個人のお客様はこちら

         

FMWORLD[法人]

ワークスタイル変革に役立つ!
富士通のソリューションのご紹介

あなたの会社の業務をもっと便利で快適に、もっとセキュアで安全に変えていく、
富士通ソリューションをご紹介します。

離席・のぞき見検知

急な用件やふとした離席の際に忘れがちなPCロック操作。
「離席・のぞき見検知」は、そんなわずかな隙に発生する情報の覗き見や不正操作を防止します。
カメラで検出した顔と服の色を継続的に検知する技術により、わざわざPCロックの操作をしなくても、離席時に手間なく、確実に画面をオフにしてPCロックを行います。

※本機能をご利用になるには、「AuthConductor Client 離席・のぞき見検知オプション」(別売)、または「AuthConductor Client 顔認証オプション 」(別売)が必要です。

「離席・のぞき見検知」のポイント

ログオン後に画面の前にいるユーザーを検知し、自動で登録
離席時に、自動的に画面をオフ→PCロック
再着席時には簡単・確実な本人認証(AuthConductor Client Basic)ですばやくログオン
背後からの覗き見も検知
デスクトップPCにも搭載可

機能イメージ

導入メリット

離席時の覗き見や不正操作を気にせず、大切な情報を守りながら業務を行えます。

事前登録は不要
Windowsログオン時やPCロックの解除時に、PCの前に着席しているユーザーの顔・服の色を自動登録。
面倒な事前登録はいりません。
危険な時間をカット
利用中断からPCロックまでタイムラグが発生するスクリーンセーバーロックと異なり、ユーザーが離席するとすぐに画面オフ→PCロック。“危険な時間”のなりすましや不正使用を防止します。
登録ユーザーの在席を継続的に検知
登録されたユーザーを継続して検知。非登録者を検知したら、「他人検知ロック機能」が即座にPCロック。不正利用の隙を与えません。
背後の覗き見を検知
登録されたユーザーの背後まで監視し、覗き見を検知すると、「覗き見お知らせ機能」が警告メッセージを画面に表示。安心して作業ができます。
万一のために画像ログを保存
ログオンや画面のオン/オフ、PCロック/PCロック解除などのイベントごとに、時刻やカメラの画像をPCに保存。不正な操作を抑止します。

導入イメージ

たとえばこんなシーンで活躍します。

  • オフィスで、アクセス制限のある情報や部下やスタッフに見られたくない情報を表示している時。
  • 建設工事や流通の現場など、複数の会社のスタッフが混在する場所で、
    やむを得ず社外秘の情報を閲覧している時。
  • 大切な顧客情報を画面に表示している時。




購入のご相談は、
弊社営業または販売パートナーまで
お問い合わせください。