このページの本文へ移動

Cisco Catalyst Blade Switch 3040
PG-SW106 / PGBSW1060 / PGBSW1061 / PGBSW1062 / PGBSW1063

[詳細索引]  概要 |  特長 |  仕様 |  オプション関連 |  接続形態 |  留意事項 

概要

Cisco Catalyst Blade Switch 3040 外観図

Cisco Catalyst Blade Switch 3040は、低消費電力・省スペース・高性能・高信頼性を追求したPRIMERGY BX600/BX600 S2/BX600 S3シャーシ専用のギガビット・イーサネット(16ポート)のL2スイッチブレードです。


本ブレードは、シャーシ背面のネットワークブレード用スロットに搭載し、サーバブレードから外部LANとの間を接続します。サーバブレードとの接続用に10ポートのSERDESインタフェース(1Gbps固定)と、アップリンク(外部LAN)接続用に10 / 100 / 1000BASE-Tインタフェースを2ポート、SFPモジュールスロットを4個持っています。SFPモジュールは10 / 100 / 1000BASE-Tインタフェース用と1000BASE-SXインタフェース用の2種を用意しており、用途に応じて選択することが可能です。
SNMPやRMON、WebブラウザやTelnetを用いたLAN経由での設定、マネジメントブレードのコンソールリダイレクション機能を利用した設定といった管理機能も充実しており、遠隔からの運用管理が容易に行えます。

特長

  1. 16ポートのギガビット・イーサネットをワイヤスピードでスイッチング可能。

  2. コンソールポート かける 1

  3. サーバブレード接続用のダウンリンクポート(1Gbps) かける 10

  4. 外部接続用のアップリンクポート かける 6
    • 10 / 100 / 1000BASE-Tポート かける 2

      10 / 100 / 1000Mbpsで動作し、自動ネゴシエーションおよび全二重動作をサポート。

    • SFP(Small Form-Factor Pluggable)モジュールスロット かける 4

    • SFPモジュールスロットでは、1000BASE-SXインターフェース用SFPモジュールおよび1000BASE-Tインターフェース用SFPモジュールをサポート。

      1000BASE-SXインターフェース用SFPモジュール使用時は、1000Mbpsで動作し、自動ネゴシエーションは未サポート。

      1000BASE-Tインターフェース用SFPモジュール使用時は、10 / 100 / 1000Mbpsで動作し、自動ネゴシエーションおよび全二重動作をサポート。

  5. サーバブレードとの接続はPRIMERGY BX600/BX600 S2/BX600 S3シャーシのミドルプレーンを経由して行うため、ケーブルの接続作業が不要。

  6. Web-GUIによる容易な設定。

  7. 全てのCisco製ルータとCisco Catalystデスクトップ型スイッチで使用できる、共通のユーザ・インターフェースおよびコマンドセット。

  8. 本ブレードは、シスコシステムズ社製 Catalyst 2970シリーズと同等機能を有します。


仕様

ハードウェア仕様
項目名 仕様
品名 Cisco Catalyst Blade Switch 3040
型名 PG-SW106
PGBSW1060 [カスタムメイド対応](注)
PGBSW1061 [カスタムメイド対応]
PGBSW1062 [カスタムメイド対応]
PGBSW1063 [カスタムメイド対応]
サポートレイヤー レイヤー2 スイッチ
コントローラーー Cisco CPU (supervisor) ASIC
Cisco Switch ASICs
メモリ フラッシュメモリ 32MB
  DRAM 128MB
内部ポート
(ダウンリンク)
LAN (SerDes) 10 (1Gbps固定)
シリアル 1 (管理用)
I2C 1 (管理用)
外部ポート
(アップリンク)
LAN 10 / 100 / 1000BASE-Tポート 2 (RJ45、 8ピン)
SFPモジュールスロット 4
コンソール(RS-232C) 1 (RJ45、 8ピン)
SFPモジュール 1000BASE-T または 1000BASE-SX
ホットプラグ
シャーシ搭載台数 最大4台
消費電力 最大36W
寸法 (WかけるDかけるH) mm 129 かける 251 かける 35(突起部含まず)
質量 最大960g

BX600 S2シャーシ(PG-R3SC3 / PG-R3SC3E) / BX600 S3シャーシ手配時には、LAN系ネットワークブレードの同時手配が必須です。

オプション関連

SFPモジュール

本製品でサポートするSFPモジュールは以下の通りです。

名称 型名 仕様
1000BASE-SX SFP PG-SFPS03 転送速度:1000Mbps
光波長:850nm
コネクタ:Duplex LC
1000BASE-T SFP PG-SFPC01 転送速度:10 / 100 / 1000Mbps
コネクタ:RJ45、 8ピン

1000BASE-SX SFPでの接続サポート距離は以下の通りです。

波長(nm) ケーブルタイプ コアサイズ
(μm)
モード帯域幅
(MHz/km)
最大ケーブル長
(m)
850 MMF 62.5 160 220
200 275
50 400 500
500 550

