このページの本文へ移動

Caldera OpenLinux Server3.1.1使用上の留意事項

| インストール時の留意事項 | インストール後の留意事項 | その他 | 添付資料 |

2002年5月28日

本ページはPRIMERGYのディスクレスタイプやHDタイプで、Linux OSをインストールやシステム構築する際の注意事項について記述しています。
Linuxをお使い頂く前に本ページを御覧頂くようお願いします。


また、本ページ記載の内容は、予告なしに変更される場合があります。
インストールの際には最新の情報に添って導入して頂くようお願いします。


1 インストール時の留意事項

1.1 既知の問題について
カルデラ株式会社のWebページには、新しいウインドウが開きます「OpenLinux3.1.1のFAQ」でCaldera OpenLinux Server3.1.1の既知問題の情報が掲載されています。
使用する前に必ずお読みください。

1.2 RAIDカード(PG-141B,PG-142B)の使用について
インストールCDからブートし、以下の手順でインストールをしてください。
1. 起動時のインストール方法選択画面で、カーソルキーを使用し、「Cautious install mode」を選択してEnterキーを押してください。

2. 「言語選択」の画面が表示されたら、Alt + Ctrl + F2キーを同時に押し、仮想コンソールモードに入ります。Loginプロンプトが表示されますので、rootでログインしてください。

3. コマンドラインから、以下のコマンドを入力してください。
# insmod dpt_i2o
# sysinfo --disk

4. Alt + Ctrl + F8キーを同時に押し、「言語選択」の画面に戻ります。マウスが使用できなくなっているので、tabキーとSpaceキーを使用して、「日本語(Japanese)」を選択した後、「次へ」を選択してEnterキーを押してください。

5. 「ライセンス情報」の画面が表示されます。Tabキーとカーソルキーを使用して、「ライセンスに同意する」を選択した後、「次へ」を選択してEnterキーを押してください。

6. 「マウスの設定」の画面が表示されます。ここから、マウスが使用できるので、通常通りのインストール手順で処理を続行してください。

1.3 X Window Systemの設定について
X Window Systemの設定については、ディスプレイの取扱説明書の推奨値で設定してください。画面が乱れる場合は、解像度1024×768ドット、16ビットカラー、リフレッシュレート60Hzに設定してください。

1.4 ディスクパーティションについて
ディスクパーティションは以下のように設定してお使いください。

パーティション名 サイズ タイプ mount point
/dev/hda1 約125MB swap 設定なし
/dev/hda2 約2,000MB ext2 /

上に示したパーティション以外の空き領域は、お客様の必要に応じて、パーティションやマウントポイントの編集などを行なってください。

1.5 インストールモジュール一覧について
当社が動作確認した時のパッケージ一覧は詳細情報を見る添付資料を参照してください。

1.6 ブート画面の乱れについて
ブート時、画面の一部に黒い帯が表示されたり、画像が乱れることがありますが、運用には差し支えありません。

1.7 MOの使用について
PRIMERGY C200におけるMOデバイスを接続した状態でのインストールは出来ません。
MOデバイスを使用する場合は、インストール後に接続してご使用ください。
1. 内蔵MOを接続しない状態でシステムをインストールします。

2. /etc/modules/rootfsを修正します。
注: sym53c8xx(オンボードSCSIドライバ)とdpt_i2o(SCSIアレイドライバ)の記述順番を逆にします。

修正前
scsi_mod
sym53c8xx
sd_mod
dpt_i2o

修正後
scsi_mod
dpt_i2o
sd_mod
sym53c8xx

3. mkinitrd.shを実行します。
# /usr/libexec/modules/mkinitrd.sh カーネルバージョン

Openlinux3.1.1はkernel 2.4.13なので以下のようになります。
# /usr/libexec/modules/mkinitrd.sh 2.4.13

4. カレントディレクトリに、initrd-カーネルバージョン.gzが作成されますので、/bootディレクトリ配下の同名ファイルと置き換えます。

5. rebootします。


2 インストール後の留意事項

2.1 Caldera OpenLinux Server 3.1.1パッケージインストールについて
OpenLinux Server3.1.1は使用目的に応じて最適なシステムを構築するためインストールタイプが用意されています。このため、インストールタイプによってはお客様の必要とするパッケージがインストールされない場合があります。必要とするパッケージがインストールされていない場合、以下の手順でインストールしてください。

# mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
# cd /mnt/cdrom/OpenLinux/install/RPMS
# rpm -ivh <package_file>
例) makeのパッケージをインストールする場合
# rpm -ivh make-3.79.1-3MR.rpm

2.2 SCSIカードの増設について
Caldera OpenLinux Server3.1.1をインストールした後、SCSIカードを増設した場合、増設したSCSIカードが認識されない場合があります。認識されない場合は、rootでログインした後、以下の手順で設定を行なってください。次回のシステム再起動時からSCSIカードが自動的に認識されるようになります。

