このページの本文へ移動

在宅医療の質を高める、訪問診療支援システム
FUJITSU Intelligent Society Solution
往診先生「在宅医療支援SaaS」

トピックス

Pick Up

【導入事例】わかさクリニック様

在宅医療の質を維持し、効率的な訪問を実現

Pick Up

【導入事例】すずらんクリニック様

情報共有の仕組み化と業務プロセスの見直しにより、医療の質および経営効率の向上を実現

Pick Up

【特集】2014年度診療報酬改定のポイントと対策

~「同一建物」の診療報酬大幅削減。訪問スケジュールの再設計での経営面の安定化~


訪問診療支援システム 往診先生「在宅医療支援SaaS」とは

医師が患者と向き合う時間を最大化します

医師が患者と向き合う時間を最大化します
  • 在宅医療の各プロセスの業務が医師に集中する等、属人化している医療機関。
  • 土地勘のない非常勤医が多く、緊急往診時の対応に不安のある医療機関。
  • 2014年の診療報酬改定により、訪問スケジュールの作成等にお困りの方。

  • 医師、看護師、事務スタッフの分業体制を確立し、医師は診療に集中できる。
  • 非常勤医でも容易に、かつ確実に患者宅に辿り着くことができる。
  • 無駄のない効率的な訪問スケジュールを誰でも簡単に作成できる。

往診先生「在宅医療支援SaaS」は、在宅医療の分野において訪問診療・往診準備、移動、訪問診療・往診、バックオフィスの各プロセスの業務を支援するサービスであり、在宅医療現場における2年間の実証の中で培ったノウハウが詰まっております。


サービス利用イメージ

往診先生「在宅医療支援SaaS」の導入イメージ図です。患者宅周辺の駐車場から玄関までの位置を案内表示する「Dr.ナビゲーション機能」や、他の患者宅との位置関係から最も効率的な往診予定を設定できる「スケジュール名人機能」など、緊急時にも役立つ機能を用意しています。 Dr.ナビゲーション機能 訪問シート機能 スケジュール名人機能 分析機能

訪問診療・往診準備は、「訪問シート機能」により、患者の基本情報や訪問スケジュール、物品情報、定期処方情報など準備に必要な情報を一覧印刷でき、患者宅で漏れのない診療を実現します。また「スケジュール名人機能」により、患者宅を地図上から選択することで、効率的な往診スケジュールを設定できます。急患発生時は、院内の事務スタッフが訪問診療中の医師の現在地を把握でき、的確な往診指示が可能となります。移動中の医師が即座にスケジュールを確認でき、「Dr.ナビゲーション機能」により、カーナビとモバイル端末を活用して患者宅周辺の駐車場から玄関まで確認することができます。
バックオフィスの業務として、「連携先書類作成機能」「分析機能」により、居宅療養管理指導書の作成支援や経営分析等を行うことができます。


往診先生「在宅医療支援SaaS」の主な提供機能

Dr.ナビゲーション機能

Dr.ナビゲーション機能のイメージ図

こんなお悩みありませんか?

  • 住所だけで患者宅に行くのは困難
  • 夜間・緊急時に医師が一人で訪問するのはさらに困難

Dr.ナビゲーション機能でできること

  • 患者宅周辺の駐車場の位置を設定
  • 駐車場から患者宅までの道のりを設定
  • 患者宅の扉の位置を設定
  • 上記の設定内容を、訪問中にモバイル端末で確認

効果

  • 土地勘のない非常勤医でも確実に患者宅に辿り着くことが可能

スケジュール名人機能

スケジュール名人機能のイメージ図

こんなお悩みありませんか?

  • 患者宅の住所からルート設計は困難
  • 担当が経験的にルート設計(属人的)

スケジュール名人機能でできること

  • 地図上に患者宅を表示し、患者宅をクリックするだけで自動でルート設定
  • 定期訪問スケジュール設定で、毎月のスケジュール作成を自動化可能
  • 患者毎に往診の予定時間を設定
  • GPSで現在往診中の医師の現在地を確認可能

効果

  • 誰が組んでも同じ品質で訪問スケジュールを立案可能
  • 急患発生時は、現在地と前後のスケジュールを確認して、的確な往診指示を出すことが可能

訪問シート機能

訪問シート機能のイメージ図

こんなお悩みありませんか?

  • 患者宅訪問時や訪問準備時に、患者の基本情報・服薬情報・その他必要事項を確認したい
    (担当の薬局や処方日の確認、訪問時に採血や書類コピーを行うなど)

訪問シート機能でできること

  • 訪問時に所持するスケジュール表に確認したい情報を記載
  • 患者に配布するスケジュール表を用意し、患者と往診日程のズレを防止

効果

  • 訪問時に必要なことを全てやり遂げる、間違いのない確実な診療を実現

分析機能

こんなお悩みありませんか?

  • 患者数推移等の状況を把握して、経営改善を図りたい

分析機能でできること

  • 日頃入力を行っているスケジュールや患者の情報をもとに分析を行う

効果

  • 定量的な診療情報をもとに経営面の分析が可能
  • 在宅医療というテーマでこれから研究発表や学術的な発想をする上で定量的な分析が可能

特長

セキュリティについて

安全性・信頼性の高い富士通データセンターを利用してサービスを提供しています。


  • センター内サーバ、ディスク、ネットワーク、各種機器の冗長化
  • フェイルオーバー機能やシステム多重化による信頼性確保
  • システム稼働状況や異常を24時間365日監視
  • SSL通信による暗号化により、通信内容ののぞき見を防止
  • お客様データ、ログ(アクセスログなど)の定期的なバックアップ及び、ログのご提供

動作環境

パソコン、iPad、iPad mini、iPhone、Androidなどの様々なデバイスに対応しています。

導入事例

わかさクリニック様事例

在宅医療の質を維持し、効率的な訪問を実現

すずらんクリニック様事例

情報共有の仕組み化と業務プロセスの見直しにより、医療の質および経営効率の向上を実現

往診先生「在宅医療支援SaaS」の動画

プロモーション動画

往診先生「在宅医療支援SaaS」 ご紹介

往診先生「在宅医療支援SaaS」の機能および導入効果等をご紹介しております。

導入事例動画

在宅医療クラウドで石巻地域医療再生をサポート
祐ホームクリニック石巻様 篇

地域医療が崩壊した石巻市で在宅医療拠点を開設した「祐ホームクリニック」様。富士通は在宅医療のタスク、生活情報管理等をクラウドで行い、石巻地域の医療再生を支援しています。


往診先生「在宅医療支援SaaS」の販売価格

  • 価格(お見積り)は以下お問い合わせ先より、お問い合わせください。