FAQ

サービス概要

FUJITSU Cloud Service for VMwareとは
FUJITSU Cloud Service for VMwareは、クラウド移行の課題を解決する、VMwareのサービス/ソリューションを提供するクラウドサービスです。
他のクラウドとの違いを教えてください
FUJITSU Cloud Service for VMwareは、カスタマイズ自由なベアメタル+vSphere、vCenterの運用を継承しつつ運用負荷の軽減を実現するVMware Cloud Foundation(将来提供)など、お客様に最適なソリューションをご利用いただける点が他と異なります。また、データセンターやネットワーク、運用サービスといった、トータルで提供可能な点も良い点となります。
FUJITSU Cloud Service for VMwareでハイブリッドIT化するメリットは
使い慣れたVMware環境でアプリの互換性や運用統一性を確保しながらインフラ拡張が可能であり、オンプレシステムの柔軟性向上や、クラウドアプリケーションとのシームレスな連携が可能となります。
仮想専有環境と仮想共有環境の違いは
仮想専有環境とは、仮想サーバを配備する物理サーバを、お客様専用した環境になります。物理サーバがお客様専用となるため、マルチテナントではライセンス契約上で利用できないソフトウェアなどをご利用いただくことが可能となります。
既存のクラウドを利用している企業が乗り換えるメリットは何ですか?
これまで現場部門が主導で導入したクラウドが多数乱立し管理が複雑化したものを全体最適化したい場合や、性能・信頼性・セキュリティなどのサービスレベルを見直したい場合、機能拡張に伴う他システム連携が必要となった場合に特に有効です。より高度なSI要素が要求される、運用保守の統合化や、基幹システムとの連携などを契機に、当社クラウドへの移行を検討いただくのがメリットに繋がると考えます。

サービス概要

ベアメタルサーバとはどのようなサービスでしょうか?
お客様専有の物理サーバを提供します。物理サーバを専有するため、ハードウェアの性能を最大限に活用でき、高い処理能力と安定したパフォーマンスを発揮します。また、オンプレミスのシステムで利用しているOSやミドルウェアの資産を容易に移行できます。
ベアメタルサーバからインターネットに接続できますか?
インターネットに接続可能です。ただし、仮想サーバと同一のネットワーク上に構築した場合は、仮想サーバとベアメタルのどちらか一方のみがインターネットに接続可能となるため、ご注意ください。
ベアメタルサーバへコンソールアクセスはできますか?
iRMCによりコンソールアクセスが可能です。ビデオリダイレクションとバーチャルメディアの機能が利用できます。詳細はIaaS機能説明書をご確認ください。
BYOLとは何でしょうか?
Bring Your Own Licenseの略称となります。サービス側ではソフトウェアまでを用意し、ライセンスについてはお客様自身で持ち込んでいただく形態を指しています。
ベアメタルサーバのSLAを教えてください。
当社がベアメタルサーバの故障を検知し、ベアメタルサーバを全く利用できないと判断してからサービス復旧したと判断するまでの時間が48時間を越えた場合に、対象ベアメタルサーバの利用料金の10%を翌月以降の利用料金から減額します。なお、ヘルプデスクサービスのベーシックまたはプレミアムをご契約いただく必要があります。

利用方法

ベアメタルサーバを利用したいです。サービスポータルで配備する方法は?
サービスポータルやAPIでの配備はできません。ベアメタルサーバの利用開始には利用申込書を提出いただく必要がございます。申込書の入手につきましては、弊社担当営業までご連絡ください。
契約の流れ
解約方法を教えてください。
当社担当営業までご連絡ください。
FUJITSU Cloud Service for VMwareのご解約後も90日間利用いただいた契約者アカウントにてFUJITSU Cloud Service ポータルへログインし、利用明細を確認することが可能です。そのため、解約後も「パスワード有効期限のお知らせ」メールが送信されることがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