1. モジュールをインストールする。
PG-129の場合
# insmod sym53c8xx

その他の場合
# insmod aic7xxx

2. /etc/modules/defualtに以下を追加する
PG-129の場合
sym53c8xx

その他の場合
aic7xxx

2.3 LANカードの増設(100BASE-TX、10BASE-T)について
LANカードの増設を行なった場合、オンボードLANのネットワークインターフェース名がeth0からeth1あるいはeth2,3・・・に変更となる場合があります。
この場合、KDEのメニューの「コントロールセンター」から「システム」を選択し、次に「ネットワーク」を選択して再度ネットワークの設定を行なってください。

2.4 LANカード (1000BASE-SX、1000BASE-T)を利用する場合について
rootでログインした後、以下の手順で設定を行なってください。次回のシステム再起動時からLANカードが自動的に認識されるようになります。

1. 次のコマンドを実行します。
# insmod e1000

2. KDEメニューの「コントロールセンター」から「システム」を選択し、次に「ネットワーク」を選択して、ネットワークの設定を行なってください。

3. /etc/modules/defaultに以下の記述を追加します。
e1000

2.5 MOの媒体の使用について
640MB,1.3GBの媒体を使用する場合は、ブロック長を指定してファイルシステムを作成する必要があります。以下に例を示します。

媒体が640MB,1.3GBの場合
# fdisk -b 2048 /dev/sda
# mke2fs /dev/sda1 -b 2048
# mount /dev/sda1 /mnt(特定のディレクトリ)

媒体が128MB,230MB,540MBの場合
# fdisk /dev/sda
# mke2fs /dev/sda1
# mount /dev/sda1 /mnt(特定のディレクトリ)

2.6 無停電電源装置(APC社製 Smart UPSシリーズ)を利用する場合について
無停電電源装置を利用する場合は、無停電電源装置から電源の投入が行えるようにBIOSで設定する必要があります。

BIOSの「Power Failure Recovery」を「Always ON」に設定してください。


3 その他

3.1 サウンド機能について
サウンド機能はサポートしていません。起動時に「sound: Ok」と表示されますが、使用できません。

3.2 USBについて
USBはサポートしていません。起動時に「usb-ohci: Ok」と表示されることがありますが、使用できません。また、起動時に「usb-ohci: Fail」と表示される場合もありますが問題はありません。

3.3 PCIカードのIRQの設定について
PCIカードのIRQは共有しないでください。PCIカードの増設によりIRQが不足した場合、BIOS設定ユーティリティで未使用のシリアルあるいはパラレルポートを「Disabled」に設定し、IRQを流用して下さい。

