このページの本文へ移動

在宅医療の負担を軽減する電話代行サービス
FUJITSU Intelligent Society Solution
往診先生「在宅医支援コンタクトセンター」

本商品は2016年3月31日をもちまして、富士通からの新規販売を終了いたしました。
後継商品については、富士通エフサスまでお問い合わせください。

往診先生「在宅医支援コンタクトセンター 夜間休日コール受付サービス」

在宅医療に求められる24時間365日体制を支援します。

在宅医療に求められる24時間365日体制を支援します。
  • 夜間・休診日の電話受付を行う「医師」や「看護師」の負担が高い医療機関。
  • 夜間・休診日の電話受付の内容を院内で管理・共有できていない医療機関。

医師・看護師

  • オペレーターがコール内容・緊急度を整理し、振り分けすることで、医師・看護師の心身の負担を軽減。
  • コール内容を日報・月報としてメール報告することで、院内での管理・共有につながり、電話再診料漏れ防止を支援。

患者・ご家族

  • いつでも確実に電話が繋がる安心感を得られる。

サービス利用イメージ

往診先生「在宅医支援コンタクトセンター 夜間休日コール受付サービス」は、在宅医療機関が閉院している夜間・休診日に、患者からの電話受付を代行するサービスです。コンタクトセンターのオペレーターが内容・緊急性を整理し、医師、看護師、事務スタッフに的確に取次ぎを行います。患者からのコール内容は日報および月報でご報告致します。

在宅医療の現場では24時間365日の対応体制が求められています。「在宅医支援コンタクトセンター」では、専門のトレーニングを受けたオペレーターが、夜間・休診日の電話受付対応を行います。患者・ご家族からの夜間電話連絡に対し、適切に受け付けて、多忙な医師・スタッフの負担を少しでも軽減することを実現いたします。

特長

円滑な運用切替が可能

  • コンタクトセンターのオペレータは、「在宅医療機関名」で受付を行うため、患者はコンタクトセンターを意識することはございません。
  • 夜間・休診日の緊急連絡先を院内電話から医師に転送している場合、転送先をコンタクトセンターに変更するだけでご利用頂くことが可能となります。
夜間休日コール受付 導入前後イメージ

強化型在宅療養支援診療所を支援

  • 診療所が連携(医師 3名以上)し、「強化型在宅療養支援診療所」の体制を構築する際、緊急時のコール受付窓口をコンタクトセンターをご利用いただくことで一本化することができます。

万全なセキュリティ環境

物理的なセキュリティ対策と運用プロセスおけるセキュリティ対策で患者の個人情報を安全に管理しています。

物理的セキュリティ対策

  • 入退室管理システム
  • 手の平静脈認証装置
  • 監視カメラによる監視、動画記録
  • 利用者権限を取り入れた鍵保管管理装置など

運用プロセスにおけるセキュリティ対策

  • パソコン操作の記録で問題行動を検出・抑止する証跡管理
  • 可搬記録媒体の利用制限
  • 物品の持込制限など

コンタクトセンターの見学も可能です。ご希望の方はお問い合わせください。