このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. PRIMERGY >
  6. PRIMERGYのサポート >
  7. 重要なお知らせ >
  8. ServerViewのセキュリティに関するお知らせ

[重要]ServerViewのセキュリティに関するお知らせ

04版 2011年1月21日
2007年4月5日
富士通株式会社

平素は、富士通製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

PCサーバ PRIMERGYの添付ソフト ServerView コンソール(ServerView管理コンソール、ServerView WebExtension、ServerView S2、Serverview AlarmService、ServerView Operations Manager)の扱う情報の中には、管理者名等の個人情報や、その他の重要情報が含まれています。
外部からアクセスできるドメインに設置する装置には、ServerView コンソールをできるだけインストールしないようお勧めします。
インストールする場合は、設定した情報が外部からアクセスされないようセキュリティに十分ご注意いただくとともに、設定する内容についても必要最小限に留めるようご対応をお願いします。

ここでは、ServerView コンソールを使用する上で最小限のアクセス制限方法の設定についてご説明いたします。
さらに詳細な設定が必要な場合は、各ウェブサーバのマニュアルを参照ください。

ServerViewコンソールの使用プロトコル、および、アクセス制限方法

対象ソフトウェア

ServerView

[コンポーネント]

ServerView管理コンソール

  • ServerView WebExtension
  • ServerView S2
  • ServerView AlarmService
  • ServerView Operations Manager

対象OS

Windows

  • Microsoft® Windows NT® Server 4.0
  • Microsoft® Windows NT® Server, Enterprise Edition 4.0
  • Microsoft® Windows ® 2000 Server
  • Microsoft® Windows ® 2000 Advanced Server
  • Microsoft® Small Business Server 2000
  • Microsoft® Windows Server™ 2003, Standard Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2003, Enterprise Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2003, Enterprise Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft® Windows ® Small Business Server 2003
  • Microsoft® Windows Server™ 2003 R2, Standard Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2003 R2, Enterprise Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2003 R2, Standard x64 Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2003 R2, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 Standard x86 Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 Enterprise x86 Edition
  • Microsoft® Windows™ Web Server 2008 x86 Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 Foundation x64 Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 Standard x64 Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft® Windows™ Web Server 2008 x64 Edition
  • Microsoft® Windows™ Small Business Server 2008 Standard
  • Microsoft® Windows™ Small Business Server 2008 Premium
  • Microsoft® Windows™ Essential Business Server 2008 Standard
  • Microsoft® Windows™ Essential Business Server 2008 Premium
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 R2 Foundation
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 R2 Standard
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft® Windows Server™ 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft® Windows™ Web Server 2008 R2
  • Windows Server™ 2008 R2 HPC Edition

Linux

  • Red Hat Linux 7.2
  • Red Hat Linux 7.3
  • Red Hat Linux 8.0
  • Red Hat Linux 9
  • Red Hat Enterprise Linux AS (v.2.1 for x86)
  • Red Hat Enterprise Linux ES (v.2.1 for x86)
  • Red Hat Enterprise Linux AS (v.3 for x86)
  • Red Hat Enterprise Linux ES (v.3 for x86)
  • Red Hat Enterprise Linux AS (v.3 for Itanium)
  • Red Hat Enterprise Linux AS (v.4 for x86)
  • Red Hat Enterprise Linux ES (v.4 for x86)
  • Red Hat Enterprise Linux AS (v.4 for EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux ES (v.4 for EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux (v5 for x86)
  • Red Hat Enterprise Linux (v5 for Intel64)
  • Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9 for x86

使用プロトコル

ServerViewのWebアクセスでは、下表のプロトコル/ポート番号を使用しています。

  • ServerViewがV5.00より前のバージョンの場合
    ServerViewの使用プロトコル/ポート番号
      ServerView同梱の
    Webサーバを使用する場合
    IISを使用する場合 Apacheを使用する場合
    Windows HTTP(3169)
    HTTPS(3170)
    HTTP(80)
    HTTPS(443)
    HTTP(80)
    HTTPS(443)
    Linux 対象外 対象外 HTTP(80)
    HTTPS(443)

    注意 : 上表内のポート番号は、初期値です。

  • ServerViewがV5.00以降のバージョンの場合

    Windows、Linuxの場合共に、HTTPS(3170)が使用されます。
    同梱されているもの以外のWebサーバを使用することはできません。また、ポート番号を変更することはできません。

アクセス制限方法

アクセス制限方法の詳細は各ServerView コンソール(ServerView管理コンソール、ServerView WebExtension、ServerView S2、Serverview AlarmService、ServerView Operations Manager)に対応するマニュアルを参照して設定を行ってください。

- 以上 -