このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. サーバ >
  4. そこまでやるか!富士通 >
  5. 富士通の匠が語る モノづくりの美学

そこまでやるか!富士通 プラットフォーム編

そこまでやるか!? 富士通やりすぎ?伝説

富士通の匠が語る モノづくりの美学

ちょっとだけ自慢 やりすぎの結果発表!

耳ヨリ! やりすぎ情報

富士通の匠が語る モノづくりの美学

モノづくりの美学

2018年10月15日

開発の責任者が語る:Enterprise Postgresのビジョン

Enterprise Postgresは「ビジネスユースで安心してご利用いただけるPostgreSQL」をコンセプトに「PostgreSQL」を富士通の技術でセキュリティ・性能・信頼性を強化したデータベース製品です。

モノづくりの美学

2018年5月24日

世界ナンバーワンの性能はこうして実現された

同社が開発した最新プロセッサ「SPARC64 XII」を採用したUNIXサーバ「SPARC M12」の抜群の性能は、いかなる開発努力とノウハウ、そして創意工夫によって実現されたのか、開発者に話を聞いた。

モノづくりの美学

2018年2月20日

デジタル化時代のお客様の成長戦略を支える高信頼プラットフォーム

「富士通のDNAである高信頼・高可用性を大切に継承し、オープンな柔軟性を活かし新しい技術を取り込んで機能強化を図り、お客様の企業価値や競争力の向上に貢献していきます」

モノづくりの美学

2017年12月6日

【特集記事】 業界キーマンが直撃!企業がこれからもSPARC/Solarisを安心して使い続けられる理由とは?

・富士通がUNIXサーバの開発/提供にかける想いとは?
・業務プロセスを変えたくない企業のためにSPARC/Solarisができること
・Oracle Databaseのさらなるコスト・パフォーマンス向上を追求

モノづくりの美学

2017年3月31日

【ホワイトペーパー】 富士通の品質 ~お客様の安全・安心に向けて~

富士通の製品・サービスを常に安心してお使いいただきたい。お客様に製品・サービスのトラブルでご迷惑をおかけしない。これは富士通の製品・サービスの品質に対する率直な想いです。1966年、当時の社長であった岡田完二郎(第五代社長)が提唱した「質はどこでもものを云う」のもとに始まった高信頼性運動が品質活動をより強化するきっかけとなりました。

モノづくりの美学

2017年3月3日

オールフラッシュアレイで得られる真の価値

SSDの低価格化を背景に、2016年はさしずめ「オールフラッシュ元年」と呼べるほど、製品が一気に身近なものになってきました。そんな中、富士通が満を持してリリースしたオールフラッシュアレイ製品は、企業のどんな課題やニーズに応えてくれるものなのか。実際のモデルケースを挙げながら説明いたします。

モノづくりの美学

2016年11月16日

富士通のスペシャリスト達に聞く:PostgreSQLインサイド

OSS(オープンソースソフトウェア)データベースの企業利用をお考えのお客様必見! 富士通ではPostgreSQLを企業利用するために技術面、コミュニティー面、サポート面から全面的にバックアップ!PostgreSQLを安心して利用できる体制を整えています。

モノづくりの美学

2016年10月21日

技術者に聞く!COBOL資産の価値はそのままにオープン化

COBOLアプリケーションをPostgreSQLでも使えるようにしました。お客様が長く使い続けている資産を活用することはビジネス的な価値があるのです。PostgreSQLに新たに実装した機能を解説します。

モノづくりの美学

2016年7月22日

技術者に聞く!PostgreSQL最新技術:マルチコアCPUのポテンシャルを最大限に発揮!「並列検索」で大量データ処理

富士通ではマルチコアCPUが持つパワーをバッチ処理でフル活用できるようにPostgreSQLの機能強化を進めています。

モノづくりの美学

2016年6月24日

技術者に聞く! - PostgreSQL最新技術

「世界一高速なPostgreSQL」をいち早く世に提供することをコンセプトに、独自の「インメモリカラムナ」技術を開発。トランザクション処理の一貫性を保ちながら、分析処理の高速性を透過的なインターフェースで実現しました。