MMF : Multi-Mode Fibreの略

接続形態

スイッチブレードとLAN対応機器を接続する際に必要となるケーブルの種類は以下の通りです。

接続ケーブル一覧
  MMF エンハンスト・カテゴリ5以上
(カテゴリ5e)
カテゴリ5 カテゴリ3
1000BASE-SX機器との接続 接続可 接続不可 接続不可 接続不可
1000BASE-T機器との接続 接続不可 接続可 接続不可(注) 接続不可
100BASE-TX機器との接続 接続不可 接続可 接続可 接続不可
10BASE-T機器との接続 接続不可 接続可 接続可 接続可

(注)1000BASE-T機器との接続は自動認識機能により1000BASE-T接続となりますので、カテゴリ5eケーブルによる接続が必須となります。但し、手動設定で100BASE-TX接続する場合はカテゴリ5ケーブルでも構いません。

MMF : Multi-Mode Fibreの略

ご注意

  1. 通信回線の速度と使用するケーブルの組み合わせは厳守してください。上記以外の組み合わせで使用した場合、通信不能になったり性能低下したりすることがあります。

  2. いずれの場合も、ストレートケーブルで接続可能ですが、接続する機器の仕様によってはクロスケーブルが必要な場合がありますので、ご注意願います。

留意事項

BX600シャーシ(PG-R2SCシリーズ)に搭載時の留意事項

本製品をBX600シャーシ(PG-R2SCシリーズ)に搭載する場合、マネジメントブレードのファームウェア版数をアップデートする必要があります。適切なファームウェア版数の組合せで使用しない場合、マネジメントブレード経由でのコンソール接続中に予期しない動作によって操作不可となる場合があります。スイッチブレードの搭載時には必ずファームウェア版数の確認を実施してください。
なお、マネジメントブレードのファームウェア版数が1.33Cの場合(PRIMERGY BX600シャーシのみ)、既設(運用中)のブレードサーバをいったん停止させる必要のある場合があります(1.5x以降からのアップデートの場合は不要)。

スイッチブレードとマネジメントブレード ファームウェアの組合せ
搭載スイッチブレード マネジメントブレードFW版数
1.33C 1.5x 1.65 1.66A 1.67 1.69以降
Cisco Catalyst Blade Switch 3040 動作不可 動作不可 動作不可 動作不可 動作不可 動作可

動作可動作可能 : ファームウェアのアップデートは不要。
動作不可動作不可 : 最新ファームウェアまたは、動作可能な版数への変更が必要。


BX600 S2シャーシ(PG-R3SCシリーズ)への増設時の留意事項

本製品をBX600 S2シャーシ(PG-R2SCシリーズ)に増設する場合、マネジメントブレード ファームウェア版数のアップデートが必要な場合があります。適切なファームウェア版数の組合せで使用しない場合、マネジメントブレード経由でのコンソール接続中に予期しない動作によって操作不可となる場合があります。


カスタムメイドでスイッチブレードを手配する際の留意事項

以下の型名でオーダーしてください。

  • ネットワークブレードスロット1 : PGBSW1060

  • ネットワークブレードスロット2 : PGBSW1061

  • ネットワークブレードスロット3 : PGBSW1062

  • ネットワークブレードスロット4 : PGBSW1063

ネットワークブレードスロット(NET3 / NET4)の搭載品について

ネットワークブレードスロット3(NET3)とネットワークブレードスロット4(NET4)にはLAN系ネットワークブレードとファイバーチャネル系ネットワークブレードの混在搭載はできません。なお、同一シャーシ内のサーバブレードには、ファイバーチャネル拡張ボードとLAN拡張ボードの併用はできません(シャーシ内で拡張ボード種は択一)。

ネットワークブレードスロット(NET3 / NET4)の搭載品一覧(BX600シャーシ / BX600 S2シャーシの場合)
  LAN系ネットワークブレード ファイバーチャネル系ネットワークブレード
スイッチブレード LANパス
スルーブレード
ファイバーチャネルパススルーブレード ファイバーチャネルスイッチブレード
サーバブレード内蔵品
(同一シャーシ内の)
PG-SW102BX600シャーシ向け型名
PGBSW1022BX600シャーシ向け型名
PGBSW1023BX600シャーシ向け型名
PG-SW103BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名
PGBSW1032BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名
PGBSW1033BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名
PG-SW104
PGBSW1042BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PGBSW1043BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PG-SW105
PGBSW1052BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PGBSW1053BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PG-SW106
PGBSW1062BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PGBSW1063BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PG-LNB101
PGBLNB1012
PGBLNB1013
PG-LNB102
PGBLNB1022BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PGBLNB1023BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PG-FCB101
PGBFCB101
PGBFCB1012
PG-FCB102
PGBFCB102BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PGBFCB1022BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PG-FCS101
PGBFCS101
PGBFCS1012
PG-FCS102
PGBFCS102BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
PGBFCS1022BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名
LANドータカード(PG-LND101)
LAN拡張ボード(PG-LND102)
利用時
搭載可能 搭載可能 搭載不可 搭載不可
ファイバーチャネルドータカード(PG-FCD101)
ファイバーチャネル拡張ボード(PG-FCD102)
利用時
搭載不可 搭載不可 搭載可能 搭載可能

