このページの本文へ移動

Quality-shaping 詳細設計書検証サービス

詳細設計書検証サービスでは、基本設計書で定義された機能仕様が詳細設計書に正しく記述されているか、その記述に矛盾がないかを検証します。

対象のお客様・対象の事象

詳細設計書の内容に、以下の問題を抱えていませんか?

  1. 基本設計書の業務・機能(イベント)が、詳細設計として詳細化・ブレークダウンされていない。
    • 基本設計書に記載の条件が、詳細設計書に記載されていない
    • 基本設計書と詳細設計書の記載条件が異なる
  2. 詳細設計書の内容に矛盾がある。
    • 参照先の記載が矛盾している
    • 復帰値が矛盾している
  3. 詳細設計書として、第三者(プログラム設計者、プログラマー)が理解できる記述になっていない。

サービスのご説明

基本設計書で定義された機能仕様が正しく実装、システム化されているか、その実装に矛盾がないかを検証します。

サービスの流れ

ドキュメント受領から約1週間(整合チェック利用時は約2週間)で結果をフィードバック致します。

詳細設計書検証サービスの流れを図で説明しています。事前調整、調査実施、結果報告、対策検討の順に実施します。

サービスの内容

A. 検証対象の抽出
効率かつ効果的に検証を実施するために、以下の観点等で検証対象の詳細設計書を抽出します。

  • 詳細設計書のレビュー結果の分析から、弱点機能を抽出
  • 開発対象における重点機能
  • 過去に問題のあった弱点機能

詳細設計書検証サービスの内容を説明しています。基本設計書と詳細設計書との整合性、また詳細設計書の内容の整合性についても検証します。

B. 検証観点
以下の3つの観点から、詳細設計書を検証します。

  1. 基本設計書の業務・機能(イベント)が、詳細設計として詳細化・ブレークダウンされているか
    基本設計書の業務フローを基に、詳細設計書で記載されている「画面設計書」、「処理フロー」等を検証し、詳細設計書への落とし込み漏れ・誤りがないことを検証します。
  2. 詳細設計書の内容に矛盾点がないか
    詳細設計書に記載されている内容で、参照先・復帰情報等に矛盾がないことを検証します。
  3. 詳細設計書が第三者(プログラム設計者、プログラマー)が理解できる記述となっているか
    詳細設計書に記載されている内容で、プログラム設計書作成やプログラミングが可能な記述となっていることを検証します。

C. 検証結果報告
検証結果報告書において、指摘箇所、指摘内容を提示するとともに、報告会等において設計者と指摘内容の精査を行います。

検証例

詳細設計書検証サービスの検証例を表示しています。詳細設計書に基本設計書の内容が記載されていない例と、詳細設計書の記述に誤りがあった例を挙げています。

サービスの効果

詳細設計書の品質を高めることで、プログラムの実装品質向上を実現します。

Quality-shaping 品質向上サービスメニュー

品質マネジメント支援サービス

  • 品質マネジメントをベースにした計画開発立案・管理の実践を支援します。

本稼働マネジメント支援サービス

  • 本稼働を確実にマネジメントする仕組みの構築を支援します。

企画・要求評価サービス

  • 要求を経営に貢献するか業務目的に合致しているかという内容面で評価します。

第三者検証サービス

  • 第三者の立場で成果物とプロセスを検証します。

CMMI®適用支援サービス

  • CMMI®の導入から運用、評価までサポートします。

ICT健康診断サービス

  • 稼働中システムの運用状況を見える化して診断します。

品質教育サービス

  • 現場に寄り添う品質教育をオンサイトで提供します。

Quality-shapingに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ
入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ
0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)