このページの本文へ移動

 FM Advisorとは |  なぜFM Advisorが必要なのでしょうか |


FM Advisor ご紹介

FM Advisorとは


FM Advisorは、使用しているコンピュータを調査し、現在の環境で動作上問題がないか、またよりよい環境にするための情報はないかなど、ユーザーにアドバイスをするソフトウェアです。
簡単にいうと、「コンピュータのお医者さんのような役割をするソフト」と考えてください。

コンピュータの状態を把握

お医者さんは、患者の状況を把握します。

FM Advisorは使用しているコンピュータを調査して、状態を把握します。
また、使用しているコンピュータの情報(ディスプレイやネットワークの情報など)を取得する機能もあり、環境調査ツールとしても力を発揮します。

コンピュータの状態を出力

お医者さんは、診察結果をカルテに書きます。

FM Advisorは、アドバイス情報や環境情報などの調査結果を、レポートやデータとして出力することができます。
もしトラブルが発生した場合に、FM Advisorで対象のコンピュータの状態をレポートやデータとして出力すれば、一発で簡単に状況把握ができるため、たいへん便利です。


定義ファイルのなかに最新モジュール情報を格納

お医者さんは、最新の医学を駆使します。

FM Advisorは、ウイルスチェッカのパターンファイルのように、「定義ファイル」というものを使います。
その定義ファイルのなかに、最新バージョンのドライバやモジュール情報を格納しているのです。
FM Advisorで古いドライバやソフトウェアのモジュールをチェックできるのは、この定義ファイルのおかげです。

修正のヒントを提示

お医者さんは、お薬を処方して、服用方法を説明します。

FM Advisorは古いドライバやモジュールを発見したり、トラブルが発生する恐れのある設定などを発見すると、それを修正するためのヒントを教えてくれます。
最新バージョンの入手先やトラブルの発生を押さえる設定方法など、ヒントを頼りに容易に修正することができます。


ドライバやモジュールをチェック

お医者さんは、注射を打って反応を調べます。

FM Advisorは、定義ファイルを読みこんで古いドライバやモジュールがないかチェックします。
またFM Advisorは古いバージョンを発見するだけでなく、トラブルが発生する恐れのある設定などもチェックすることができます。