モノづくりの美学

2016年6月13日

プライベートクラウドの社内実践 - ソフトウェアの開発環境を国内外5,200名の開発者へ提供

【富士通 沼津ソフトウェア開発クラウドセンター】「社内実践は、製品を導入し運用していく過程で抽出した気づきの製品開発へのフィードバックと、利用者・運用者の視点で効果を事例化しお客様にセンター見学を通じてご紹介するという大きく2つの役割があります」

モノづくりの美学

2016年2月25日

約半世紀にも渡り基幹システムを支えるストレージへの誇り~ 富士通「ETERNUS DX」シリーズの開発者に聞く

  • 故障の原因を特定して確実に修正し、二度と同じ現象を起こさないことを重視しています。
  • 特徴的な機能として「Storage Cluster」という透過的フェールオーバー機能があります。
  • 製品によっては、ちょっとした操作ミスでボリューム全体を削除してしまうといったトラブルもあるそうですが、ETERNUS DX シリーズでは起こりえません。

モノづくりの美学

2015年12月4日

特集:技術者に聞く!PostgreSQL最新技術 - 業務停止はさせない!

「富士通版PostgreSQL」に、確実な業務継続を目指す「データベース多重化機能」を実装しました。技術者がどのように機能を検討し開発したのか?その真相に迫る。

モノづくりの美学

2015年11月6日

特集:ICTの活用で情報を一元集約 - 現場業務の効率化をAR統合基盤で実現

公共施設や社会インフラといった公共インフラの老朽化が進むなか、富士通は、地方公共団体の公共インフラの維持管理をサポートする製品の開発に注力しています。

モノづくりの美学

2015年10月13日

テープストレージ未来対談:富士フイルム様 X 富士通(第3回)

お客様の課題を解決するためにテープが有益に作用するポジションは必ずあると思います。大容量データを安価かつ安全に保管できるテープストレージのメリットを最大限活かすよう、システム全体を見た上で最適なソリューションをご提案していきます。

モノづくりの美学

2015年10月13日

テープストレージ未来対談:富士フイルム様 X 富士通(第2回)

「磁気テープが絶え間なく性能を高めているにも関わらず、昔のオープンリールテープやVHSテープの性能をイメージする人が多いのは残念です」
「テープが「切れる」「くっつく」という話は、テープ材料の進化によって今のテープでは起こりません」 もう一度お客様に、今のテープの価値や将来をご理解いただけると幸いです。

モノづくりの美学

2015年10月9日

[特集] 基幹系データを売り上げに直結させる現実解

メインフレーム上にある基幹データはビジネス機会を掘り起こす宝庫。これまでは実現することが難しかったメインフレームのデータを柔軟に活用するための現実解をご紹介します。

モノづくりの美学

2015年10月9日

[特集] メインフレームが時代遅れとは言わせない

今なお多くの企業の基幹業務を支え続けているメインフレーム。既存のアプリケーションに手を加えず、どこからでもアクセス!イノベーションによりレガシーな環境から解放される秘策をご紹介します。

モノづくりの美学

2015年9月29日

テープストレージ未来対談:富士フイルム様 X 富士通

コンピュータ用磁気テープで世界シェアトップの富士フイルム様との未来対談。ETERNUSのテープシステムで利用可能な磁気テープを生産している富士フイルム様に、過去・現在を踏まえて「テープストレージの未来」を語っていただきました。

モノづくりの美学

2015年9月25日

技術者に聞く!PostgreSQL最新技術 WALが損失するという課題の解決

データベースで最も困るトラブルの一つがデータロスト。富士通では、これに対する解として「WALの二重化」機能を実装しました。技術者がどのように機能を検討し開発したのか?その真相に迫ります。

モノづくりの美学

2015年7月7日

SPARC M10 開発者インタビュー:なぜ、品質向上を追求し続けるのか

トラブルが発生した場合、他社ではその現象を引き起こしている部品の特定が難しいケースがあると聞きます。富士通は正確に故障個所を特定し、復旧時間を短縮化することができます。迅速に問題解決できるのが富士通の強みの1つであり、これはハードウェア・ソフトウェアを「自社開発」しているからこそ可能となるものなのです。

モノづくりの美学

2015年5月12日

VVOL対応ストレージ ~サーバ仮想化環境での運用課題を解決

富士通は、他社に先駆けてVVOL(VMware vSphere Virtual Volumes)への対応をいち早く表明。「VMware社から一緒にやらないかと声がかかり2012年夏には開発をスタートさせました。」

モノづくりの美学

2015年4月24日

自社製データベースにPostgreSQLを取り込んだ富士通の戦略とは?

