このページの本文へ移動

FUJITSU Digital Business Platform MetaArc クラウド連携・統合 iPaaS FUJITSU Cloud Service RunMyProcess Google, Salesforce, SAPと連携も可能。クラウド環境でワークフローを速く簡単に構築できます。

富士通の「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(メタアーク)」は、最先端のICTと、お客様とともに培ってきたノウハウを結集したビジネス・プラットフォームです。
企業や業界の枠を”超えてつなぎ”、お客様のデジタル革新を実現します。
「FUJITSU Cloud Service RunMyProcess」は、MetaArcを構成する商品のひとつです。

サービス概要

SaaSをはじめとしたクラウドサービス、オンプレミスの様々なアプリ・サービスを組み合わせて業務システムを構築するクラウドサービスとして、「FUJITSU Cloud Service RunMyProcess」を提供します。

「FUJITSU Cloud Service RunMyProcess」は、ウェブアプリケーションの開発環境と開発したウェブアプリケーションを実行する環境を提供します。
ウェブアプリケーション開発環境は、業務プロセスの作成や画面作成を行うための機能、作成したプロセスのテスト機能、プロセス実行状況を確認するダッシュボート機能を提供します。
ウェブアプリケーション実行環境では、開発環境で開発したアプリケーションを起動し、実行することができます。

機能

RunMyProcessをお使いいただくことにより、システムの作成時のインフラ環境の設定から開放されます。
アプリケーションの作成が簡単になるだけでなく、他のWebサービス、クラウドサービス、レガシーシステムの統合が容易になります。
以下の 4ステップを繰り返すことにより、お客様のワークフローを継続的にエンハンスすることができます。

Build 「プロジェクト定義・プロセス(ワークフロー)作成」

休暇申請ワークフロー例

  • 【起票者 (Employee)】
    • 1.予定表取り込み
      • Googleカレンダーより自分のスケジュールを取得し、Web画面に表示。
  • 【承認者 (Manager)】
    • 2. 承認処理
      • 申請内容を確認
    • 3. 申請者の承認通知
      • 承認または却下を判断
      • 結果は自動的に起票者に送信
    • 4. 予定表に承認済のスケジュールを追加
      • 起票者のGoogleカレンダーに休暇情報を追加
    • 5.ワークフロー完了

ワークフロー作成ツール画面

ワークフロー作成ツール画面

Integrate 「Webインターフェース作成・コネクターの作成とカスタマイズ」

あらかじめ用意されたウィジェットを活用し、業務プロセスに必要な Web画面を作成し、ワークフローに組み込むことができます。
また、2,400を超えるコネクターをご利用いただくことにより、RunMyProcessで作成しているプロセスとクラウドベースのアプリケーション、Webサービス、ソーシャルネットワークと統合することが可能です。
SEC(Secure Enterprise Connector)をオンプレミス環境にエージェントとしてインストールしていただくことにより、オンプレミス環境内のアプリケーションと連携することも可能です。

Webインターフェース作成画面

主なサービスプロバイダーのコネクター

サービスプロバイダー 提供機能
Google Google Apps
Google Calendar
Google Documents
Google Maps
Google Search
Google Sites
Google Spreadsheet など 操作用 コネクター
Salesforce Account, コンタクト情報 操作用コネクター
Amazon Amazon S3 Object, bucket操作 など 操作用コネクター
Zoho 中小企業向けクラウドサービス
CRM, クリエータ(DB, Webフォーム作成), シート(表計算シート作成),
ライター(文書作成) 各機能の操作用コネクター
SAP CRM 操作用コネクター

SEC (Secure Enterprise Connector)

RunMyProcessとオンプレミスのローカルネットワークをインターネット (https) を通じて連携することが可能です。
SECには SEC Agent, Protocol Managerが含まれます。 これらプログラムを動作させるサーバが必要です。

  • セキュアな連携
    RunMyProcessへ4433TCPポートでOutbound通信できるようにFirewallを設定してください。
    外部からアクセスされるFWの設定変更は不要です。
  • プライベートな環境
    他のRunMyProcess利用者やドメインからSECに接続できません。
  • アダプター
    Protocol ManagerがSEC Agentからのリクエストに応じて、適切なアダプターに処理を振り分けます。
    ファイルアクセス(File Reader Adapter)、 DBアクセス(JDBC Adapter)など

Secure Enterprise Connector概要

Deploy 「テスト公開・本番切替」

RunMyProcessではプラットフォームにテスト機能を用意しています。
テストモードでは、実行前にすべてのプロセスをテストし、実行パスを監視したり、ステップバイステップのデバッグを行うことができます。
本番モードでは、RunMyProcessで提供しているダッシュボード機能にて、業務フローの状態を確認することが可能です。

Run 「運用」

RunMyProcessはマルチテナントアーキテクチャーを採用していますが、お客様のデータは、格納方法、アクセス制御によって保護しているため、他のお客様のデータにアクセスすることはできません。
ブラウザとRunMyProcessプラットフォーム間の通信は、128ビットSSLを使用して保護されています。全ての接続は、認証を必要としており、すべての操作はIPアドレス、セション情報を含む操作記録を取得しています。

動画・資料ダウンロード

カタログ資料ダウンロード

動画

  • RunMyProcess 開発編 ご紹介

  • RunMyProcess コネクター編 ご紹介

導入事例

ハウスフーズアメリカ社様

店舗からサプライヤに食材を発注するシステムをRunMyProcess上に構築することで、ユーザ部門主導で、低コストでスピーディな業務アプリケーション開発を実現。
効率的かつ正確な発注とリアルタイムでの把握を可能にした。

ハウスフーズアメリカ社様の導入事例を見る

受賞歴

「2014 Global Award for Customer Value Leadership」を受賞

[プレスリリース]
富士通のクラウドサービス連携・統合基盤が、
Frost & Sullivan社の「2014 Global Award for Customer Value Leadership」を受賞

Best of Show Award 特別賞

FUJITSU Cloud Service RunMyProcess

価格利用シーン

お客様のデジタル革新を実現するプラットフォーム

動画・資料ダウンロード

富士通のクラウドへの取り組みや、クラウド最新活用事例、導入メリットなどをご紹介する資料・動画をまとめてご覧いただけます。

  • 富士通の新たなクラウド「K5」関連資料
  • デジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」関連資料
  • セミナー資料
  • 動画

ダウンロード