実は知られていない、
テレワークで家庭向けのノートPCを
利用するリスクとは?

続きは、こちらからお読みいただけます

資料をダウンロード
原因 件数 比率
管理ミス 159 34.0%
誤操作 73 15.6%
不正アクセス 68 14.5%
紛失・置き忘れ 61 13.0%
盗難 25 5.3%
不正な情報持ち出し 32 6.8%
設定ミス 22 4.7%
バグ・セキュリティホール 8 1.7%
ワーム・ウイルス 5 1.1%
内部犯罪・内部不正行為 4 0.9%
目的外使用 2 0.4%
その他 9 1.9%
  468 100%

働き方改革は、勤務体系の多様化・柔軟化を提供できる職場作りであるといえる。その中でも、オフィス勤務に縛られない柔軟な働き方の実現のための有効策がテレワークだ。

2016年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書によると、情報漏えいの原因の18.3%がPCの紛失・盗難となっている。業務で利用するデータは、PCに保存されているケースが多く、社外でノートPCを利用するテレワークでは、紛失や盗難によって業務に関する重要な情報が漏えいするリスクがあることは事実だ。

そのため重要になるのはテレワークに使用するデバイスの選び方だ。ノートPCやタブレット端末などを選ぶ際に価格だけで決定しているケースが多いようだが、ノートPC選定において押さえるべき仕様や機能がある。また、あまり知られていないがノートPCなどデバイスには企業向けと家庭向けの2種類があり、仕様や機能には大きな差がある。

本資料では、テレワークにおいて安全に安心して使用できるノートPCの仕様と専用の機能がもたらす効果について解説する。

働き方改革のためテレワークを採用している企業や、今後テレワークを採用予定の企業の情報システム部門はもちろん、情報漏えいリスクに不安をもっている経営者・管理職など多くの読者に一読をお薦めするコンテンツである。

続きは、こちらからお読みいただけます

資料をダウンロード