3.4 PCIホットプラグ機能について
PCIホットプラグ機能はサポートしていません。


添付資料
パッケージモジュール一覧は以下の通りです。

DEV-3.6-2 ImageMagick-5.2.7-10 Kappa20-0.3-1
LSM-20010327-1MR OpenLinux-3.1.1-1S OpenLinux-keys-2.4-6
PHI-1.3.2-1 PHI-data-3.1.1-9 SysVinit-2.78-3
SysVinit-scripts-1.08-5 VFlib2-2.25.2-1 VFlib2-VFjfm-2.25.2-1
VFlib2-devel-2.25.2-1 VFlib2-devel-static-2.25.2-1 XFree86-3DLabs-3.3.6-15
XFree86-4.1-11 XFree86-AGX-3.3.6-15 XFree86-FBDev-3.3.6-15
XFree86-I128-3.3.6-15 XFree86-IBM8514-3.3.6-15 XFree86-Mach32-3.3.6-15
XFree86-Mach64-3.3.6-15 XFree86-Mach8-3.3.6-15 XFree86-Mono-3.3.6-15
XFree86-P9000-3.3.6-15 XFree86-S3-3.3.6-15 XFree86-S3V-3.3.6-15
XFree86-SVGA-3.3.6-15 XFree86-VGA16-3.3.6-15 XFree86-W32-3.3.6-15
XFree86-addons-4.1-11 XFree86-config-4.0.1-5MR XFree86-contrib-4.1-11
XFree86-fonts-100dpi-4.1-11 XFree86-fonts-4.1-11 XFree86-fonts-75dpi-4.1-11
XFree86-fonts-cyrillic-4.1-11 XFree86-fonts-extra-4.1-11 XFree86-fonts-scale-4.1-11
XFree86-libs-4.1-11 XFree86-misc-4.1-11 XFree86-programs-4.1-11
XFree86-server-4.1-11 XFree86-setup-4.1-11 XFree86-twm-4.1-11
XFree86-xdm-4.1-11 XFree86-xsm-4.1-11 XFree86-xterm-4.1-11
Xaw-3dlook-1.5-7a Xaw3d-1.5-7a acpid-1.0.0-6
adduser-1.3-7 adjtimex-1.11-5MR am-utils-6.0.7-7
anonftp-3.3-3MR apache-1.3.22-4 apcupsd-3.8.1-5MR
at-3.1.7-2 baekmuk-2.0-6 bash-2.05-2
bash1-1.14.7-19 bc-1.06-2MR bdflush-1.6.2-5MR
bin86-0.15.4-8 bind-8.2.3-5 bind-utils-8.2.3-5
binutils-2.10.1.0.4-3 bool-2.0-4MR bsd-finger-0.17-8
bzip2-1.0.0-6MR canna-3.5b2-7 cdparanoia-III.alpha9.7-9MR
cgetty-1.0-4MR cleandir-1.0.1-8MR coas2-1.99-55
col-tools-1.3-2 communicator-4.77-18 compat-ncurses-4.2-8MR
copyrights-1.4-3MR cpio-2.4.2-14 cracklib-2.7-7
crontabs-1.12-4 cups-1.1.10-3 db-3.3.11-2
ddcprobe-1.0-2 dhcp-3.0b2pl9-10 dhcp-server-3.0b2pl9-10
diffutils-2.7.2-6MR doc-install-html-ja-1.0-2 doc-sag-html-ja-1.0-2
doctool-20010330-1MR dump-0.4b22-2 eject-2.0.2-4MR
enscript-1.6.1-13 ethereal-0.8.19-2 expect-5.28-7MR
ext2fs-1.25-1 fatfs-2.8-1MR fbset-2.1-4MR
fdutils-5.4-8MR fetchmail-5.8.17-2 fetchmailconf-5.8.17-2
file-3.28-7 fileutils-4.1-3 findutils-4.1-16MR
freetype-1.3-8 gawk-3.0.6-8 gdbm-1.8.0-7MR
gettext-0.10.39-3 ghostscript-6.51-9 ghostscript-fonts-6.51-9
ghostscript-fonts-cid-6.51-9 glib-1.2.8-5 glibc-2.2.4-22
glibc-localedata-2.2.4-22 glibc-lsb-2.2.4-13 gmp-3.1.1-1
gnupg-1.0.6-1 gpm-1.19.3-4MR grep-2.4.2-11
groff-1.17.2-2 grub-0.5.96.1-10 gtk+-1.2.8-8
gv-3.5.8-9 gzip-1.2.4a-6 hdparm-3.9-4MR
horde-1.2.7-1 hwdata-20011127-1 hwprobe-20011107-1
imap-2000-12 imp-2.2.7-1 info-4.0-10MR
ipchains-1.3.10-1MR iptables-1.2.4-1 ipxutils-2.2.0.18-10
isp-0.7.1-22b jfbterm-0.3.10-5 jre-1.3-24MR
jvim-3.0-6 kbd-1.06-2 kcmim-20011121-1
kde-i18n-ja-2.2.1-6 kdebase2-2.2.1-17 kdecoas-1.0.9-2
kdeconfig-20011203-1S kdelibs2-2.2.1-6 kernel-addon-modules-2.4.13-1S
khotplug-0.9.9.4-1 kinput2-v3-4 knj10-1.1-3
koffice-i18n-ja-1.1-1 kpackage-2.2.1-2 ksystemsnapshot-0.7.9-1
kterm-6.2.0-3 ktzset-2.2-2 kview-2.2.1-1
kxconfig-0.9.4-1 less-354-10 libaudiofile-0.1.9-3MR
libcap-1.10-5atMR libhwdata-1.0-1MR libjpeg-6b-11
libkdenetwork-2.2.1-2 libmcrypt-2.4.15-2 libmng-1.0.0-1MR