課金

利用料金はどこで確認できますか?
FUJITSU Cloud Service ポータルより確定後の利用料金および当月ご利用分の暫定料金がご確認いただけます。

サービス概要

FUJITSU Cloud Service for VMware Cloud Foundationとはどのようなサービスでしょうか?
VMware社が提供するVMware Cloud Foundationを専有物理サーバにて提供するサービスです。
FUJITSU Cloud Service for VMware Cloud Foundationでは、どのような機能・サービスが利用できますか?
エンタープライズクラスのクラウドインフラ(コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、セキュリティ)上でアプリケーションを実行可能です。
ライセンスの運用管理は富士通が行うため、パッチ処理やバージョンアップなどインフラ運用の負荷を軽減できます。

利用方法

すぐに利用できますか?
専用申請フォームでのお申し込みから最短5営業日でご利用いただけます。
※事前に書面申込書によるニフクラIDの取得が必要です。

課金

課金の考え方を教えてください。
物理サーバーの契約期間と利用台数に応じ課金する【月額型】のサービスです。
ご利用いただくサーバーモデルにより異なりますので、詳細に関しては、料金表をご確認ください。
利用料金はどこで確認できますか?
FUJITSU Cloud Service ポータルより確定後の利用料金および暫定料金がご確認いただけます。

サポート

FUJITSU Cloud Service for VMware Cloud Foundationに関する問い合わせは先どちらになりますか?
サービス全般については、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社ニフクラサポートにて対応いたします。
トラブル通知、メンテナンス通知、本サービス内容の変更通知についてもニフクラサポートが提供いたします。
詳細は、以下をご参照ください。
ニフクラお問い合わせ
VMwareソフトウェア製品個別のお問い合わせについては、富士通サポートデスクにて対応いたします。
詳細は、FUJITSU Cloud Service ソフトウェアサポート仕様書をご覧ください。

サービス概要

NIFCLOUDはどのようなサービスでしょうか?
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社が提供するVMwareベースのパブリッククラウドで、VMware環境からの移行に最適なサービスです。運用負荷なく各種機能をご利用いただけます。オンプレミスでVMwareをご利用されているお客様システムのクラウド移行や災害対策環境の構築に最適なクラウドです。
NIFCLOUDでは、どのような機能・サービスが利用できますか?
NIFCLOUDでは、ニフクラの機能・サービスをご利用いただけます。
詳細については、「ニフクラ仕様・機能」(以下)をご覧ください。
https://pfs.nifcloud.com/service/
なお、上記のうち一部提供していない機能があります。
詳細は、NIFCLOUDサービス仕様書をご確認ください。

利用方法

すぐに利用できますか?
専用申込書によるお申し込みから最短5営業日でご利用いただけます。
お申し込みについては、担当営業までご連絡ください。
APIを利用できますか?
「ニフクラAPI」をご利用いただけます。
詳細については、「APIのご利用にあたって」(以下)をご覧ください。
http://pfs.nifcloud.com/api/

課金

課金の考え方を教えてください。
利用時間/利用量に応じ課金する【従量型】のサービスです。
ご利用いただく機能により異なりますので、詳細に関しては、「ニフクラ料金表」(以下)をご確認ください。
https://pfs.nifcloud.com/price/
利用料金はどこで確認できますか?
FUJITSU Cloud Service ポータルより確定後の利用料金および暫定料金がご確認いただけます。
利用実績の詳細については、NIFCLOUDが提供するコントロールパネルの「料金明細」画面よりご確認ください。

サポート

NIFCLOUDに関する問い合わせはどちらになりますか?
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社ニフクラサポートにて対応いたします。
トラブル通知、メンテナンス通知、本サービス内容の変更通知についてもニフクラサポートが提供いたします。
詳細は、以下をご参照ください。
ニフクラお問い合わせ

FUJITSU Cloud Service for VMwareに関するお問い合わせ・ご相談

このページの先頭へ