VMwareベースのクラウドサービス
FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-V

VMware 環境をクラウド化、その先のデジタルトランスフォーメーションへ

無償トライアルはこちら

FJcloud-Vの価値

必要な時に必要な分だけ利用でき、オンプレミスでVMwareをご利用されているお客様システムのクラウド移行や災害対策環境の構築に最適です。

  • お客様をクラウド環境の運用から解放

    簡単UIのコントロールパネルから5分でサーバの準備が可能となります。ロードバランサーやディスクの追加もすべてWEB経由で手軽に行うことが可能です。

  • VMware環境の秀でた移行性

    VMwareベースのクラウドサービスの為、お客様が所有されているオンプレミスVMware資産をクラウド環境へ容易に移行できます。災害対策環境としてのご利用にも最適となります。

  • アプリケーション開発へのリソース集中

    エンジニアリングパーツを活用することで、サーバチューニングや運用などインフラに関する工期やコストを削減できます。

「FJcloud-V」を使ってできること

  • 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社が提供するクラウドサービス「ニフクラ」により、クラウド環境の運用を意識することなくVMwareベースの各種機能を利用可能
  • オンプレミスでVMwareをご利用されているお客様システムからのクラウド移行を容易に実現するとともに、東西リージョンを活用した災害対策も可能
  • お客様専用の「ニフクラ」を、お客様ご準備のデータセンターに設置し、ご利用いただくことも可能

ユースケース

【活用例1】既存システムの移行とオンプレミスとのシームレスな連携

  • 運用付加軽減のために既存システムをクラウドに移行したい
  • スキルを有するVMware環境でクラウドも統一管理をしたい
  • ピーク時は一時的にクラウドに構築し、通常時はオンプレに戻すことも考慮したい

【活用例2】システム新規構築

  • CPU/メモリ/ディスクの使用量を予測できない
  • 利用者拡大に伴い柔軟なリソース追加を行いたい

【活用例3】災害対策

パターン1 オンプレとクラウドを活用した災害対策

  • 広域な災害に対しても容易な業務復旧を行いたい
  • 本番サイトとバックアップサイトのデータ同期は高頻度・低コストで行いたい

パターン2 東西間リージョンを活用した災害対策

  • 広域災害に備え、東西リージョンを活用した信頼性の高いDR環境を構築したい
  • 本番サイトとDRサイトをクラウド化し低コストで運用したい

【活用例4】Oracle DBライセンスの持込み

  • BYOL(Bring Your Own License)の形態で、Oracle Databaseを利用したい
  • FJcloud-Vのサーバーリソースや機能と組み合わせて、Oracle製品のデータベースやその他ミドルウェアを使用したい



まずは「無料トライアル」から始めてみませんか?

わずか3ステップ!正式ご契約前に、対象メニューを無料でお試しいただくことができます

  • 1. 新規会員登録
  • 2. 商品の選択
  • 3. お申し込み

信頼の品質を今すぐ体験できます

トライアル対象のサービスは完全無料です。正式契約後もデータ転送量のIn/Outは無料で予測できない従量課金で悩む必要がありません。確かな可用性を示すためシングルインスタンスからSLA99.99%を適用します。秀でた特長をもつFJcloud、国産クラウドの使い心地をお試しください。

  • 富士通は、VMware Cloud Verifiedの認定を受けています。

  • 富士通は、VMware 2017 Partner Innovation Awardにおいて、APJ Integrate Public Cloud Awardを受賞しております。

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloudに関するお問い合わせ・ご相談

このページの先頭へ