BX600シャーシ向け型名 : BX600シャーシ (PG-R2SC1 / PG-R2SC2) 向け型名
BX600 S2(PG-R3SC1/PG-R3SC2)シャーシ向け型名 : BX600 S2シャーシ (PG-R3SC1 / PG-R3SC2) 向け型名
BX600 S2(PG-R3SC3/PG-R3SC3E)シャーシ向け型名 : BX600 S2シャーシ (PG-R3SC3 / PG-R3SC3E) 向け型名

ネットワークブレードスロット(NET3 / NET4)の搭載品一覧(BX600 S3シャーシの場合)
  LAN系ネットワークブレード ファイバーチャネル系ネットワークブレード
スイッチブレード LANパス
スルーブレード
ファイバーチャネルスイッチブレード
サーバブレード内蔵品
(同一シャーシ内の)
PGBSW1042
PGBSW1043
PG-SW105
PGBSW1052
PGBSW1053
PG-SW106
PGBSW1062
PGBSW1063
PG-LNB102
PGBLNB1021
PGBLNB1022
PG-FCS103
PGBFCS103
PGBFCS1032
LAN拡張ボード
(PG-LND102 / PG-LND201)
利用時
搭載可能 搭載可能 搭載不可
ファイバーチャネル拡張ボード
(PG-FCD201)
利用時
搭載不可 搭載不可 搭載可能

搭載可能 : 搭載可能  / 搭載不可 : 搭載不可

BX600シャーシ / BX600S2 シャーシ / BX600 S3シャーシ

シャーシ背面図

注意

  • サーバブレードにLANドータカード/LAN拡張ボードを搭載する場合、ネットワークブレードスロット3または4(NET3 / NET4)にLANパススルーブレードまたはスイッチブレードを選択。
    サーバブレードにファイバーチャネルドータカード/ファイバーチャネル拡張ボードを搭載する場合には、ファイバーチャネルパススルーブレードまたはファイバーチャネルスイッチブレードを選択。
    同一シャーシ内のサーバブレードに対して、ファイバーチャネルドータカード/ファイバーチャネル拡張ボードとLANドータカード/LAN拡張ボードの同時利用は不可。

  • なお、ネットワークブレードスロット1および2(NET1 / NET2)は、オンボードLANと結線されるため、LANパススルーブレードまたはスイッチブレードのみ搭載可。


LAN冗長化する2つのLANコントローラーの接続先

LAN冗長化(チーミング)する2つのLANコントローラーの接続先は、下表の組合せでの構成で使用してください。

BX600シャーシ/BX600 S2シャーシの場合

  NET2 / NET4搭載ブレード
  PG-SW102
PGBSW1021
PGBSW1023
PG-SW103
PGBSW1031
PGBSW1033
PG-LNB101
PGBLNB1011
PGBLNB1013
PG-LNB102
PGBLNB1021
PGBLNB1023
PG-SW104
PGBSW1041
PGBSW1043
PG-SW105
PGBSW1051
PGBSW1053
PG-SW106
PGBSW1061
PGBSW1063
NET1 / NET3
搭載ブレード
PG-SW102
PGBSW102
PGBSW1020
PGBSW1022
PG-SW103
PGBSW1030
PGBSW1032
接続可 接続不可 接続不可 接続不可 接続不可
PG-LNB101
PGBLNB1010
PGBLNB1012
PG-LNB102
PGBLNB1020
PGBLNB1022
接続不可 接続可 接続不可 接続不可 接続不可
PG-SW104
PGBSW1040
PGBSW1042
接続不可 接続不可 接続可 接続不可 接続不可
PG-SW105
PGBSW1050
PGBSW1052
接続不可 接続不可 接続不可 接続可 接続不可
PG-SW106
PGBSW1060
PGBSW1062
接続不可 接続不可 接続不可 接続不可 接続可

BX600 S3シャーシの場合

  NET2搭載ブレード
PG-LNB102
PGBLNB1021
PGBLNB1023
PG-SW104
PGBSW1041
PGBSW1043
PG-SW105
PGBSW1051
PGBSW1053
PG-SW106
PGBSW1061
PGBSW1063
PG-SW107
PGBSW1071
PGBSW1073
NET1 / NET3
搭載ブレード
PG-LNB102
PGBLNB1020
PGBLNB1022
接続可 接続不可 接続不可 接続不可 接続不可
PG-SW104
PGBSW1040
PGBSW1042
接続不可 接続可 接続不可 接続不可 接続不可
PG-SW105
PGBSW1050
PGBSW1052
接続不可 接続不可 接続可 接続不可 接続不可
PG-SW106
PGBSW1060
PGBSW1062
接続不可 接続不可 接続不可 接続可 接続不可
PG-SW107
PGBSW1070
PGBSW1072
接続不可 接続不可 接続不可 接続不可 接続可

PCサーバ PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~12時および13時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)