ダウンロード資料(ホワイトペーパー)

様々な企業がテレワークを取り入れてより生産性を高めようとしています。充分なセキュリティ対策を施しながら、従業員がより効率的に働けるITインフラ環境を用意するためには、テレワーク用PCを中心にどのような対応が必要なのか、押さえるべきポイントをホワイトペーパーで配布しております。


テレワーク向けPCの選び方を知りたい

テレワーク環境に最適なPCの選定ポイントや、組み合わせて導入するとより快適になる製品をご紹介します。


テレワークの普及で変わったPCの選び方
選定の基準やポイント、お客様からの最新の声を紹介
テレワークが企業の新しい働き方の1つとして定着しつつあるが、日常的に社外で業務を行うようになるに伴い、PCに求められる要件も変わってくる。社員の生産性や業務効率を向上させつつ、IT担当者の運用負担やセキュリティ確保などのさまざまな要件を満たすにはどうすればよいのか。本ホワイトペーパーでは、テレワーク時代におけるPCに関する企業のニーズ、最新動向を踏まえて選定の着眼点を整理する。

在宅ワークの生産性が上がる、今選ぶべきPCの要件とは
これまでのテレワーク用PCは、営業のモバイルワークを想定した小さな画面サイズが中心だった。一方で、オフィスで使っているA4ノートPCは、自宅に持ち 帰るには、会社との往復でも重すぎる。終日の在宅ワークと月数回の出社、そして手狭なリビングといった、新しい在宅ワーク環境に適したノートPCの選び方について、スペシャリストが説明する。

「ないがしろ」にしがちなモバイル端末選びが、テレワーク成功のカギを握る
「オフィスのノートPCをそのまま持ち帰らせているが、テレワークの本格導入に向け新 規調達したい」「急遽モバイルノートPCを手配したが“使いにくい”と評判が悪くて変えたい」など、テレワーク用PCの調達に苦労していませんか?重さ・画面の大きさ・堅牢性・バッテリー持ち・キーボードの打ちやすさ・マイクスピーカーの聞こえやすさ・画面の大きさ・重さ、など、テレワークで不満が出がちなポイントを抑えたテレワーク用PCの選び方を紹介します。

テレワークで鮮明になったPC選びの変化点、これから求められるPCの形とは
今までのPC選びのポイントは「業務に耐え得るPCを、いかに安く調達するか」だった。テレワークが普及しつつある今、そうした“伝統的な”考え方に変化の兆しが見えてきた。テレワークが浸透しつつある今、業務PCに求められる要件が変わろうとしている。しかし、市場にあまたの法人向けPCがある中で、テレワークに最適なモデルを選ぶにはどのような機能や特長に着目すればいいのか。これからのテレワークに必須となるPCの要件や、PCライフサイクル管理を効率化する仕組みについて紹介する。

テレワーク環境の強化に取り組むアベニール・ジャパン。直面しているテレワークの課題や悩みは最新テクノロジーを活用
2016年4月の創業時からテレワークに取り組んでいるITコンサルティング企業、アベニール・ジャパン。同社がテレワーク環境強化を狙いとして、富士通の最新ノートパソコン「LIFEBOOK U9310 / E」のモニターに参加した。テレワークに力を入れる理由や運用方針などとともに、「LIFEBOOK U9310 / E」のモニター体験の成果について紹介する。

快適なテレワークの要となる最新PC選びのポイントとプラスツール活用の効果
最新PCに適切な周辺機器をプラスして活用すれば、場所を問わず高い生産性を獲得できる環境は整います。企業や個々人の利用スタイルに合わせて、最新の PCに便利なデバイスをうまくプラスすることで、ニューノーマル時代に即した快適なスマートワークを実現してみてください。 この資料は最新PCの選ぶポイントとプラスするツールによる効果を解説しています。


テレワークにおけるセキュリティ対策を知りたい

テレワークで社外にPCを持ち出すときのセキュリティ対策を従業員の運用に頼るのは限界があります。PC自体に施すことで、簡単にセキュリティを高める方法をご紹介します。


中堅中小企業情シス担当者の方必見!
テレワーク時代こそ必ず押さえておきたい
4つのセキュリティ脅威と対策
テレワークの普及によって社内ネットワークの外で業務を行うようになったことから、テレワークPCがサイバー攻撃に狙われるリスクが増加してきた。その対策は急務であるが、限られた時間・コスト・人材の中で具体的に何から着手していけばよいのかに悩むIT担当者も多いだろう。本ホワイトペーパーでは、 総務省の「中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)」を参考に、特にテレワーク環境下で気をつけるべき4つのセキュリティの脅威と代表的な11の発生要因を示した上で、それを防ぐ方策を解説する。

PCの紛失や盗難はゼロにできない。今こそ求められる効果的な情報漏えい対策
テレワークPCにデータを残さないようにする方法として最初に思いつくのはVDIとシンクライアントの組み合わせだろう。しかし、VDIの構築は思いの外、 費用がかさんでしまう。実は、シンクライアントとは全く違う発想で、データを保護することも可能だ。安価にノートPCからデータを保護できる画期的な方法について紹介する。

情報漏えいのリスクから企業のPCを守る、2つのベストプラクティス
定期的なパスワード変更運用を行っていても、テレワーク中の社員が勝手にノートPCにふせんを貼って漏えいしてしまうリスクを完全に排除することはできない。監視カメラの解像度も高くなりパスワードは指の動きで把握もできてしまうなか、パスワードをノートPCから完全に排除してしまう方法があるのはご存知だろうか?BIOSの起動時点から生体認証で認証し、テレワークの背後から“のぞき見”されることも検知できる最新のセキュリティソリューションを紹介する。

