このページの本文へ移動

GRANPOWER5000 MODEL280 / 380 セットアップディスク#1 ICU(ISA コンフィグレーションユーティリティ)


[登録日 1999年2月4日]

本ユーティリティはGRANPOWER5000モデル280 / 380に添付されている、セットアップディスク#1 ICU(ISA コンフィグレーションユーティリティ)です。

対象機種
・GRANPOWER5000モデル280(98年5月発表タイプ、10月発表タイプ以降は適用済)
・GRANPOWER5000モデル380(98年5月/8月発表タイプ、11月発表タイプ以降は適用済)
セットアップディスク V1.0L10 #1 ICU
版数
モデル280 セットアップディスク V1.0L10#1 から V1.0L21#1
モデル380 セットアップディスク V1.0L10#1 から V1.0L20#1
ICU(ISA コンフィグレーションユーティリティ R1.21)
ご使用方法
  1. フォーマット済のフロッピィディスクを1枚用意します。
    また、自己解凍圧縮ファイルをダウンロードするためのフォルダ(C:\temp等)をハードディスクに用意してください。
  2. 下のファイル名をクリックして、ディスプレイドライバの自己解凍圧縮ファイル(ICU-R121.EXE)をハードディスクのドライブ(C:\temp等)にダウンロードしてください。

    ダウンロードデータICU-R121.EXE: 363,448 Bytes


  3. 「スタート」ボタンをクリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
  4. 「名前」の欄に次のように入力し、「OK」をクリックします。
    [drive:][\path]\ICU-R121.EXE
    [drive:] はダウンロードしたファイルを格納したドライブ名(C:等)
    [\path] はダウンロードしたファイルを格納したパス名(temp等)

    例) C:\tempをダウンロード先に指定した場合

    C:\temp\ICU-R121.EXE
    自己解凍が実行され、[drive:][\path]\ICUの下にファイルが復元されます。
  5. 1.で用意したフロッピィディスクに [drive:][\path]\ICU の下のファイルをすべてコピーしてください。

    以上の操作で「GRANPOWER5000モデル280 / 380のセットアップディスク#1 ICU(ISAコンフィグレーションユーティリティR1.21)」のフロッピィディスクが作成されます。

ご使用条件
1)本ソフトウェアは、上記の対象機種のみご使用できます。
2)本ソフトウェアの再配布はできません。
3)本ソフトウェアを改造したり、リバースエンジニアリング、逆アセンブラ等を行うことはできません。
4)本ソフトウェアに関するいかなる著作権表記も変更できません。
5)本ソフトウェアを使用した結果、損害が発生しても弊社は一切の責任を負いません。
変更内容
サーバ本体のメモリ容量が512Mバイトを超えるとICUの起動ができない不具合を修正しました。
ICUの利用方法
ICUはISAカードの取り付け/取り外しの場合の設定やサーバ本体の資源(I/OポートアドレスやIRQなど)を参照する場合に使用します、各装置の取扱説明書を参照してください。
注意事項
  • ICUの起動に時間が3、4分かかります。
  • マウスによる操作を行うことはできません。
  • 512MB以上のメモリを搭載しているシステムでICUフロッピィディスクのブートを行うと、以下のメッセージが表示されることがあります。
    FATAL ERROR:NVS resources Violate ESCD limitations
    Press any key to continue...

    このメッセージが表示された場合は、任意のキーを押して続行してください。ICU使用上の問題はありません。

  • ICU起動時、"Card Configured In System"情報として"Unknown Card"が表示される場合があります。
    Cards Configured In System
    Motherboard System Devices
    Unknown Card
    PCI Card : VGA Controller
    PCI Card : SCSI Controller
    PCI Card : Ethernet Controller
    PCI Card : IDE Controller
    PCI Unknown Card

    これは、ICUが未サポートのマザーボードデバイス、あるいはオプションデバイスを検出して表示しているためです。システム動作には影響はありませんので無視してください。