一番の理由は、お客様のニーズである「OSSファースト」に応えるためです。システム導入にあたって最初にOSSが適用できないか?という可能性を探るという考え方です。

モノづくりの美学

2015年4月24日

PostgreSQLはこう開発する!コミュニティーってこんな場所

PostgreSQL開発コミュニティーとは? コミュニティーでの開発プロセスやルールは?富士通の若手技術者が、コミュニティー活動歴10年以上のエキスパートにいろいろと聞いてみました。

モノづくりの美学

2015年4月3日

予測できないデータ増に柔軟に対応するオブジェクトストレージ

OpenStackのストレージ基盤として、欧米で人気の高いオープンソース「Ceph(セフ)」。ETERNUS CD10000はこのCephを採用し、RAIDでは困難であった大容量と拡張性を実現しています。

モノづくりの美学

2014年12月9日

富士通SPARC64プロセッサの軌跡

1990年代から始ったプロセッサの開発。メインフレーム、スーパーコンピュータ、UNIXサーバに搭載するプロセッサを、1つのチームが設計する開発体制をとり、技術を相互に展開し、その価値を高めてきました。現在も、開発者たちの挑戦は続いています。

モノづくりの美学

2014年8月26日

なぜ、ハードウェアとソフトウェアの強力タッグが必要なのか

【SPARC M10 開発者インタビュー】 画期的なハードウェアであっても、その能力を十分に引き出すためには、ファームウェアやソフトウェアとの密接な連携が不可欠です。高速で柔軟性に富み、可用性を高めたサーバの完遂を目指して開発者たちの奮闘は続く。

モノづくりの美学

2014年3月11日

開発者インタビュー:なぜ、世界最高の液体冷却を実現できたのか

プロセッサの高性能化にともなう発熱量との戦い! 液体冷却のメリットを活かしながら、空気冷却を組み合わせたハイブリッド冷却を実現しました。効率的な冷却やサーバの省スペース化を可能にしています。

モノづくりの美学

2013年12月24日

プロセッサを作っている会社にしか作れないミッションクリティカルなマシン、それがSPARC M10 【UNIXサーバ開発総責任者インタビュー】

「作り手である我々も、買い手であるお客様も、そして社会全体も幸せになるような製品でなくてはいけない。そうした製品を作り続けているんだという矜持と緊張感をもちながら、プロセッサから作っているハードウェアベンダーとして開発を続けていきたいですね。」

モノづくりの美学

2013年12月6日

開発者インタビュー:なぜ最先端のテクノロジーがデータ伝送に求められるのか

伝送技術のブレークスルーを語る! プロセッサの高速化に伴い大量のデータが処理できるようになると、筺体内や筺体間でいかに大量のデータを伝送できるかがシステムの性能向上につながります。

モノづくりの美学

2013年10月25日

テープライブラリにはディスクストレージと比べ、どのようなメリットがあるのか?

【開発者インタビュー】テープライブラリとは、テープをドライブまで運んでセットするロボットを1つのキャビネットに収めた装置です。常に根強いニーズがあり、バックアップやアーカイブに活用されています。

モノづくりの美学

2013年10月1日

開発者インタビュー:いま、なぜ、UNIXサーバに懸けるのか

UNIXサーバというと「古い」というイメージを持たれているかもしれませんが、今回の開発では、作り変えなかった部分はほとんど無いくらい最新の設計とテクノロジーを投入し、性能や機能を強化しました。

モノづくりの美学

2013年7月4日

開発者インタビュー:なぜ、プロセッサの自社開発にこだわり続けるのか

プロセッサの開発は、継続と進化の両輪で進めなければなりません。
これまで60年もの間培ってきたプロセッサ開発の技術やノウハウを土台に進化させ続け、お客様のビジネスに貢献できる製品を作り続けていきます。