このページの本文へ移動

富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第1.01版

48. 構造のための要素や属性と、表現のための要素や属性は、正確に使用し、論理構造に沿って記述すること。表現要素にはスタイルシートを使用すること。


優先度: 2 スタイルシート

解説

構造のための要素や属性と、表現のための要素や属性を切り分けて使用することにより、音声ブラウザなど、多様なブラウザで利用できます。例えば、ある音声ブラウザでは、見出し (<h1>から<h6>) を指定したテキストは、それを読み上げる前に音をならし、見出しであることを示すかもしれません。しかし、文字の大きさ (<big>など) だけで見出しを指定した場合、この効果を得ることが出来なくなります。見た目の要素の例:<b>、<i>、<big>、<small>、<tt>。

事例と実装

構造のためのタグは、文字修飾の目的で使用せずに論理構造の記述に用いる。

  • 見出し
    見出しには、<h1>から<h6> を用いる。文字サイズのみの指定に使用しない。
  • 引用
    引用文では、<q>または<blockquote>を用いる。
    インデントのために使用しない。
  • リスト。<ul><ol>。
    リストは、<ul>または<ol>を用いる。
    インデントのために使用しない。
: 構造のための要素と表現のための要素