libogg-1.0-0beta4tMR libpam-0.72-11 libpng-1.0.8-5MR
libpwdb-0.61.1-1 libsasl-1.5.24-4 libstdc++-2.10-8.4
libstdc++-compat-2.9.0-7 libtiff-3.5.5-6 libtool-1.3.5-3MR
libvorbis-1.0-0beta4tMR libxml-2.4.4-6 libz-1.1.3-9
lilo-0.21-15 linux-kernel-binary-2.4.13-9S lisa-4.4-6
lizard-lwm-20011210-3 logcheck-1.1.1-16 logrotate-3.3-6MR
lsof-4.54-5 lzo-1.07-1 m4-1.4-9MR
mailcap-1.1-2MR mailx-8.1.1-12MR majordomo-1.94.5-10
make-3.79.1-3MR man-1.5h1-10 man-pages-1.31-5MR
man-pages-ja-0.4-4MR mc-4.5.51-5 mga_hal-1.01.05beta-4
mgetty-1.1.22_Aug17-12 mimetypes-1.0-9MR mkisofs-1.14-2
mktemp-1.4-5MR mm-1.1.3-4MR mod_backhand-1.1.0-7MR
mod_dav-1.0.2_1.3.6-2MR mod_log_spread-1.0.3p3-6MR mod_perl-1.24_01-4MR
mod_roaming-1.0.2-2MR mod_ssl-2.8.5_1.3.22-1 mod_ssl-sxnet-2.8.5_1.3.22-1
modutils-2.4.8-2 mt-st-0.5b-2MR mtabase-1.2.1-2MR
mtools-3.9.7-5 mysql-3.23.33-9 mysql-client-3.23.33-9
ncftp-3.0.2-6MR ncompress-4.2.4-12MR ncurses-5.2-8
net-scripts-1.07-8 net-tools-1.57-1 netatalk_asun-1.4.99-5
netkit-base-0.17-7MR netkit-ftp-0.17-3MR netkit-ntalk-0.17-8
netkit-rsh-0.17-7 netkit-rusers-0.17-9 netkit-rwall-0.17-9
netkit-rwho-0.17-5MR netkit-telnet-0.17-13 netkit-tftp-0.17-5MR
netpbm-9.11-1MR nfs-0.2.1-11 nfs-lockd-0.2.1-11
nfs-server-0.2.1-11 nis-client-2.0-22 nis-server-2.0-22
nkf-1.92-1 nscd-2.2.4-22 nss_ldap-172-4
openldap-2.0.11-9 openmotif-2.1.30-9MR openslp-1.0.4-1
openssh-2.9.9p2-2 openssh-askpass-2.9.9p2-2 openssh-server-2.9.9p2-2
openssl-0.9.6-17 pam_ldap-130-6 parted-1.4.10-1MR
pciutils-2.1.8-4MR pcmcia-cs-3.1.25-6 pcre-3.4-3
pdksh-5.2.14-6MR perl-5.6.0-6 perl-add-5.6.0-6
perl-cgi-2.68-5MR perl-modules-5.6.0-5MR php-4.0.4pl1-5
pidentd-3.0.12-3MR popt-1.5-6MR portmap-safer-0.5-22MR
portsentry-1.0-6MR procmail-3.15-5MR procps-2.0.7-6
psmisc-19-6 python-1.5.2-8MR python-tk-1.5.2-8MR
qt2-2.3.1-8 quota-3.01-4 raidtools-0.90-5MR
readline-4.1-10 reiserfs-utils-3.6.25-7MR rpm-3.0.6-4
rstatd-3.04-10 rsync-2.5.0-1 rxvt-2.7.6-4.1
samba-2.2.2-4 sed-3.02-7 sendmail-8.11.6-8
sendmail-cf-8.11.6-8 setserial-2.17-6 setup-3.1.1-1
sformat-3.4-3MR sh-utils-2.0-6 shadow-misc-1.2-18
sharutils-4.2.1-7MR slocate-2.6-2 spread-3.15.1-3MR
squid-2.4.STABLE2-2 strace-4.2-8.20010221aMR stunnel-3.9-8
swat-2.2.2-4 sysklogd-1.4.1-1 tar-1.13-6
tcl-8.0.4-7MR tcp_wrappers-7.6-10 tcpdump-3.5.2-4
tcsh-6.11.00-1 termcap-10.2.7-3MR textutils-2.0.8-2
time-1.7-5MR tk-8.0.4-7MR traceroute-safer-0.5-4MR
tripwire-2.3.0-9 ttf-arphic-bkai-20001125-2 ttf-arphic-bming-20001125-2
ttf-arphic-gkai-20001125-2 ttf-arphic-gming-20001125-2 ucd-snmp-4.2.1-15
ucd-snmp-utils-4.2.1-15 umsdosfs-1.12-3MR unarj-2.43-3MR
unifont-1.0-5 uniview-0.1-1 unzip-5.40-5MR
utempter-0.5-6MR util-linux-2.11l-5 vim-6.0-6
vim-i18n-6.0-6 vixie-cron-3.0.2.7-9 vollaunch-0.5-1
volution-1.1.0.174-2MR vtun-2.5b1-1 webalizer-2.01_09-1
webmin-0.89-4 wget-1.7.1-2 which-2.12-3MR
whois-4.4BSD-10MR wireless-21-4MR wu-ftpd-2.6.1-13
xemacs-mule-ucs-0.84-2 xntp-4.0.99k-8 xpm-4.11-8MR
xtt_fonts-0.19981020-6 yudit-2.4-8 zip-2.3-7MR
zoneinfo-2001d-1 zoo-2.10-10 zsh-4.0.4-1