このページの本文へ移動

富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第1.01版

12. 対象ユーザーに応じて、他の言語のページを用意すること。


優先度: 3 全体

解説

ウェブサイトが対象とするユーザーに応じて、他の言語のページを用意してください。また、日本語ページでも、平仮名を用い、やさしい日本語で記述することで、より多くの人が読めるようになります。 (日本語を母国語としない在日外国人の約8割は、平仮名を読める。文化庁調査、2001年)

事例と実装

  • 他言語ページの内容の程度については、各ウェブサイトで決定すること (サイト概要のみを記述してもよいし、まったく同じものを提供してもよい) 。