ウルトラスモールモデル エスプリモ

ESPRIMO G5011/G

ウルトラスモールモデル

基本性能はそのままに省スペース設計を追及したシリーズ最小モデル。

標準構成
希望小売価格(税別):142,900円~ (注)
カスタマイズ・構成確認、
オンライン見積り・ご購入はこちら

(注)キーボードなしモデルの価格です。

製品詳細

Windows 10 Pro(64bit)搭載モデル提供

Windows 10 October 2020 Update適用モデルを適用したOSをプリインストール。


第10世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載

ウルトラスモール筐体ながら高性能なCore™ i7プロセッサーを搭載可能です。


約0.87リットルのシリーズ最小筐体を実現

(注)光学ドライブ非搭載、ACアダプタを採用


キーボード操作でPC本体の電源ON快適なオフィスワークを実現

BIOS設定により、キーボードからの電源投入が可能。これによりPCをディスプレイ背面に装着した時もキーボード操作するだけでPC本体の電源がONになるので、より楽に電源を入れることが可能です。


IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LAN + Bluetooth® ワイヤレステクノロジー標準搭載カスタムメイド


フラッシュメモリディスク(SSD)搭載 可能カスタムメイド

HDDと比べ高速起動、高速処理が可能なM.2フラッシュメモリディスク(NVMe)が搭載可能です。


マルチディスプレイ接続対応標準構成

標準でDisplayPort×1、HDMI×1、USB Type-C(DisplayPort Alternate Mode対応)×1を実装しています。同時出力は2画面まで対応です。


豊富なディスプレイ変換ケーブルの提供カスタムメイド

標準でDisplayPort×1、HDMI×1、USB Type-C(DisplayPort Alternate Mode対応)×1を実装、DisplayPortからVGA、DVI-Dや、HDMIへの変換ケーブルをカスタムメイドで用意します。お客様の利用環境に合わせて様々なディスプレイインターフェースへ対応することが可能です。


VESAキットカスタムメイド+ディスプレイ(別売り)(注)の組合せで卓上のスペースをより有効に活用

リアのUSB Type-Cは映像出力としてDisplayPortをサポートかつ27型ワイド液晶ディスプレイから電力を供給してもらうことができるため、ACアダプタなしでUSB Type-Cコネクタ1本で接続ができ、机上をすっきりとすることが可能です。

(注)写真は、27型ワイド液晶ディスプレイとVESAキット(L)追加(FMCACC050)を組み合わせた状態です。

(注)写真は、19.5型ワイド液晶ディスプレイとVESAキット(S)追加(FMCACC051)を組み合わせた状態です。

設置可能ディスプレイ

品名 型名 設置可能ディスプレイ
VESAキット(L)追加 FMCACC050 富士通製ディスプレイ
23.8型ワイド(VL-B24-9T)、
24.1型ワイド(VL-B24W-9T)、
27型ワイド(VL-P27-9T)
VESAキット(S)追加 FMCACC051 富士通製ディスプレイ
17型スクエア(VL-17ESE,VL-17ESS,VL-17ESSP)、
19型スクエア(VL-E19-7)、
19.5型ワイド(VL-E20T-7)、
21.5型ワイド(VL-E22-8TA)

本人認証ソフトウェア「AuthConductor Client Basic」を標準添付標準構成

外付けセンサーを追加することで生体認証の対応が可能です。


情報漏えい対策ポート制限ソフト「Portshutter Premium」を標準添付標準構成

USB、光学ドライブ、LANなどの各ポートの使用を制限するソフトです。USBは機器ごとに有効/無効/読み取り許可の設定が可能です。LANは接続ネットワークを判別し、許可するネットワークが設定可能です。業務上必要な機器やネットワークを許可しつつ、セキュリティ上問題のある機器やネットワークを制限できます。

注意:Portshutter Premiumを使用する場合、下記の制限事項がありますのでご注意ください。
  • 「CD/DVD」「パラレル/シリアルポート」を無効化した場合、それらに接続されるオプション製品がご利用できなくなります。オプション製品の接続されるポートについては、システム構成図にてご確認ください。
  • CD/DVDの「読み取りを許可する」設定はWindows®標準の書き込み機能および添付されるライティングソフトウェア「Roxio Creator LJ」で動作確認しています。
  • Portshutter Premiumについては「(株)富士通ソフトウェアテクノロジーズのホームページ」でご確認いただけます。

このページの先頭へ