このページの本文へ移動

富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第1.01版

36. 記号 (「○(まる)」「×(ばつ)」「△(さんかく)」など) を識別などの目的に単独で使用せず、言葉などで併記すること。また、機種依存文字(丸付き数字、ローマ数字など) などは、使用しないこと。


優先度: 1 テキスト

解説

音声ブラウザによっては、テキストの記号を意図したように読み上げないことがあります。重要な情報を示すのに、記号だけを使用することは、避けてください。絵文字 (ASCIIアート) は意図どおり読み上げません。絵文字は使わず、文字や画像に置き換えてください。また、機種依存文字は、文字化けの原因となりますので、使用しないでください。


悪い例: 「○(まる)」「×(ばつ)」は読み上げないことがある


良い例: 「○(まる)良い」「×(ばつ)悪い」などと表記すれば、音声ブラウザでも理解可能