このページの本文へ移動

パーソナルデータを管理

「Personiumサービス」

お客様のPersonal Data Store(PDS)ビジネスに必要なデータ領域、データアクセス管理、
データ領域へのファイル・データアクセス機能を提供します。

「Personiumサービス」を使ってできること

  • パーソナルデータの開示者や活用者に対し、データ保管やアクセス管理可能なデータ領域を提供します。
  • データは利用者間、PDS事業者間の関係性に基づいてアクセス権の設定が可能です。

特長

  • オープンソース「personium.io」を利用

    オープンソースベースのサービスにより、ベンダー・ロックインのリスクを軽減します。世界中の開発者の成果を取り込んだ最新の技術を提供します。

  • 利用者間の関係性に基づくデータアクセス機能を提供

    利用者間の関係性をパラメータとして定義することで、パーソナルデータの開示/秘匿制御が可能です。

  • 異なるPDS事業者間のデータ相互アクセス制御を提供

    Personiumサービスを導入した異なるPDS事業者間でデータの連携が可能です。

  • アプリケーション認証

    利用者クライアントと利用者データ間におけるデータ操作は、OAuth2.0による認可プロセス後に実施可能とすることで、悪意を持った利用者から利用者データを守ります。

FUJITSU Cloud Service for OSSに関するお問い合わせ

0120-933-200富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

Japan

国・地域を変更

ページの先頭へ