VMware Cloud Foundation™

VMware環境の設計/運用の自由度を確保しながらクラウド利用が可能

最適に組み合わせたVMwareソフトウェアスタックと専有物理サーバをセットで提供するサービスです。

「VMware Cloud Foundation」を使ってできること

  • エンタープライズクラスのクラウドインフラ(コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、セキュリティ)上でアプリケーションを実行可能
  • ライセンスの運用管理は富士通が行うため、パッチ処理やバージョンアップなどインフラ運用の負荷を軽減

特長

使い慣れたVMware環境をクラウドでも利用

VMware vSphere®ベースのハイパーバイザーにより、既存の環境や仮想マシンへの変更が不要かつ、クラウド特有の利点も享受可能です

ポータル画面から簡単手配

GUI操作で最短数時間でVMware Cloud Foundationの環境をデプロイできます。利用は月額単位で、期間コミットによるディスカウントもご用意しています

運用負荷の軽減

ライフサイクルマネジメント機能により、面倒だったパッチ適用、バージョンアップ作業の負担が軽減されます

シームレスなクラウド移行

VMware Hybrid Cloud Extentionを利用し、オンプレミス環境からvSphereのバージョン差異を超えて移行できます(注1)
(注1)移行元はvSphere 5.5以上など一定の要件を必要とします。

FUJITSU Cloud Service for VMwareに関するお問い合わせ・ご相談

このページの先頭へ