このページの本文へ移動

PRIMERGY C150 / C150E BIOS アップデート Utility


[登録日:2003年12月18日]



PRIMERGY C150 / C150E用BIOSアップデートユーティリティです。

対象機種
  • PRIMERGY C150
  • PRIMERGY C150E
BIOS版数
R1.06(注:Windows Server 2003をご使用になる場合以外に本BIOSを適用する必要はありません)
主な修正内容
Windows Server 2003をサポートしました。
ご使用条件
本ホームページよりダウンロード提供いたしております、BIOSデータ(以下「本BIOSデータ」といいます)をダウンロードしてご使用になるまえに、以下のご使用条件をお読みください。 本BIOSデータをダウンロードされた場合には、以下のご使用条件にご同意いただいたものとします。

1)本ソフトウェアは、上記の対象機種のみご使用できます。
2)本ソフトウェアの再配布はできません。
3)本ソフトウェアを改造したり、リバースエンジニアリング、逆アセンブル等を行うことはできません。
4)本ソフトウェアに関するいかなる著作権表記も変更できません。
5)当社は、本BIOSデータについていかなる保証もおこないません。

本BIOSデータを用いたBIOSの書き替えまたは本BIOSデータの使用により生ずる問題はお客様の責任および費用負担とし、お客様によるBIOSデータの書き替えやその他本BIOSデータのご使用に関連して発生するいかなる損害(間接的な損害を含む)に対しても当社は一切の責任を負いません。
ご使用方法
  1. 自己展開圧縮ファイル(bios106.exe)をダウンロードするためのフォルダ(C:\temp等)をハードディスクに用意してください。

  2. 下のファイル名をクリックして、自己展開圧縮ファイル(bios106.exe)をハードディスクのドライブ(C:\temp等)にダウンロードしてください。

    形式 ダウンロード ファイルサイズ
    Windows自己展開圧縮形式 ダウンロードデータ bios106.exe 736,133 Bytes

  3. ダウンロードした自己展開ファイルを展開させます。
    「スタート」ボタンをクリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

  4. 「名前」の欄に次のように入力し、「OK」をクリックします。

    [drive:][\path]\bios106.exe
    [drive:] はダウンロードしたファイルを格納したドライブ名(C:等)
    [\path] はダウンロードしたファイルを格納したパス名(temp等)
    例) C:\tempをダウンロード先に指定した場合

    C:\temp\bios106.exe

  5. 展開すると以下のディレクトリとファイルが生成されます。

    [drive:][\path]\disk
    [drive:][\path]\MANUAL\BIOS_Man106.pdf


BIOSアップデート方法
上記5で生成された「BIOS_Man106.pdf」に従ってアップデート作業を行なってください。
商標および著作権
Microsoft、Windows 2003は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国 における登録商標です。Microsoft® Windows Server™ 2003 Standard Editonを Windows 2003と表記しています。
Microsoft® Windows Server™ 2003 Enterprise Editionを Windows 2003と表記しています。
Copyright© 1981-2003 Microsoft Corporation. All rights reserved.
Copyright 2003 Red Hat, Inc. All rights reserved.
「Red Hat」および Red Hat 「Shadow Man」ロゴは、米国およびその他の国における Red Hat, Inc. の登録商標であり、「RPM」および「CCVS」は米国およびその他の国における Red Hat, Inc. の商標です。
その他の製品名は、各社の商標、または登録商標です。

All Rights Reserved, Copyright© 富士通株式会社 2003