このページの本文へ移動

富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第1.01版

4. 情報識別の手段として、色彩のみを使用せずに、文字やパターンなどと併用すること。


優先度: 1 全体

解説

色覚特性によっては、また高齢者 (視覚が加齢性変化に影響された場合) は、色の違いを把握することが困難な場合があります。

事例と実装

  • 色だけでなく、形、文字も変化させ、情報を識別できるようにする。

悪い例: 色だけで円グラフの領域を表現


良い例: 引き出し線をつけ領域の違いを表現