テレワークで変わった「守るべきポイント」、今求められるセキュリティ対策まとめ
テレワーク用PCのセキュリティ強化に複数のソリューションを追加導入していくと、管理の工数が増えていく。BIOSレベルのウイルス・マルウェア感染対策から、のぞき見防止、生体認証、データ保護機能まで、テレワークに必要なセキュリティを網羅した、管理の手間いらずのモバイルノートPCをご紹介。

ビジネスの停止を防ぐ、テレワーク時代のセキュリティ対策
富士通が実施したアンケートによれば、多くの企業が「1年前と比べてコンピュータウイルスやマルウェアによる被害や情報漏えいが心配になった」と回答された。しかし、特に中小企業においては「ウイルス対策ソフトを使えば十分だ」と感じる傾向がある。「顧客情報の漏えいで大きな損害を被るのは大企業だけ」という認識も根強く、それがセキュリティ対策を遅らせる要因になっている。これらは大きな誤解であり、企業規模を問わず対策が必要だ。高度化するサイバー攻撃に対抗するために、何をすべきか。

全社員規模でテレワークを導入するための課題「情報漏えい対策」
2020年7月、ニューノーマル時代における新たな働き方として「Work Life Shift」というコンセプトを掲げ、固定的な場所や時間にとらわれず、国内約8万人の従業員が“原則テレワーク”に移行した富士通はセキュリティ対策を整理分析し大別すると3つの対策を行うべきだと定めた。本資料では、その3つのポイントをまとめた。セキュリティ対策はどうすればよいかという抱えている方には一読することをお薦めする。

テレワークでPC紛失、もう諦めるしかない?盗難・紛失への情報漏えい対策
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のためにテレワークを導入した企業も少なくない。しかし、急な導入を迫られたためさまざまな課題が顕在化してきているようだ。その中のひとつが「PCを社外に持ち出す際の情報漏えい対策」である。テレワークを継続する上で重要なポイントになっているPCの社外持ち出しに伴うセキュリティ課題をどう解決すればよいのか。これからテレワークを本格的に進めていこうと考えている企業の担当者もぜひ一読いただきたい資料だ。


テレワーク導入全般について知りたい

テレワークが当たり前な時代のオフィスやコミュニケーションの在り方など、PCに留まらない情報もご提供しております。


中堅中小企業のデジタル課題に対応、DX推進に向け、企業が直ちに取り組むべきアクションとは
経済産業省の「DXレポート2」は、DX推進に向けて企業が取り組むべきアクションを「超短期」、「短期」、「中長期」に分けて示している。しかし、中堅中小企業の経営者の頭を悩ませるのは、限られたリソースの中でどう優先順位をつけていくべきかという問題ではないだろうか。本資料では、「足元の課題解決」と「DXに向けた基盤作り」を同時に進めるコツについて、IT調査会社ノークリサーチ シニアアナリストの岩上 由高氏が解説するとともに、「超短期」のアクションの中で真っ先に整備すべき「業務環境のオンライン化」について、導入すべき具体的なツールとその要点について富士通の実践を踏まえて紹介する。

オフィスはもういらない?ワークスタイル研究者に聞く、コロナ禍の先の働き方、オフィスの在り方
コロナ禍をきっかけに日本における「働くこと」の文化的な意味合い、「コミュニケーション」におけるコンテクストの在り方にはどんな変化があっただろうか。企業と従業員の関係や「仕事」そのものの文化的側面から日本企業のこれからの従業員との関係はどうなるだろうか。コクヨ ワークスタイル研究所 所長の山下 正太郎氏と、富士通の丸子正道氏(国内ビジネス推進統括部プロモーション推進部 部長)に最新の動向やコロナ禍の先の働き方、オフィスの在り方について話を聞いた。

「これからの働き方」基本設計はどうあるべきか?「緊急テレワークが“進む力”の格差をあぶり出した」MS西脇氏が語る新しい選択肢
テレワークを積極的に推進するの日本マイクロソフトと富士通、その両社はニューノーマル時代に向けた働き方改革の状況をどう見ているのでしょうか。この資料では日本マイクロソフト エバンジェリストの西脇資哲氏と富士通の丸子正道氏(国内ビジネス推進統括部プロモーション推進部)に企業がこれから目指すべき働き方の在り方やコロナ禍をきっかけとした時代の変化への対応策をお聞しました。

働き方改革の先行実践施策をソリューション化し、ニューノーマル時代に貢献
ニューノーマル時代に向け、働き方改革をどのように進めていけばいいのか模索している企業は多いはずです。富士通は制度・カルチャーといった組織変革とICT活用で、働き方改革に先行して取り組みました。この資料は2020年11月26日にLIVE配信された「マイナビニュースフォーラム 働き方改革 Day 202」で講演された「実践から得られたノウハウと、働き方改革を成功に導くITツール」をもとに構成た内容となっています。

過去にご提供したホワイトペーパー


新型コロナウイルスが作り出した新常識。ニューノーマル時代、働き方改革の実践法とは

自社での実践から得たノウハウを展開し、テレワークでの多様な悩みを解決

ニューノーマルは怖くない!後戻りせず、テレワークを前に進めるための意外と簡単な「コツ」とは?

ポストコロナ時代のビジネス戦略
テレワークに乗り遅れた企業は今何をするべきか

失敗しない働き方改革とは?PDCAサイクルに応じて押さえるべき4つのポイント

情報漏えいを恐れてのノートPC持ち出し禁止は、働き方改革に逆行。手間を掛けず低コストで実現するセキュアなノートPC運用

働き方改革の質に差が出るIT環境。テレワークで家庭向けデバイスを使用することで起きるリスクとロス