アップデート対策は万全ですか?
Windows 10のアップデート対策はWSUSで決まり!

Windows 10は、WaaS(Windows as a Service)により、新機能を中心としたアップデート(Feature Updates)が、年に2回定期的に行われます。この更新プログラムは約3~5GBの容量があるため、社内のパソコンが更新プログラムを一斉に受信した場合、ネットワーク負荷が増大し、社内回線がパンクしてしまう恐れがあります。最悪の場合、業務がストップしてしまう可能性もあるので、継続的なアップデート対策を検討する必要があります。

fig_01

パソコン台数が多く、また配信拠点が多い場合はWSUSの導入をお勧めします。

WSUSによる更新プログラムの配信とは

WSUS(Windows Server Update Services)とは、Microsoftが無償で提供するソフトウェアです。
Microsoft Updateサイトからリリースされる更新プログラムをサーバで集中管理し、散在するパソコンに対して、一括配信できます。

更新プログラムの配信イメージ

fig_02

(注1)Active Directoryサーバ
(注2)ドメインに参加していないコンピュータは、ローカルグループポリシーまたはレジストリで設定することが可能

では、WSUSで更新プログラムを管理・一括配信することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

WSUS導入の3つメリット

1

ネットワークの負荷分散

更新プログラムの配信日時を設定できるため、ネットワークの負荷を分散できます。

fig_03

2

アップデートによるトラブルを防止

社内アプリケーションやデバイスドライバーなどを事前に検証し、利用者のパソコンに影響がある更新プログラムの配信を停止することができます。

fig_04

3

セキュリティ強化

管理しているパソコンごとに更新プログラムの適用状況を把握でき、未適用のパソコンを確認できます。

fig_05

WSUSの導入・利用にお勧めサービス

WSUSを導入し、利用するには、設計と構築が必要です。導入や利用に不安や悩みはありませんか?
富士通では、WSUS構築サービス・運用支援サービスをご用意しています!
ぜひ、ご活用ください!

サービスの詳細はこちら

Windows Server + 最適なモバイルパソコンでもっと快適に

Windows Serverを利用して、もっと快適なパソコン環境にしませんか?
富士通のパソコンなら、Windows 10と相性も良く、快適な動作により作業効率がアップします!

banner_campaign

LIFEBOOK U9310/D
13.3型 フルHD(1920×1080)
圧倒的な軽さで最高のモビリティを実現した超軽量モバイルPC


windows10Pro

アップデート時間を大幅に削減するエッジコンピューティングデバイス

WSUSサーバーと連携した効率的なシステム更新の運用を可能とするとともに、ネットワークアクセスポイントの実装により、無線環境のないオフィスにも容易に導入することができます。

F2020_02_27_01

ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/W

法人PCの導入および運用サービス
に関するお問い合わせ


Webでのお問い合わせ

  • PC500台以上のお客様
    Webでのお問い合わせ


    富士通エフサスのページへ移ります。セキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • PC500台未満のお客様
    Webでのお問い合わせ


    富士通Japanのページへ移ります。セキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。



お電話でのお問い合わせ

  • PC500台以上のお客様
    お電話でのお問い合わせ

    0120-860-242お問い合わせ窓口(総合窓口)

    受付時間 9時~12時、13時~17時(土曜・日曜・祝日・富士通エフサス指定の休業日を除く)

  • PC500台未満のお客様
    お電話でのお問い合わせ

    0120-835-554お客様総合センター

    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・富士通Japan指定の休業日を除く)