このページの本文へ移動

富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第1.01版

39. 表組は、行と列の関係や表示順序 (セル単位、左上から右下) を考慮するなどして、わかりやすくすること。


優先度: 1 テーブル

解説

音声ブラウザでは、テーブルを、左上から、右下に読み上げます。そのために、行や列の関係がわかりにくくなります。読み上げ順序を考慮したテーブルを作成してください。また、各行、各列の、見出し項目を読み上げず、内容が把握できない場合があります。

事例と実装

  • レイアウトに用いる場合
    • 読み上げ順序を考慮して、テーブルを作成する。 (特に、フォームにテーブルを使用する際は、ラベルとコントロールが対で順番に読み上げられるようにする。)
  • 表として用いる場合
    • 行や列の見出し項目名は、<th>を使って指定する (<td>を使用しない) 。
    • scope属性、id属性、headers属性を記述する。
    • セルの結合は、必要最小限とし、複雑に入り組んだ表にしない。
    • 重要で複雑な表には、テキストによる解説を提供する。
: 一般に1行ずつ左から右のセルを読み上げます。