットフォーム構成

12世代Pシリーズ、PL1=28W、Intel® Dynamic Turing Technology (Intel® DTT)無効、メモリ:LPDDR5-5200MHz、4x8GB、 Storage:Samsung PM9A1 SSD、Display Resolution:1920x1080p、OS:Microsoft Windows 11 21H2-2200.348、 ACバランスモード電源のベンチマーク、Admin モードで実行されたベンチマーク、Graphic:Intel® Xe Graphics、 Graphics driver:30.0.101.1298、BIOS version:0.3031(Intel referenced board)

12世代Uシリーズ(vs 11世代Gシリーズ)性能:Crossmark比較

12世代Uシリーズが
搭載可能なモデル

  i5-1245U i7-1265U
U6 -
U9
U9X

注)測定条件:Intel vPro® Processor at 15W
表示されているすべてのスコアは、誤差が±5%の推定値(富士通調べ:2022年4月29日)。
ワークロードと構成条件は以下参照。スコアの結果は測定条件によって変化

ワークロード

・Crossmark : https://bapco.com/products/crossmark/
測定結果を基にした予測値のスコア。予測値:±5%の誤差。
Crossmark :実際のアプリでの測定値(12世代)。

CPU構成

CPUのスぺックはark.intel.comを参照。

プラットフォーム構成

12世代Uシリーズ、PL1=15W、Intel® Dynamic Turing Technology (Intel® DTT)無効、メモリ:LPDDR5-5200MHz、4x8GB、Storage:Samsung MZ-VI25120 512GB、Display Resolution:1920x1080p、OS:Microsoft Windows 11 21H2-2200.348、ACバランスモード電源のベンチマーク、Admin モードで実行されたベンチマーク、Graphic:Intel® Xe Graphics、Graphics driver:30.0.101.1298、BIOS version:3031(Intel referenced board)

高速データ転送可能な最新のインターフェースThunderbolt™4対応カスタマイズ

転送レートとパフォーマンスの大幅な増加となるThunderbolt™ 4 USB4(Gen3)対応のType-Cコネクタを2ポート搭載できるので快適作業が可能です。外部ストレージと接続し、最大40Gbpsの高速転送が可能で、より高速な読み書きが可能です。

* U9及びU9XはThunderbolt™非対応モデルの選択可能。

サンダーボルトロゴ

サンダーボルトポート

Thunderbolt™4が
搭載可能なモデル
LIFEBOOK CELSIUS
U6
シリーズ
U7
シリーズ
U9
シリーズ
U9X
シリーズ
H5
シリーズ
13.3型 13.3型 14.0型 15.6型 13.3型 13.3型 15.6型
Thunderbolt™4 -

U9シリーズ :Evo™ & Secured-core PC対応モデルのみ対応
U9Xシリーズ:Secured-core PC対応モデル/Thunderbolt™ 4対応モデルのみ対応


さらに高性能を求めるプロフェッシナルワーカーには
持ち運べるワークステーション

高負荷作業でのリモート会議やCADデータを使ったプレゼンなど、これまで外出先ではできなかったことが、モバイルワークステーションなら可能です。

■高負荷対応テレワーカー

リモート会議において、パワーポイントやエクセルなど複数のアプリケーションを同時に利用する場合にも、途切れる事無くスムーズな会話が可能です。

■エンジニアやデザイナー

2Dやエントリークラスの3D CADの編集作業が可能です。
外出先でのプレゼンはもちろん、現場での修正や簡単な編集作業もその場でできるので、生産性を向上させます

CADやWEBデザイン編集に最適なNVIDIA® T500高性能グラフィックス搭載モデル

時と場所を選ばずに、クリエイター、デザイナー、エンジニアが外出先での処理要求の高い作業をこなすために必要なパフォーマンスを発揮します。例えば製造や製品設計の分野では、自宅、オフィス、工場など、働く場所に関係なく、デザイン、エンジニアリング、シミュレーション、レンダリング等の作業が可能です。建築やエンジニアリングの分野では、事務所や訪問先などどこにいても、建物を複雑な 3D モデルで設計し、正確に可視化し、見直し、変更もでき、より生産性の高い働き方が実現します。

nvidia

NVIDIA® T500高性能グラフィックスが
搭載可能なモデル
LIFEBOOK CELSIUS
U6
シリーズ
U7
シリーズ
U9
シリーズ
U9X
シリーズ
H5
シリーズ
13.3型 13.3型 14.0型 15.6型 13.3型 13.3型 15.6型
NVIDIA®T500 - - - - - -

高解像度の画像や動画なども素早く処理し快適に操作できる
インテル®Iris®Xe グラフィックス搭載モデル

リモート会議でのバーチャル背景を使った場合でも描画処理速度が速く、Webページのスクロール表示も滑らかとなり、テレワークでも快適なコミュニケーションが可能です。

Iris®Xe®グラフィックスが
搭載可能なモデル
LIFEBOOK CELSIUS
U6
シリーズ
U7
シリーズ
U9
シリーズ
U9X
シリーズ
H5
シリーズ
13.3型 13.3型 14.0型 15.6型 13.3型 13.3型 15.6型
Iris®Xe グラフィックス

暗号化機能付 高速大容量フラッシュメモリが搭載可能

大切なデータを大容量で保存でき、アプリケーションの起動時間が速く快適です。さらにデータの書き込み時に自動的に暗号化するので、盗難や紛失時の情報漏えい対策としても効果的です。

読み出し時も自動的に復号されるため、暗号化を意識せずにセキュリティを確保でき、パフォーマンスにも影響を与えません。物理解析(ディスクの直接解析)されてもデータの読み出しが困難となります。フラッシュメモリディスク(SSD)へのアクセスはパスワードで管理(BIOS起動時に入力)され、不正な使用を防止できます。

暗号化機能付フラッシュメモリが搭載可能なモデル LIFEBOOK CELSIUS
U6
シリーズ
U7
シリーズ
U9
シリーズ
U9X
シリーズ
H5
シリーズ
13.3型 13.3型 14.0型 15.6型 13.3型 13.3型 15.6型
暗号化機能付フラッシュメモリ
(SSD/PCIe NVMe)512GB/1TB
- - 〇* - 〇* - -
標準暗号化機能付フラッシュメモリ(DRAM-less SSD/PCIe NVMe)
256GB/512GB/1TB
-
暗号化機能付フラッシュメモリ(SSD/PCIe NVMe)512GB/1TB
暗号化機能付フラッシュメモリディスク(SSD/PCIe NVMe)
256GB/512GB/1TB/2TB/2TB×2
- - - - - -

Opalモードには対応していません。
*EVo™ & Secured-core PC対応モデル