このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. PRIMERGY >
  6. PRIMERGYのサポート >
  7. 重要なお知らせ >
  8. PRIMERGY RX600 S3をご使用のお客様へのお知らせ

[重要]PRIMERGY RX600 S3をご使用のお客様へのお知らせ

2007年7月10日
富士通株式会社

マイクロソフト社から、大きなL3キャッシュを持つサーバでWindows 2000 ServerまたはWindows Server 2003を導入するとブルースクリーンが発生する問題が報告されています。
弊社PCサーバPRIMERGYにおいても下記の現象が発生する可能性がありますので、下記対処のご対応をよろしくお願いいたします。

現象

大規模なL3キャッシュを持つCPU(Xeon 7100番台以降のCPU)を搭載したサーバで下記対象OSを導入すると、Winsock利用時にブルースクリーンが発生する。

対象OS

  • Microsoft® Windows® 2000 Server
  • Microsoft® Windows® 2000 Advanced Server
  • Microsoft® Windows Server® 2003, Standard Edition(SP1適用以前(注)
  • Microsoft® Windows Server® 2003, Enterprise Edition(SP1適用以前(注)

(注)SPを適用していないWindows Server 2003が対象になります。SP1以降では本問題は修正されており上記の現象は発生いたしません。

対象機種

Xeon 7100番台以降が搭載されている下記の機種が対象になります。

品名型名CPU
PRIMERGY RX600 S3 (SAS) PGR603D***
PGR603B***
デュアルコア インテル® Xeon® プロセッサー 7140M (3.40GHz) / 7120M (3GHz)
PRIMERGY RX600 S3 PGR6038***
PGR6036***
デュアルコア インテル® Xeon® プロセッサー 7140M (3.40GHz) / 7120M (3GHz)

*はタイプにより異なります。

対処方法

運用中のOS対処
Windows 2000 Server
Windows 2000 Advanced Server
Windows Server 2003(SP1以降)にアップグレードしてください
Windows Server 2003, Standard Edition
Windows Server 2003, Enterprise Edition
SP1以降を適用してください(注)

(注)※ 該当する機種のサポートOSはSP1以降、プレインストールOSはWindows Server 2003 R2(SP1を適用済)となっておりますので、上記現象は発生いたしません。

関連情報

マイクロソフト社 公表内容

以上