このページの本文へ移動

富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第1.01版

18. イメージマップはサーバサイドではなく、クライアントサイドとすること。サーバサイドを使用する場合は、同一画面上にテキストリンクを付加すること。


優先度: 2 画像

解説

サーバサイドイメージマップの場合、音声ブラウザは、リンク先の情報を読み上げません。そのため、音声ブラウザの使用者は、リンク先を把握できません。

事例と実装

  • クライアントサイドイメージマップを使用する。
  • 画像と同じHTMLファイル内に、別途テキストでリンクを設ける場合は、サーバサイドイメージマップを使用してもよい。
  • ただし、クライアントサイドイメージマップの場合も、ブラウザの「画像表示しない」設定では、リンクを選択できない。したがって、画像と同じHTMLファイル内に、別途テキストでリンクを設けるとよい。

良い例: 画像と同じHTMLファイル内に、別途テキストでリンクを設ける