このページの本文へ移動

高機能無停電電源装置 NetpowerProtect 自立型UPS / 1400VA (PGSUP141),ラックマウント型 UPS / 1400VA (PG-R1UP141)

1. 概要

本装置は、主に停電対策を目的とし、負荷に対して電力を供給する装置です。 商用電力正常時には、商用電力を負荷に供給し、停電時にはバッテリを動力源とするインバータ出力に切り替え、負荷に対する電力のバックアップを行います。本装置に標準添付されるWindows NT / 2000、およびLinux用UPS管理ソフト(NetpowerView F)との組み合わせで自動シャットダウン機能、リアルタイムモニタリング機能、スケジュール運転機能等を使用することができます。

2. 特長

(1) 標準添付されるWindows NT / 2000、およびLinux用UPS管理ソフト(NetpowerView F)との組み合わせで、シャットダウン機能、スケジュール運転機能、リアルタイムモニタリング機能等が使用できます。
(UPS管理ソフト用RS-232Cケーブル付き)
(2) Windows NT / 2000、NetWareに標準搭載されているUPS監視機能を使用できます。
(専用RS-232Cケーブル[PG-CBLUP01、またはPG-CBLUP03]が別途必要)
(3) ラックマウント型UPS(PG-R1UP141 / PG-R1UP301)には、ラックマウント用レール、落下防止ワイヤが標準添付されます。
(4) 自立型UPS(PGSUP141)は、横置き設置も可能です。(装置正面から見て右側へ倒した状態のみ可能)
(5) 前面パネルのLEDにより、バッテリ残量がチェックできます。

3. 外観

PGSUP141 PG-R1UP141

外観色は黒色です。

URL: http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/netpower/もご覧になってください。

4. 仕様

仕様 製品名称
高機能無停電電源装置
(NetpowerProtect
自立型UPS / 1400VA)
高機能無停電電源装置
(NetpowerProtect
ラックマウント型UPS / 1400VA)
型名 PGSUP141 PGR1UP141
運転方式 常時商用給電
定格容量 1400VA / 1120W
交流入力 電圧 88VACから120VAC
(上記の範囲外の電圧でバックアップ運転に移行)
周波数 42.5Hzから68.5Hz
(上記の範囲外の周波数でバックアップ運転に移行)
相数・線数 単相・2線
最大入力電流 16A(充電電流含む)
漏洩電流 1mA以下(注1)
入力保護 サーキットブレーカ
交流出力 出力波形 正弦波(バックアップ運転時)
電圧 商用運転時 : 交流入力電圧に同じ
バックアップ運転時 : 100VAC±3%
周波数 商用運転時 : 交流入力周波数に同じ
バックアップ運転時 : 50Hz / 60Hz±1%(自動選択)
相数・線数 単相・2線
出力切換時間 10ms未満(リレー切り換え)
バッテリ 種類 長寿命小型シール鉛畜電池
定格容量 7Ah
使用個数 4個
公称電圧 48V
充電時間 充電量 0から80% : 3時間
充電量80から100% : 5時間
保持時間 5分(定格負荷、周囲温度25℃、バッテリ初期状態)(注2)
寿命 2年(放電回数やUPS周囲温度により大きく変わる)(注3)
その他 動作保証温度
(UPS 周囲温度)
10から35℃(注3)
動作保証
相対湿度
20から80%(但し、結露しないこと)(注3)
騒音 商用運転時 : 40dB(A)以下
バックアップ運転時 : 45dB(A)以下
消費電力 充電時 : 120W
満充電時 : 20W
発熱量 充電時 : 432kJ / h
満充電時 : 72kJ / h
冷却方式 冷却ファン(80mmかける1個)による強制風冷
(商用運転時は低速回転)
入力電線と
アース間の
許容電圧
230VAC
入力サージ
電圧耐量
5kVpeak(1.2かける50ナノ秒)
外観色 黒色
外形寸法
WかけるDかけるH
170mmかける480mmかける216mm 482mmかける529mmかける86.9mm
質量
(バッテリ無し)
19.0kg
(8.0kg)
19.5kg
(8.5kg)
外部接続 交流入力
プラグ
平行2極・アース付きプラグ(125V、15A)
(コード長 約2.2m)
交流出力
コンセント
平行2極・アース付きプラグ(125V、15A)
通常交流出力コンセントかける4口
遅延交流出力コンセントかける2口(注4、5、6)

注1 : 本装置を漏洩電流検知機能付きブレーカに接続する場合は、構築するシステム機器全体の漏洩電流が検知限度値を越えないようにしてください。検知限度値を越えるとブレーカが切断されます。
注2 : 「5. バッテリ保持時間(バックアップ時間)について」を参照してください。
注3 : 「6. バッテリの寿命と交換時期について」を参照してください。
注4 : 通常交流出力コンセント : 本装置の運転開始とほぼ同時に交流電圧を出力します。
遅延交流出力コンセント : 通常交流出力コンセントが交流電圧を出力開始してから約5秒後に交流電圧を出力します。(突入電流防止用)
注5 : 注4で述べたように通常交流出力コンセントと遅延交流出力コンセント間では交流電圧の出力開始に約5秒間の差があるため、電源の投入順序に制約がある装置の組み合わせ(サーバ本体とディスク装置の組み合わせ等)で使用する場合はコンセントの割り付に注意してください。
注6 : 以下に示す交流出力コンセントの使用条件をお守りください。また、「10. UPSの選択方法」を参照してください。
型名 交流出力コンセントの使用条件
PGSUP141
PG-R1UP141
接続機器の負荷容量の合計が「1400VA以下」、且つ「1120W以下」 になるように通常交流出力コンセント、遅延交流出力コンセントを使用してください。
注7 : PGSUP141、PG?R1UP141に添付されているRS?232Cケーブルは、 添付されているUPS管理ソフトをご使用になる場合にご利用ください。
(ケーブル長 : 約3m)
注8 : PG?R1UP141に添付されている落下防止ワイヤのワイヤ長は約25cmです。



UPS |

PCサーバ PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)